教育・研究

薬物動態学

生体に投与された薬物は血中に移行し、各組織に分布し、効果を発現した後、代謝され、体外に排泄されます。当研究室では薬物体内動態に影響を及ぼす薬物側と生体側の要因について精査し、薬物動態の各過程に関与するタンパクの機能解析を行うと共に個体間変動要因の1つである遺伝子多型との関係について研究しています。

研究室メンバー

教授 花田 和彦
准教授 池上 洋二
准教授 佐野 和美
助手 高島 勇基

このページの上へ