教育・研究

薬物治療学

薬物の応答性には個人差があります。この原因には、薬物の体内動態や受容体等の機能蛋白の遺伝子における個人差や加齢の影響、各種臓器の病態、他薬との相互作用等が関与しています。我々は、これらの要因の研究を通じて、どの患者にも副作用なく最高の効果を発揮するための薬物治療を実現することを目指しています。

研究室メンバー

教授 越前 宏俊
講師 小川 竜一
助教 高橋 雅弘

このページの上へ