研究

研究室

教授:花田 和彦(ハナダ カズヒコ)

研究室

薬物動態学

最終学歴

明治薬科大学大学院薬学研究科修士課程(1993年3月)

学位

博士(薬学)(明治薬科大学:2000年)

講義科目

薬剤学II(薬物動態学)、薬剤学III(臨床薬物動態学)、薬物治療学IV(感染症)、薬学への招待、病院薬学コース実習・演習、臨床薬学基礎実習

専門分野

薬剤学、薬物動態学

研究課題

抗がん剤や抗凝固剤の体内動態と副作用に関する研究

薬剤不応答および個体間変動要因の解明に関する研究

所属学会

日本薬学会、日本臨床薬理学会、日本薬物動態学会、日本医療薬学会、日本TDM学会、日本アプライド・セラピューティクス学会

学会活動

薬物治療モニタリング研究会代表幹事、日本TDM学会評議員、日本薬学会ファルマシアトピックス小委員会委員(2012-2014年)、日本臨床薬理学会評議員、日本医療薬学会代議員

学内委員

公開講座・シンポジウム委員会副委員長、実務実習委員会委員:病院実習部門、コース特別実習・演習委員会委員、教務委員会委員、OSCE実施委員会委員長、認定薬剤師研修制度委員会委員、入試委員会委員、機器分析センター運営委員会委員、放射線管理委員会委員長

依頼講演

第85回日本結核病学会総会 教育講演「PK/PD理論に基づく抗酸菌症の治療」(京都、2010年)、薬物治療モニタリング研究会第54回特別ゼミナール「薬剤師が薬物治療に積極的にかかわるうえでのTDMの役割」(東京、2013年)、医薬品開発のためのPopulation Pharmacokinetics/Pharmacodynamicsセミナー「NONMEMによるPPK解析」(横浜、2014年)、薬物治療モニタリング研究会第56回特別ゼミナール「薬剤師が薬物治療に積極的にかかわるうえでのTDMの役割」(東京、2014年)、第31回日本TDM学会学術大会ワークショップ「用量調節を適切に行うために、添付文書、インタビューフォームや審査資料から医薬品のPKデータをいかに読み解くか」(東京、2014年)、薬物治療モニタリング研究会第58回特別ゼミナール「薬剤師が薬物治療に積極的にかかわるうえでのTDMの役割」(東京、2015年)、第26回日本医療薬学会年会シンポジウム「薬物治療を個別適正化する定量的アプローチ~臨床ファーマコメトリクスの実践~:抗凝固薬の個別適正化と定量的アプローチ」(京都、2016年)、薬物治療モニタリング研究会第113回例会「臓器障害時の薬物動態の変化と用法用量調節:薬物治療におけるクリアランスの重要性と変動因子について」(東京、2018年)薬物治療モニタリング研究会第66回特別ゼミナール「薬剤師が薬物治療に積極的にかかわるうえでのTDMの役割」(東京、2019年)、第41回日本臨床薬理学会学術総会「新薬開発時に行われる母集団薬物動態解析結果と臨床薬物動態試験解析結果の乖離」(福岡、2020年)

研究業績

Hirai T, Yamaga R, Ishikawa Y, Hanada K, Iwamoto T, Itoh T.
Effect of high-dose sulfamethoxazole/trimethoprim and glucocorticoid use on hyperkalemic event: A retrospective observational study.
J Infect Chemother. 2021;27(11):1607-1613.

Miura K, Sano Y, Niho S, Kawasumi K, Mochizuki N, Yoh K, Matsumoto S, Zenke Y, Ikeda T, Nosaki K, Kirita K, Udagawa H, Goto K, Kawasaki T, Hanada K.
Impact of concomitant medication on clinical outcomes in patients with advanced non-small cell lung cancer treated with immune checkpoint inhibitors: A retrospective study.
Thorac Cancer 2021;12(13):1983-1994.

Sasano H, Aoki K, Arakawa R, Hanada K.
Population pharmacokinetic analysis and dose regimen optimization of vancomycin in Japanese infants with an extremely low birth weight.
Antimicrob Agents Chemother. 2021;65(3):e02523-20.

Morita OT, Sugita H, Minami H, Yamaguchi T, Hanada K.
Population pharmacokinetics and renal toxicity of cisplatin in cancer patients with renal dysfunction.
Cancer Chemother Pharmacol. 2020;86(4), 559-566.

Hirai T, Funaki A, Murakami K, Hanada K, Itoh T.
Effects of overweight and underweight on the treatment outcomes of rheumatoid arthritis patients treated with biological drugs: a retrospective observational descriptive study.
J Clin Pharm Ther. 2020; 45(4), 666-673.

Nakayama H, Usuki K, Hanada K, Orii T, Kato T.
Does diarrhea influence plasma voriconazole concentration?
Ther Drug Monit. 2020;42(2):341-344.

Sano K, Nakadate K, Hanada K.
Minocycline prevents and repairs the skin disorder associated with afatinib, one of the epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitors for non-small cell lung cancer.
BMC Cancer. 2020;20(1):279.

花田和彦、元村あゆみ、緒方宏泰.
新薬開発時に行われる母集団薬物動態解析結果と臨床薬物動態試験解析結果の乖離、
臨床薬理、Jpn J Clin Pharmacol Ther. 2019;50, 89-95.

Inoue Y, Morita T, Onozuka M, Saito KI, Sano K, Hanada K, Kondo M, Nakamura Y, Kishino T, Nakagawa H, Ikegami Y.
Impact of Q141K on the transport of epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitors by ABCG2.
Cells. 2019;8(7):763.

Hirai T, Shuji Y, Takiyama M, Hanada K, Itoh T.
Renin-angiotensin system inhibitors for countering proteinuria induced by angiogenesis inhibitors: a retrospective observational analysis.
Cancer Chemother Pharmacol. 2019;84(1), 195-202.