研究

研究室

バイオインフォマティクス

バイオインフォマティクスは生物学(biology)と情報科学(information technology)が融合した新しい研究分野です。当研究室ではゲノム情報に基づき、創薬標的分子・分子ネットワーク・薬剤応答遺伝子・疾患責任遺伝子を網羅的に解析し、ゲノム創薬・テーラーメイド医療樹立を目指しています。

研究テーマ

(1) アルツハイマー病の分子病態解析

研究概要

参照業績:Satoh J, Kino Y, Yamamoto Y, Kawana N, Ishida T, Saito Y, Arima K. PLD3 is accumulated on neuritic plaques in Alzheimer's disease brains. Alzheimers Res. Ther. 6, e70 (2014)

生物活性複素環化合物の合成研究

研究概要

研究テーマ1で開発した反応を基盤とし、インドリン‐3‐オンおよびトリプトファン誘導体を合成素子とする様々な生物活性(抗がん活性など)をもつ複素環化合物およびその誘導体の合成研究とその生物活性評価を行っています。

(2) 多発性硬化症の分子病態解析

研究概要

参照業績:Satoh J, Tabunoki H. Molecular network of ChIP-Seq-based vitamin D receptor target genes. Multi. Scler. 19, 1035-1045 (2013)

(3) プリオン病の分子病態解析

研究概要

参照業績:Satoh J, Obayashi S, Misawa T, Sumiyoshi K, Oosumi K, Tabunoki H. Protein microarray analysis identifies human cellular prion protein interactors. Neuropathol. Appl. Neurobiol. 35, 16-35 (2009)

(4) 那須ハコラ病の分子病態解析

研究概要

参照業績:Satoh J, Kino Y, Motohashi N, Ishida T, Yagishita S, Jinnai K, Arai N, Nakamagoe K, Tamaoka A, Saito Y, Arima K. Immunohistochemical characterization of CD33 expression on microglia in Nasu-Hakola disease brains. Neuropathology 35, 529-537 (2015)

(5) パーキンソン病の分子病態解析

研究概要

参照業績:Tabunoki H, Ode H, Banno Y, Katsuma S, Shimada T, Mita K, Yamamoto K, Sato R, Ishii-Nozawa R, Satoh J. BmDJ-1 Is a Key Regulator of Oxidative Modification in the Development of the Silkworm, Bombyx mori. PLoS One 6, e17683 (2011)