研究

研究室

教授:赤沢 学(アカザワ マナブ)

役職名

進路就職支援副委員長、アジア・アフリカ創薬研究センター副センター長

研究室

公衆衛生・疫学

最終学歴

米国ノースキャロライナ大学公衆衛生大学院(2007年5月)

学位

Ph.D.(公衆衛生学) (米国ノースキャロライナ大学公衆衛生大学院:2007年)

講義科目

衛生化学II、薬学と社会Ⅱ、海外医療研修コース

専門分野

薬剤疫学、薬剤経済学、薬剤師介入研究

研究課題

医薬品・医療技術の費用対効果分析、医療情報データベースを用いた安全性評価、薬局薬剤師が行う臨床研究支援

所属学会

日本薬学会、日本薬剤疫学会、日本臨床薬理学会、日本社会薬学会、日本アプライドセラピューティクス学会、International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research (ISPOR)

学会活動

社会薬学編集委員長・常任幹事(2010-)、臨床薬理編集委員(2011-)、ISPOR日本支部評議員(2015-)理事・次期会長(2018-)、日本薬剤疫学会理事(2015-2017)評議員(2017- )、日本アプライドセラピューティクス学会評議員(2015-2017)

学内委員

学生厚生委員会(2012-2015)、進路就職支援委員会(2015-)、留学生委員会(2016-)、アジア・アフリカ創薬研究センター副センター長(2016-)

社会活動

独立行政法人医薬品医療機器総合機構専門委員(2011-2015)、 厚生科学審議会予防接種・ワクチン部会予防接種基本方針部会ワクチン評価に関する小委員会参考人(2015-2017)

依頼公演

東京大学薬学部非常勤講師(2014-)

研究業績1

Identifying drug substances of screening tool for older persons' appropriate prescriptions for Japanese. BMC Geriatr. 2018 Jul 3;18(1):154.

研究業績2

Cost-Minimization Analysis of Deep-Brain Stimulation Using National Database of Japanese Health Insurance Claims. Neuromodulation. 2018 Aug;21(6):548-552.

研究業績3

Establishing a Pharmacy-Based Patient Registry System: A Pilot Study for Evaluating Pharmacist Intervention for Patients with Long-Term Medication Use. Pharmacy (Basel). 2018 Jan 25;6(1). pii: E12.

研究業績4

Economic burden of community-acquired pneumonia among elderly patients: a Japanese perspective. Pneumonia (Nathan). 2017 Dec 5;9:19.

研究業績5

Applying the Lists of Risk Drugs for Thai Elderly (LRDTE) as a mechanism to account for patient age and medicine severity in assessing potentially inappropriate medication use. Res Social Adm Pharm. 2018 May;14(5):451-458.