研究

研究室

講師:稲田 俊一郎(イナダ シュンイチロウ)

研究室

英語・言語学

最終学歴

東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学(2013年3月)

学位

博士(文学)(東京大学:2016年)

講義科目

総合英語A・B、薬学英語A・B、英語ライティングA・B、CALL英語A・B

学内委員

女子寮せせらぎ管理運営委員会、EM内部監査委員会、入試広報委員会、マルチメディア教育委員会

専門分野

理論言語学(統語と意味)

所属学会

日本英語学会、日本言語学会

依頼講演

「Syntax of Clausal Comparatives in English and Japanese」,言語学ワークショップ「統語論・意味論インターフェイス」九州大学,2010年8月. /「日・英語のtype-d変項束縛可能性に関する統語分析」,第34回目白大学言語文化研究会,目白大学,2011年6月./ 「関係節の再構築と関係節内の再構築―階層的名詞句構造内での主要部共有分析」,ことばの構造と脳科学研究会,目白大学,2018年3月.

研究業績1

2011年 “‘AMOUNT’ Relativization in Japanese,” in Ho-Min Sohn, Haruko Minegishi Cook, William O’Grady, Leon A.Serafim, and Sang Yee Cheon (eds.), Japanese/Korean Linguistics Volume 19, 95-109, CSLI Publications, Stanford.

研究業績2

2011年 “On Binding of DP-internal Amount/Degree Variables,” The ELSJ 4th International Spring Forum, Shizuoka University, April, 2011. (口頭発表)

研究業績3

2012年「比較構文におけるd変項束縛と島の制約」,大橋浩,久保智之,西岡宣明,宗正佳啓,村尾治彦編『ことばとこころの探求』, 148-162,開拓社,東京.

研究業績4

2013年 “On the Relativization of DP Adverbs,” English Linguistics 30:1, 223-242.

研究業績5

2014年 “Notes on a Hidden Pronoun Analysis of Circumvention Effects under Sluicing,” Linguistic Research: Working Papers in English Linguistics 29, 123-131, University of Tokyo English Linguistics Association, University of Tokyo.

研究業績6

2015年 “On the Acquisition of Recursive Locative PPs,”with Sakumi Inokuma, Linguistic Research: Working Papers in English Linguistics 30, University of Tokyo English Linguistics Association, University of Tokyo.

研究業績7

2016年 “Relative Clauses in Child Language,” 4th Bucharest Colloquium of Language Acquisition, 共著(Motoki Nakajima, Miwa Isobe, Reiko Okabe, Akiko Terunuma, Sakumi Inokuma, Shunichiro Inada and Terue Nakato)(口頭発表)

研究業績8

2016年 “On Multi-dominance in Restrictive Relative Structures,” Linguistic Research: Working Papers in English Linguistics 31, 15-37, University of Tokyo English Linguistics Association, University of Tokyo.

研究業績9

2017年 "Acquisition of Recursive Possessives and Locatives within DPs in Japanese," Proceedings of the 41st annual Boston University Conference on Language Development, ed. Maria LaMendola and Jennifer Scott, 626-636. Somerville, MA: Cascadilla Press, 2017年5月. 共著(Akiko Terunuma, Miwa Isobe, Motoki Nakajima, Reiko Okabe, Shunichiro Inada, Sakumi Inokuma, and Terue Nakato)

研究業績10

2018年「空所の穴埋めとことばの仕組み」小笠原真司,廣江顕編,『外国語の非-常識―ことばの真実と謎を追い求めて』,41-54,英宝社,東京.