教育・研究

明治薬科大学教員総覧

准教授:樋口 和宏(ヒグチ カズヒロ)

-

研究室

機能分子化学

最終学歴

大阪大学大学院薬学研究科博士後期課程(2001年3月)

学位

博士(薬学) (大阪大学:2001年)

講義科目

基礎化学(1年)、薬の科学実習U-1(2年)、錯体化学(生3年)、薬科学総合演習・実習T・U(生3年)、海外医療コース特論、機能性分子化学特論(生院)、機能性化学特論(薬院)

専門分野

有機化学

研究課題

1)高立体選択的、高効率的反応およびこれを支援する新規合成試薬の開発 2)生物活性複素環化合物の合成研究 3)非蛋白性アミノ酸の合成および生物活性化合物合成への応用 4)非ペプチド性化合物によるペプチドミミックのデザインと合成研究

所属学会

日本薬学会、有機合成化学協会

学会活動

日本薬学会ファルマシア委員会トピックス小委員(2005-2007)

学内委員

環境管理委員会 化学物質・生物管理部門(2007-)、図書館・資料館運営委員会(2010-)、薬品管理システム準備委員会(2013-2014)、薬品管理システム運営委員会(2014-)、内部監査委員会(2014-)、入試広報委員会(2014-)、大学院運営委員会(2016-)、出版委員会(2016-)、大学院FD委員会(2017-)

社会活動

柴田科学 シバタインフォメーション 2012 Jan. No.296 研究室訪問 第3回

依頼公演

千葉大学大学院薬学研究院 第5回化学系若手研究者講演会 「イミニウムやチオニウムを用いたインドール骨格を持つ天然物の合成研究」(2013/9)、柴田科学 社内セミナー「有機化学実験の実際と機器開発への展開」(2004)

研究業績1

Thionium-Based One-Pot Construction of Homo/Hetero Dimeric Pyrroloindoline from Tryptamine. Masanori Tayu, Kazuhiro Higuchi*, Takako Ishizaki, Tomomi Kawasaki*. Org. Lett., 16, 3613-3615 (2014).

研究業績2

Hypervalent Iodine Mediated One-pot C-H Functionalization at 2α- or 3α-Position of Indole Derivatives. Kazuhiro Higuchi*, Masato Inaba, Asuka Naganuma, Takako Ishizaki, Masanori Tayu, Tomomi Kawasaki*. Heterocycles, 89, 2105-2121 (2014).

研究業績3

Asymmetric Total Synthesis of (-)-Leuconoxine via Chiral Phosphoric Acid-Catalyzed Desymmetrization of a Prochiral Diester. Kazuhiro Higuchi*, Shin Suzuki, Reeko Ueda, Norifumi Oshima, Emiko Kobayashi, Masanori Tayu, Tomomi Kawasaki*. Org. Lett., 17, 154-157 (2015).

研究業績4

DMSO/Tf2O-Mediated Cross-Coupling of Tryptamine with Aniline to a C3a-N1′-Linked Pyrroloindoline Alkaloid Masanori Tayu, Takako Ishizaki, Kazuhiro Higuchi* Tomomi Kawasaki*. Org. Biomol. Chem. 13, 3863-3865 (2015).

研究業績5

Synthesis and ABCG2 inhibitory evaluation of 5-N-acetylardeemin derivatives Daigo Hayashi, Naoki Tsukioka, Yutaka Inoue, Yoshiki Matsubayashi, Toshimasa Iizuka, Kazuhiro Higuchi*, Yoji Ikegami, Tomomi Kawasaki*. Bioorganic & Medicinal Chemistry, 23, 2010-2023 (2015).

研究業績6

マンニッヒ型反応による2,2−ジ置換インドリン−3−オン構築法の開発と天然物合成への展開 樋口 和宏、杉山 重夫、川ア 知己 有機合成化学協会誌 73, 821-832 (2015).(総合論文)

研究業績7

C2-Symmetric Chiral Sulfoxide-Mediated Intermolecular Interrupted Pummerer Reaction for Enantioselective Construction of C3a-Substituted Pyrroloindolines Masanori Tayu, Yui Suzuki, Kazuhiro Higuchi* Tomomi Kawasaki*. Synlett 941-945 (2016).

研究業績8

Design and Synthesis of Non-peptide RGD Mimics for Evaluation of their Utility as Anti-platelet Agents Kazuhiro Higuchi*, Hideki Hikita, Asumi Murayama, Daichi Yuri, Natsu Kobayakawa, Takashi Takahashi, Shigeru Kojima, Hiroko Ueno, Tomomi Hatakeyama, Airi Kato, Masanori Tayu, Etsuko Oyama, Shigeo Sugiyama, Kazuyuki Ishii, Hidenobu Takahashi, Tomomi Kawasaki*. Chem. Pharm. Bull. 64, 1726-1738 (2016).

研究業績9

Rhodium(II)-Catalyzed Synthesis of N-Aryl-N′-tosyldiazenes from Primary Aromatic Amines Using (Tosylimino)aryliodinane: A Potent Stable Surrogate for Diazonium Salts Ito Motoki*, Tanaka Arisa, Higuchi Kazuhiro, Sugiyama Shigeo*. Eur. J. Org. Chem. 1272−1276 (2017).

研究業績10

Direct C2-Functionalization of Indoles Triggered by the Generation of Iminium Species from Indole and Sulfonium Salt" Masanori Tayu, Kazuya Nomura, Koki Kawachi, Kazuhiro Higuchi*, Nozomi Saito*, Tomomi Kawasaki*. Chem. Eur. J. 23,10925−10930 (2017).

このページの上へ