研究

研究室

准教授:下川 健一(シモカワ ケンイチ)

研究室

医療製剤学

最終学歴

明治薬科大学大学院薬学研究科博士課程(1994年3月)

学位

博士(薬学) (明治薬科大学:1994年3月)

講義科目

物理薬剤学、製剤学、日本薬局方、臨床栄養学、薬剤基礎実習、地域医療コース特論・演習、大学院・薬学専攻・総合医療薬学(製剤学分野)、大学院・生命創薬科学専攻(製剤学分野)

専門分野

医療製剤学、薬剤物理化学、医療薬学(地域医療学)、セルフメディケーション学

研究課題

ドラッグデリバリーシステム製剤の調製と特性に関する研究、地域医療における医薬品の適正使用および適正管理に関する研究、あらゆる健康状態の全国民に対するセルフメディケーションの推進

所属学会

日本薬学会、日本医療薬学会、日本セルフメディケーション学会、日本地域薬局薬学会

学会活動

日本セルフメディケーション学会 実行委員(2005)、日本地域薬局薬学会 実行委員(2014)、日本地域薬局薬学会誌 編集委員(2015-)、日本地域薬局薬学会 理事(2021-)

学内委員

保険薬局実習委員会委員(2003-)、卒後教育委員会委員(2004-2005)、評価部門委員会委員(2005-2007)、医療薬学教育センター委員(2006-)、生涯学習実行委員会委員(2008-)、研修企画実行委員会委員(2008-)、入試広報委員会委員(2010-2016)、公開講座・シンポジウム委員会委員(2010-2012)、学生厚生委員会委員(2012-2019)、国家試験・CBT対策委員会委員(2014-)、体験学習委員会委員(2017-)、OSCE実施委員会委員(2017-)

社会活動

北多摩北部医療圏医療薬学研究会委員(2007-2012)、埼玉県薬剤師会薬学生実務実習委員会執行委員(2010-2012)、清瀬市地域福祉推進協議会委員 (2015-2019)、薬剤師生涯学習講座(2005-)、Purification of MMPs and TIMPs, Methods in Molecular Biology, 151, pp. 275-304, Humana Press (2001)、Model peptides of interstitial collagens: hydrolysis by matrix metalloproteinases. Peptides Frontiers of Peptide Science., 5, pp. 743-744, Springer (2002) 、薬局管理学, 第8章 保険制度,pp.131-152,じほう (2006)、製剤と機械,最近のDDS医薬品研究の動向,323,pp. 6-7,メディカル・パブリケーションズ (2006)、製剤化のサイエンス 基礎とCMC,第3章 製剤試験法,pp. 201-220,じほう (2010)、最新製剤学 第3版 第5章 5.3 製剤試験と規格,pp. 410-426,廣川書店 (2013)、最新製剤学 第4版 第1章 1.3 界面化学,pp. 73-91,第3章 3.3 無菌製剤,pp. 309-333,第4章 4.4 注射剤及び点眼剤用添加物,pp. 384-393,廣川書店 (2016)、Surfactant-free emulsion: Physicochemical properties and clinical applications of surfactant-free emulsions prepared with electrolytic-reduction ion water (ERI)., 1, pp. 451-458, John Wiley & Sons, Inc. (2016)

依頼公演

筑波微粒子界面環境研究会 第10回招待講演(つくば研究支援センター)(2010)

受賞歴

材料技術研究協会討論会最優秀ポスター賞受賞(2008)、 材料技術研究協会討論会にてポスター賞奨励賞受賞(2013)、 材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞受賞(2013)

研究業績

研究業績 2017~2021年(過去5年分)

研究業績1

Preparation and characterization of enteral nutrient with the aim of reducing the side effects. J. Disp. Sci. Tech. 38 (8), 1221-1226 (2017). 参照情報

研究業績2

Ability of community pharmacists to promote self-care and selfmedication by local residents [I]: Improvements in bone mineral density. Drug Discov. Ther. 11 (1), 35-40 (2017). 参照情報

研究業績3

Preparation and physicochemical properties of Lauryl-Glutamyl-Lysill-Lauryl-Glutamate vesicles. J. Surfact. Deterg. 20 (4), 843-849 (2017). 参照情報

研究業績4

Generic selection criteria for safety and patient benefit [VII]: Comparing the physicochemical and pharmaceutical properties of brand-name and generic terbinafine hydrochloride cream. Drug Discov. Ther. 12 (1), 16-20 (2018). 参照情報

研究業績5

健康サポート薬局を目指した薬局薬剤師による生活習慣相談応需の現状調査,日本地域薬局薬学会誌 6 (1), 14-22 (2018). 参照情報

研究業績6

Criteria for the selection of switch OTC drugs based on patient benefits, efficacy, and safety [II]: Comparing the physicochemical and pharmaceutical properties of brand-name and switch OTC terbinafine hydrochloride cream. Drug Discov. Ther. 12 (4), 248-253 (2018). 参照情報

研究業績7

Generic selection criteria for safety and patient benefit [VIII]: Comparing the physicochemical and pharmaceutical properties of brand-name and generic diclofenac sodium tapes. Drug Discov. Ther. 13 (3), 150-156 (2019). 参照情報

研究業績8

Generic selection criteria for safety and patient benefit [Ⅸ]: Evaluation of “feeling of use” of sodium hyaluronate eye drops using the Haptic Skill Logger (HapLog®) wearable sensor for evaluating haptic behaviors. Drug Discov. Ther. 14 (1), 14-20 (2020). 参照情報

研究業績9

便秘症患者における服薬自己調節の状況および生活習慣調査. 日本地域薬局薬学会誌,日本地域薬局薬学会誌 8 (2), 107-117 (2020).

研究業績10

Anesthetic potency of intravenous infusion of 20% emulsified sevoflurane and effect on the blood-gas partition coefficient in dogs. Anesth. Analg.132 (2), 575-583 (2021). 参照情報

研究業績11

Generic selection criteria for safety and patient benefit [X]: Water-vapor permeability and peel force properties of brand-name and generic ketoprofen tapes.Drug Discov. Ther. 15 (2), 87-92 (2021). 参照情報

研究業績12

Antiviral effect of electrolyzed reduced water on SARS-CoV-2. Drug Discov. Ther. 15 (5), 268-272 (2021). 参照情報