教育・研究

臨床薬剤学

医薬品の適正使用と副作用発現リスクの回避を目的として、基礎研究および臨床的薬剤情報の統合による臨床貢献を模索することを目標にしています。疾病発現機序と危険因子の解明、薬効・副作用等に関する予測モデルの構築、および緩和医療における薬物治療のエビデンス解明に向け研究を推進しています。

研究室メンバー

教授 加賀谷 肇
准教授 植沢 芳広
准教授 野澤 玲子

このページの上へ