教育・研究

機能分子化学

医薬品の多くは、化学反応を利用して合成されています。最近、より効率的、選択的で環境にやさしい反応の開発が望まれています。当研究室では、これらの条件を視野に入れ、立体選択的反応を指向した新しい反応の開発、解析、応用を研究しています。

研究室メンバー

教授 杉山 重夫
准教授 樋口 和宏
助教 伊藤 元気

研究テーマ1

高立体選択的、高効率的反応およびこれを支援する新規合成手法の開発

研究概要1

C-アシルイミニウムの反応、活性チオニウム種の反応(異常Pummerer反応、ヘテロ二量化反応)などについて検討を行っています。

研究テーマ2

生物活性複素環化合物の合成研究

研究概要2

研究テーマ1で開発した反応を基盤とし、インドリン‐3‐オンおよびトリプトファン誘導体を合成素子とする様々な生物活性(抗がん活性など)をもつ複素環化合物およびその誘導体の合成研究とその生物活性評価を行っています。

研究テーマ3

不斉非対称化反応の開発と応用

研究概要3

σ対称性を有する化合物からの不斉非対称化反応の開発と反応機構の解明、並びにその反応による光学活性化合物の合成研究を実施しています。

このページの上へ