研究

研究室

公衆衛生・疫学

広い視野で患者ケアに貢献するエビデンスをつくる薬剤師の教育・研究を目指しています。薬剤疫学や薬剤経済学の知識を生かして、薬剤師による患者ケア介入効果の検証、高齢者の薬物治療適正化と潜在的問題点把握のための研究、大規模データベースを用いた医薬品の有効性・安全性・経済性の評価研究などを行っています。

医薬品・ワクチンの経済評価研究(医療政策研究)

研究概要

医療経済評価の制度への応用に向けた標準的な評価手法とデータに関する研究(厚生労働省:平成26年)

がん化学療法における費用対効果の研究

研究概要

医療機関と協力しながら進行膵癌の治療として推奨されている化学療法について有効性、安全性、経済性、財政的影響について検討している。

抗菌薬適正使用と薬剤耐性(AMR)の関係に関する研究

研究概要

九州大学と共同で全国の医療機関から提供を受けたDPC/JANISデータを用いて、抗菌薬の使用実態と薬剤耐性菌の発現の関連性について評価している。

高齢者における医薬品の不適切使用、多剤併用に関する研究

研究概要

国内外の医療機関と共同で、医薬品の使用実態把握や問題解決のための介入方法の検討を行っている。

小学校における薬物乱用防止教室

研究概要