教育・研究

病態生理学

水チャネル(アクアポリン)と病気の関係について臨床応用を目指して研究している。細胞内水チャネル破綻による基礎研究としてアポトーシスや多発性のう胞腎の発症機構や尿中エキソゾームの水チャネル(AQP2)、臨床研究として高血圧・腎疾患の病態解析(バイオマーカー検索)や治療薬の開発(ドラッグ・リポジショニング)にもにも興味がある。臨床的テーマは自治医大大宮分院で行う。

研究室メンバー

教授 石橋 賢一
講師 田中 靖子

研究テーマ1

多発性嚢胞腎の発症・進行に関与する遺伝子・蛋白の網羅的解析

研究概要1

AQP11ノックアウトマウスは3週から多のう胞腎へと進展し死に至る。蛋白発現を比較して病因をあきらかにして、嚢胞形成の進行を抑制する薬剤を検索する。

研究テーマ2

脳血管でのAQP11の発現と脳浮腫の関連

研究概要2

AQP11は脳血管内皮細胞に発現して、血液脳関門機能を調節している。脳疾患モデルマウスでの解析から脳浮腫治療法を開発する

研究テーマ3

末期腎不全や透析患者の筋萎縮の病態解析

研究概要3

慢性腎不全マウスを作成して、筋発現蛋白を網羅的に比較して、筋代謝の病態を明らかにして、臨床研究のシーズを発見する。

研究テーマ4

慢性腎不全患者の処方解析

研究概要4

医師による処方パターンをデータベースより解析して、問題点を洗い出して、改善策を提案する。

研究テーマ5

マウス、ヒト尿中エキソゾームのAQP2の発現動態の解明

研究概要5

倫理委員会から了承を得て、ヒト尿中の水チャネルAQP2を定量する。AQP2を強制発現させたMDCK細胞での上清へのエキソゾームAQP2の分泌制御機構や病態との関連、バイオマーカーとしての有用性をあきらかにする。

このページの上へ