教育・研究

明治薬科大学教員総覧

准教授:野澤 玲子(ノザワ レイコ)

-

研究室

臨床薬剤学

最終学歴

明治薬科大学衛生薬学科(1987年3月)

学位

博士(薬学)(明治薬科大学:1996年)

講義科目

薬理学IV、臨床血液学、薬物治療学VI、薬物治療学V、症例演習解析学I・II、病院薬学コース特論・演習、生命科学実習II、臨床検査総合実習

専門分野

自律神経薬理学、神経障害性疼痛

研究課題

血管系における交感神経機能と血管内皮細胞機能 神経障害性疼痛治療薬の探索

所属学会

日本薬理学会、日本薬学会、日本臨床薬理学会、日本医療薬学会、日本緩和医療薬学会、日本薬学教育学会

学会活動

日本薬理学会学術評議員(2002-)、日本緩和医療薬学会評議員(2014-)

学内委員

放射線管理委員会(1998-)、認定薬剤師研修制度関係委員会(研修企画実行委員会、実行委員会)(2009-)、ハラスメント防止委員会(2009-)、学生厚生委員会(2012-2016)、臨床検査技師教育運営委員会(2012-)、せせらぎ管理運営委員会(2015-)、清瀬キャンパス開校20周年記念事業PT(2017-)、OSCE実施委員会(2017-)

社会活動

薬剤師生涯学習講座、薬がみえるvol. 1、薬学監修、pp.18-53、メディックメディア、東京(2014)、緩和医療薬学−SCIENCEとARTの融合と実践−、京都廣川書店、京都 (2016)、トワイクロス先生のがん緩和ケア処方薬(第二版)、分担翻訳、医学書院、東京 (2017)

依頼公演

第69回日本薬理学会総会 長崎 1996.3.23(血管交感神経伝達におけるATP受容体を介した促進性調節機構)

受賞歴

15th World Congress of European Association for Palliative Care (EAPC2017) 'one of the top three in your category'(優秀発表賞)A search for effective drugs for treating peripheral neuropathy caused by chemotherapeutic drugs

研究業績1

Prevalence of GORD (gastro-oesophageal reflux disease) in Type 2 diabetes and a comparison of clinical profiles between diabetic patients with and without GORD: Diabetic Medicine, 26, 228-233 (2009). 参照情報

研究業績2

Two NSAIDs, niflumic acid and diclofenac, inhibit the human glutamate transporter EAAT1 through different mechanisms. J. Pharmacol. Sci., 112, 113-117 (2010). 参照情報

研究業績3

Effect of Chondroitinase on Dermatan Sulfate-Facilitated Arginine Amidase Released from Rabbit Ear Artery. Biol. Pharm. Bull. 33, 33, 150-152 (2010). 参照情報

研究業績4

BmDJ-1 is a key regulator of oxidative modification in the development of the Silkworm, Bombyx mori. PLos ONE 6, e17683 (2011). 参照情報

研究業績5

Survey of the instruction method about adverse reactions of HMG-CoA reductase inhibitor (Statin) and the patients intelligibility: As cause search of non-compliance. Jpn. J. Appl. Ther., 3, 28-36, (2012).

研究業績6

Dysfunction of neurotransmitter modulation system on adrenergic nerves of caudal artery in Type 2 diabetic Goto-Kakizaki rats. Biol. Pharm. Bull. 35, 1091-1095 (2012). 参照情報

研究業績7

Niflumic acid activates additional currents of the human glial L-glutamate transporter EAAT1 in a substrate-dependent manner. Biol Pharm Bull. 36, 1996-2004 (2013). 参照情報

研究業績8

Quantitative Structure-Cytotoxicity Relationship of 3-Styrylchromones. Anticancer Research, 34, 5405-5412 (2014). 参照情報

研究業績9

Analysis of Factors Associated with Hiccups Based on the Japanese Adverse Drug Event Report Database. PLos ONE 12, e0172057 (2017). 参照情報

研究業績10

Inhibition of ectopic arginine vasopressin production by phenytoin in the small cell lung cancer cell line lu-165. Front Endocrinol, 8, 94, 1-6 (2017) 参照情報

このページの上へ