教育・研究

生体分子学

生命現象は、細胞を構成する多様な分子が秩序正しく相互作用することにより成立しています。この秩序にくるいが生じると、病気や死に至ることがあります。当研究室では、重要な生体分子であるタンパク質の機能に着目し、それらの相互作用を制御する因子である「分子シャペロン」の働きの解明を目指し研究を行っています。

研究室メンバー

教授 長浜 正巳
講師 石田 洋一

このページの上へ