研究

研究室

講師:服部 研之(ハットリ ケンジ)

研究室 衛生化学
最終学歴 東京大学大学院薬学系研究科博士課程(1998年3月)
学位 博士(薬学) (東京大学:1998年)
講義科目 食品と環境実習, 衛生化学,臨床栄養学,院・薬学専攻・衛生科学特論
専門分野 衛生化学、生化学
研究課題 日本薬学会,研究皮膚科学会
所属学会 日本薬学会,研究皮膚科学会
学内委員 環境管理委員会・環境教育部門(2015-), 研究倫理委員会(2016-), 出版委員会(2016-), せせらぎ寮運営員会(2016-)
研究業績1 Interferon gamma induces steroid sulfatase expression in human keratinocytes. Biol Pharm Bull., 35, 1588-93 (2012).
研究業績2 Xanthurenic acid is an endogenous substrate for the silkworm cytosolic sulfotransferase, bmST1. J Insect Physiol., 58, 83-8 (2012).
研究業績3 Sulfation of estradiol in human epidermal keratinocyte. Biol Pharm Bull. 34, 1147-51, (2011).
研究業績4 Human keratinocyte caspase-14 expression is altered in human epidermal 3D models by dexamethasone and by natural products used in cosmetics. Arch Dermatol Res. 305, 683-9 (2013)
研究業績5 Exposure time-dependent thermal effects of radiofrequency electromagnetic field exposure on the whole body of rats. J Toxicol Sci. 41, 655-66 (2016)
研究業績6 Exposure to nano-size titanium dioxide causes oxidative damages in human mesothelial cells: The crystal form rather than size of particle contributes to cytotoxicity. Biochem Biophys Res Commun. 492, 218-223 (2017). 参照情報