教育・研究

明治薬科大学教員総覧

教授:花田 和彦(ハナダ カズヒコ)

-

研究室

薬物動態学

最終学歴

明治薬科大学大学院薬学研究科修士課程 (1993年3月)

学位

博士(薬学)  (明治薬科大学:2000年)

講義科目

生物薬剤学、薬物動態学、薬物治療学IV(感染症)

専門分野

薬物動態学、臨床薬理学

研究課題

抗凝固剤や抗がん剤の体内動態と副作用に関する研究、  薬剤不応答および個体間変動要因の解明に関する研究

所属学会

日本薬学会、日本臨床薬理学会、日本薬物動態学会、日本医療薬学会、日本TDM学会、日本アプライド・セラピューティクス学会

学会活動

日本TDM学会評議員、薬物治療モニタリング研究会幹事、日本薬学会ファルマシアトピックス小委員会委員(2012-2014年)、日本臨床薬理学会評議員、日本医療薬学会代議員

学内委員

公開講座・シンポジウム委員会委員、実務実習委員会委員:病院実習部門、放射線管理委員会委員 OSCE実施委員会委員長、認定薬剤師研修制度委員会委員

依頼公演

第85回日本結核病学会総会 教育講演「PK/PD理論に基づく抗酸菌症の治療」(京都、2010年)、薬物治療モニタリング研究会第54回特別ゼミナール「薬剤師が薬物治療に積極的にかかわるうえでのTDMの役割」(東京、2013年)、医薬品開発のためのPopulation Pharmacokinetics/Pharmacodynamicsセミナー「NONMEMによるPPK解析」(横浜、2014年)、薬物治療モニタリング研究会第56回特別ゼミナール「薬剤師が薬物治療に積極的にかかわるうえでのTDMの役割」(東京、2014年)、第31回日本TDM学会学術大会ワークショップ「用量調節を適切に行うために、添付文書、インタビューフォームや審査資料から医薬品のPKデータをいかに読み解くか」(東京、2014年)、薬物治療モニタリング研究会第58回特別ゼミナール「薬剤師が薬物治療に積極的にかかわるうえでのTDMの役割」(東京、2015年)、第26回日本医療薬学会年会シンポジウム「薬物治療を個別適正化する定量的アプローチ〜臨床ファーマコメトリクスの実践〜:整形外科領域で使用される抗凝固薬の個別適正化と定量的アプローチ」(京都、2016年)

研究業績1

Hanada K, Ogawa R, Son K, Sasaki Y, Kikkawa A, Ichihara S, Ogata H. Effects of indoxylsulfate on the in vitro hepatic metabolism of various compounds using human liver microsomes and hepatocytes. Nephron Physiol. 103, 179-186 (2006) 参照情報

研究業績2

Hanada K, Tochikura N, Ogata H. Selective binding of tamsulosin to genetic variants of human alpha1-acid glycoprotein. Biol. Pharm. Bull. 30, 1593-1595 (2007) 参照情報

研究業績3

Hanada K, Asano K, Nishimura T, Chimata T, Matsuo Y, Tsuchiya M, Ogata H. Use of a toxicity factor to explain differences in nephrotoxicity and myelosuppression among the platinum antitumour derivatives cisplatin, carboplatin and nedaplatin in rats. J. Pharm. Pharmacol. 60, 317-322 (2008) 参照情報

研究業績4

Nakai K, Tanaka H, Hanada K, Ogata H, Suzuki F, Kumada H, Miyajima A, Ishida S, Sunouchi M, Habano W, Kamikawa Y, Kubota K, Kita J, Ozawa S, Ohno Y. Decreased expression of cytochromes P450 1A2, 2E1, and 3A4 and drug transporters Na+-taurocholate-cotransporting polypeptide, organic cation transporter 1, and organic anion-transporting peptide-C correlates with the progression of liver fibrosis in chronic hepatitis C patients.  Drug Metab. Dispos. 36, 1786-1793 (2008) 参照情報

研究業績5

Hanada K, Asari K, Saito M, Kawana J, Mita M, Ogata H. Comparison of pharmacodynamics between carvedilol and metoprolol in rats with isoproterenol-induced cardiac hypertrophy: effects of carvedilol enantiomers. Eur. J. Pharmacol. 28, 194-200 (2008) 参照情報

研究業績6

Hanada K, Ikemi Y, Kukita K, Mihara K, Ogata H. Stereoselective first-pass metabolism of verapamil in the small intestine and liver in rats. Drug Metab. Dispos. 36, 2037-2042 (2008) 参照情報

研究業績7

Hanada K, Suda M, Kanai N, Ogata H. Pharmacokinetics and toxicodynamics of oxaliplatin in rats: application of a toxicity factor to explain differences in the nephrotoxicity and myelosuppression induced by oxaliplatin and the other platinum antitumor derivatives. Pharm. Res. 27, 1893-1899 (2010) 参照情報

研究業績8

Hanada K, Yamanaka E, Yamamoto N, Minami H, Kawai S, Sasaki Y, Ogata H. Effects of surgery and chronic disease states on the concentrations and phenotype distribution of α1-acid glycoprotein: studies in patients with breast cancer and patients with chronic inflammatory disease. Int. J. Clin. Pharmacol. Ther. 49, 415-421 (2011) 参照情報

研究業績9

Suzuki F, Hanada K, Motoki M, Ogata H. Study of Factors Affecting Drug Extraction during Continuous Hemofiltration and Hemodiafiltration, and the Contribution of Extraction to Systemic Clearance. Yakugaku Zasshi. 134, 517-523 (2012) 参照情報

研究業績10

Hanada K, Nakai K, Tanaka H, Suzuki F, Kumada H, Ohno Y, Ozawa S, Ogata H. Role of nuclear receptors on the expression of cytochrome P450s and drug transporters in patients with chronic hepatitis C. Drug Metab Pharmacokinet. 27, 301-306 (2012) 参照情報

このページの上へ