研究

研究室

助教:高橋 雅弘(タカハシ マサヒロ)

研究室

薬物治療学

最終学歴

明治薬科大学大学院薬学研究科臨床薬学専攻博士課程(前期)(2009年3月)

学位

博士(臨床薬学)(明治薬科大学:2016年)

講義科目

【講義】薬物治療学Ⅳ(3年後期) 【演習】症例解析演習I(4年前期)、症例解析演習Ⅱ(4年後期)、病院薬学コース実習・演習(5年)、病院薬学コース特論・演習(6年前期) 【実習】臨床薬学基礎実習(3年後期)、事前実務実習(4年前期・後期)

専門分野

臨床薬理学、医薬品情報学、臨床薬学

研究課題

液体クロマトグラフィーを用いたヒト検体中の薬物およびバイオマーカー濃度の定量、定量的構造活性相関解析の臨床応用、薬物治療の最適化を志向した母集団薬物動態解析、臨床上の疑問の解決を目的とした系統的文献調査研究

所属学会

日本臨床薬理学会、日本TDM学会、日本医療薬学会、日本医薬品情報学会、日本アプライド・セラピューティクス学会、日本薬学会

学会活動

日本アプライド・セラピューティクス学会OTC薬検討委員会委員(2010-)、日本臨床薬理学会認定薬剤師(2016-)、医薬品情報専門薬剤師(2017-)、日本医療薬学会認定薬剤師(2017-)

学内委員

入試広報委員会、出版委員会、OSCE実施委員会

社会活動

【活動】日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師(2011-)、日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師(2013-)、公認スポーツファーマシスト(2014-) 、共同治験審査委員会委員(2019-)

【執筆】"脳梗塞[非心原性]":「病棟に行く前に知っておきたいCommon Disease」pp.114-122、じほう(2016)、"薬物相互作用への注意":「C型肝炎治療のためのDAAの使い方」pp.101-111、文光堂(2016)、"敗血症性ショック":「128症例で身につける臨床薬学ハンドブック 改訂第3版」pp.433-435、羊土社(2019)

【寄稿】高橋雅弘、越前宏俊、薬剤師が行う薬学的視点に基づく症例報告の取り組み方、アプライド・セラピューティクス 15: 13-27 (2020) 参照情報

依頼公演

第36回日本臨床薬理学会学術総会シンポジウム「OTC薬をEBMの視点で考える」(東京、2015)、技術情報協会セミナー「スイッチOTC薬の有効性および安全性の科学的根拠」(東京、2016)

受賞歴

日本TDM学会優秀ポスター賞(2014)、日本TDM学会優秀ポスター賞(2015、共同演者)、日本医薬品情報学会優秀演題賞(2019)

研究業績1

Takahashi M, Onozawa S, Ogawa R, Uesawa Y, Echizen H. Predictive performance of three practical approaches for grapefruit juice-induced two-fold or greater increases in AUC of concomitantly administered drugs. J Clin Pharm Ther 40: 91-97 (2015) 参照情報

研究業績2

Takahashi M, Ogata H. A meta-analysis of clinical trials assessing the efficacy and safety of over-the-counter drugs: laxatives. Jpn J Appl Ther 6: 41-53 (2015) [in Japanese] 参照情報

研究業績3

Choshi H, Takahashi M, Sasaki Y, Ogawa R, Echizen H. Population pharmacokinetic analysis on TDM data obtained from Japanese patients receiving once daily gentamicin therapy. Jpn J TDM 33: 91-99 (2016) [in Japanese] 参照情報

研究業績4

Shimizu T, Momose Y, Ogawa R, Takahashi M, Echizen H. Impact of pharmacists’ audit on improving the quality of prescription of dabigatran etexilate methanesulfonate: a retrospective study. J Pharm Health Care Sci 3: 4 (2017) 参照情報

研究業績5

Takahashi M, Echizen H. Authors' reply to Dr. Bailey's commentary: Predicting clinical relevance of grapefruit-drug interactions: A complicated process. J Clin Pharm Ther 42: 800-801 (2017) 参照情報

研究業績6

Mizuno Y, Yamamotoya T, Nakatsu Y, Ueda K, Matsunaga Y, Inoue M, Sakoda H, Fujishiro M, Ono H, Kikuchi T, Takahashi M, Kenichi K, Sasaki K, Masaki T, Asano T, Kushiyama A. Xanthine oxidase inhibitor febuxostat exerts an anti-inflammatory action and protects against diabetic nephropathy development in KK-Ay obese diabetic mice Authors. Int J Mol Sci 20: 4680 (2019) 参照情報

研究業績7

Takahashi M, Shibasaki M, Echizen H, Kushiyama A. Comparisons between dipeptidyl peptidase-4 inhibitors and other classes of hypoglycemic drugs using two distinct biomarkers of pancreatic beta-cell function: A meta-analysis. PLoS One 15:e0236603 (2020) 参照情報