教育・研究

明治薬科大学教員総覧

准教授:鈴木 俊宏(スズキ トシヒロ)

-

研究室

分析化学

最終学歴

明治薬科大学大学院博士課程(1999年3月)

学位

博士(薬学)(明治薬科大学:1999年)

講義科目

機器分析学、薬物治療学V、臨床分析学

専門分野

細胞生物学、分析化学

研究課題

抗がん剤耐性分子機構の解明

所属学会

日本薬学会、米国癌学会、日本癌学会、日本臨床腫瘍学会、日本臨床腫瘍薬学会、日本生化学会、日本分析化学会、日本毒性学会、先天代謝異常学会

学会活動

日本分析化学会誌「ぶんせき」編集委員(2012-2014) 薬学会第128年会プログラム編集委員(2007-2008) 日本トランスポーター研究会幹事(2010- )

学内委員

評価部門委員会(2005-2008)、学生実習委員会(2008-)、保険薬局実習部門委員会(2010- ) 卒業研究ルーブリックWG(2015- )

社会活動

関東地区認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ(2006)

依頼公演

がん専門家養成コース特別講義オープンレクチャー(順天堂大学大学院がん生涯教育センター)(2010) がん専門家養成コース特別講義オープンレクチャー(順天堂大学大学院がん生涯教育センター)(2011)

研究業績1

Suzuki, T., Sasaki, H., Kuh, H. J., Agui, M., Tatsumi, Y., Tanabe, S., Terada, M., Saijo, N., and Nishio, K. (2000) Detailed structural analysis on both human MRP5 and mouse mrp5 transcripts. Gene 242, 167-173

研究業績2

Okabe, M., Szakacs, G., Reimers, M. A., Suzuki, T., Hall, M. D., Abe, T., Weinstein, J. N., and Gottesman, M. M. (2008) Profiling SLCO and SLC22 genes in the NCI-60 cancer cell lines to identify drug uptake transporters. Molecular cancer therapeutics 7, 3081-3091 参照情報

研究業績3

Yoshioka, M., Sagara, H., Takahashi, F., Harada, N., Nishio, K., Mori, A., Ushio, H., Shimizu, K., Okada, T., Ota, M., Ito, Y. M., Nagashima, O., Atsuta, R., Suzuki, T., Fukuda, T., Fukuchi, Y., and Takahashi, K. (2009) Role of multidrug resistance-associated protein 1 in the pathogenesis of allergic airway inflammation. American journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology 296, L30-36

研究業績4

Uemura, M., Suzuki, T., Nishio, K., Chikuma, M., and Komeda, S. (2012) An in vivo highly antitumor-active tetrazolato-bridged dinuclear platinum(II) complex largely circumvents in vitro cisplatin resistance: two linkage isomers yield the same product upon reaction with 9-ethylguanine but exhibit different cytotoxic profiles. Metallomics : integrated biometal science 4, 686-692

研究業績5

2012年-2014年 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C)「バイオ医薬品取り込みモデルの構築と分子機構解明」(代表)

研究業績6

Inoue, Y., Ikegami, Y., Sano, K., Suzuki, T., Yoshida, H., Nakamura, Y., Nakagawa, H., and Ishikawa, T. (2013) Gefitinib enhances the antitumor activity of CPT-11 in vitro and in vivo by inhibiting ABCG2 but not ABCB1: a new clue to circumvent gastrointestinal toxicity risk. Chemotherapy 59, 260-272

研究業績7

Pouliot, L. M., Shen, D. W., Suzuki, T., Hall, M. D., and Gottesman, M. M. (2013) Contributions of microRNA dysregulation to cisplatin resistance in adenocarcinoma cells. Experimental cell research 319, 566-574 参照情報

研究業績8

Nagasawa, I., Kaneko, A., Suzuki, T., Nishio, K., Kinoshita, K., Shiro, M., and Koyama, K. (2014) Potential anti-angiogenesis effects of p-terphenyl compounds from Polyozellus multiplex. Journal of natural products 77, 963-968 参照情報

研究業績9

Suzuki, T., Ishibashi, K., Yumoto, A., Nishio, K., and Ogasawara, Y. (2015) A possible utilization of arsenic trioxide against cisplatin-resistant non-small cell lung cancer. Oncology letters 10, 805-809 参照情報

研究業績10

2015年-2017年 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C)「リン酸化シグナル応答性miRNAを用いた受容体型チロシンキナーゼ阻害薬の効果予測」(代表)

このページの上へ