教育・研究

分子製剤学

製剤学は,薬物を患者さんに投与できる姿(剤形)にデザインする学問です.薬物の物理化学的な側面と患者さんの臨床的な側面を結びつけるハイブリッドな分野です.本研究室では,医薬品製剤を分子レベルで評価することにより,製薬企業で求められる(1)医薬品原薬の結晶形態に関する評価,と平行して,臨床現場で求められる(2)医薬品製剤(特に軟膏剤)の特性評価を2本柱として研究を行っています.

研究室メンバー

教授 深水 啓朗
助教 井上 元基
助手 大西 優

このページの上へ