教育・研究

医薬分子設計学

かつては偶然の発見に頼っていた薬ですが、現在では人体のメカニズムと病気の発症機構に基づき、薬を理論的にデザインし開発していこうとする理論的創薬化学が主流になろうとしています。当研究室ではコンピュータや最新の技術、生命科学や有機化学などの知識を駆使して有用な薬を理論的に創り出すことに挑戦していきます。

研究室メンバー

教授 古源 寛
准教授 高取 和彦
講師 小林 健一

このページの上へ