教育・研究

薬品製造化学

医薬品の多くは炭素原子から構成される基本骨格を持った「有機化合物」です。従って、その骨格をどのように作るのかについて焦点を当てた研究が行われています。中でも「炭素-炭素結合」を形成させることにより分子の骨格を構築する、という方法論の開発が注目を集めてきました。 一方近年、遷移金属触媒を用いた有機合成反応の開発が盛んに行われています。私たちは、これまで遷移金属触媒を利用した新しい炭素-炭素結合形成反応の開発に主眼を置いて研究を進めており、今後も特徴ある分子変換法の開発を目指し研究を進めていきたいと考えています。

研究室メンバー

教授 齋藤 望
助教 田湯 正法

このページの上へ