教育・研究

明治薬科大学教員総覧

助教:高橋 雅弘(タカハシ マサヒロ)

-

研究室

薬物治療学

最終学歴

明治薬科大学大学院薬学研究科臨床薬学専攻博士課程(前期)(2009年3月)

学位

博士(臨床薬学)(明治薬科大学:2016年)

講義科目

【講義】薬物治療学W(3年後期) 【演習】症例解析演習U(4年後期)、病院薬学コース特論・演習(6年前期) 【実習】臨床薬学基礎実習(3年後期)、事前実務実習(4年前後期)

専門分野

臨床薬理学、臨床薬学、医薬品情報学

研究課題

内因性物質を利用した薬物応答性の個人差評価に関する研究、薬物相互作用、薬物動態学

所属学会

日本医療薬学会、日本アプライド・セラピューティクス学会、日本TDM学会、日本臨床薬理学会、日本医薬品情報学会

学会活動

日本アプライド・セラピューティクス学会OTC薬検討委員会委員(2010-)、日本臨床薬理学会認定薬剤師(2016-)、医薬品情報専門薬剤師(2017-)、日本医療薬学会認定薬剤師(2017-)

社会活動

【活動】日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師(2011-)、日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師(2013-)、公認スポーツファーマシスト(2014-) 【執筆】"脳梗塞[非心原性]":「病棟に行く前に知っておきたいCommon Disease」pp.114-122、じほう(2016)、"薬物相互作用への注意":「C型肝炎治療のためのDAAの使い方」pp.101-111、文光堂(2016)

依頼公演

第36回日本臨床薬理学会学術総会シンポジウム「OTC薬をEBMの視点で考える」(東京、2015)、技術情報協会セミナー「スイッチOTC薬の有効性および安全性の科学的根拠」(東京、2016)

受賞歴

日本TDM学会優秀ポスター賞(2014)、日本TDM学会優秀ポスター賞(2015、共同演者)

研究業績1

Predictive performance of three practical approaches for grapefruit juice-induced two-fold or greater increases in AUC of concomitantly administered drugs. J Clin Pharm Ther 40: 91-97 (2015) 参照情報

研究業績2

A meta-analysis of clinical trials assessing the efficacy and safety of over-the-counter drugs: laxatives. Jpn J Appl Ther 6: 41-53 (2015) [in Japanese] 参照情報

研究業績3

Population pharmacokinetic analysis on TDM data obtained from Japanese patients receiving once daily gentamicin therapy. Jpn J TDM 33: 91-99 (2016) [in Japanese] 参照情報

このページの上へ