研究

研究室

教授:赤沢 学(アカザワ マナブ)

研究室 公衆衛生・疫学
最終学歴 米国ノースキャロライナ大学公衆衛生大学院(2007年5月)
学位 Ph.D.(公衆衛生学) (米国ノースキャロライナ大学公衆衛生大学院:2007年)
講義科目 衛生化学I、衛生化学II、薬学と社会Ⅱ、海外医療研修コース、臨床開発コース
専門分野 薬剤疫学、薬剤経済学、薬剤師介入研究
研究課題 医薬品・医療技術の費用対効果分析、医療情報データベースを用いた安全性評価、薬局薬剤師が行う臨床研究支援
所属学会 日本薬学会、日本薬剤疫学会、日本臨床薬理学会、日本社会薬学会、日本アプライドセラピューティクス学会、International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research (ISPOR)
学会活動 社会薬学編集委員長・常任幹事(2010-)、臨床薬理編集委員(2011-)、日本薬剤疫学会理事(2015-)、ISPOR日本支部評議員(2015-)、日本アプライドセラピューティクス学会評議員(2015-)
学内委員 学生厚生委員会(2012-2015)、進路就職支援委員会(2015-)、留学生委員会(2016-)、アジア・アフリカ創薬研究センター副センター長(2016-)
社会活動 独立行政法人医薬品医療機器総合機構専門委員(2011-2015)、 厚生科学審議会予防接種・ワクチン部会予防接種基本方針部会ワクチン評価に関する小委員会参考人(2015-)
依頼公演 東京大学薬学部非常勤講師(2014-)
研究業績1 Considering economic analyses in the revision of the preventive vaccination law: A new direction for health policy-making in Japan? Health Policy 2014;118(1):127-34. 参照情報
研究業績2 Economic impact of switching to fixed-dose combination therapy for Japanese hypertensive patients: a retrospective cost analysis. BMC Health Serv Res. 2013;13:124. 参照情報
研究業績3 Assessment of statin-associated muscle toxicity in Japan: a cohort study conducted using claims database and laboratory information. BMJ Open. 2013;3(4):e002040. 参照情報
研究業績4 Polypharmacy and adverse drug reactions in Japanese elderly taking antihypertensives: a retrospective database study. Drug, Healthcare and Patient Safety. 2013;5:143-50. 参照情報
研究業績5 >Drug utilization reviews by community pharmacists in Japan: Identification of potential safety concerns through the Brown Bag program. Value in Health Regional Issues. 2012;1:98-104. 参照情報