研究

研究室

准教授:馬場 正樹(ババ マサキ)

役職名

薬用植物園長

研究室

臨床漢方

最終学歴

明治薬科大学大学院薬学研究科博士課程修了(1999年3月)

学位

博士(薬学)(明治薬科大学:1999年)

講義科目

生薬学、伝統医学概論、伝統医学入門、日本薬局方、薬物治療学Ⅵ、薬科学総合実習・演習Ⅰ、薬の科学実習Ⅱ、伝統医療薬学コース実習・演習、伝統医療薬学コース特論・演習、大学院臨床漢方特論・演習

専門分野

伝統医療薬学、生薬学・天然物化学

研究課題

漢方薬・伝承薬の品質および薬効評価に関する研究 伝承薬物・食材の生活習慣病予防効果

所属学会

日本薬学会、日本生薬学会、日本東洋医学会、和漢医薬学会、日本フードファクター学会、日本未病システム学会

学会活動

日本フードファクター学会評議員 (1999-)、第2回甘草に関するシンポジウム実行委員 (2003)、日本薬史学会2016年会実行委員・事務局長(2016)、日本生薬学会関東支部役員(2017-)、第8回甘草に関するシンポジウム事務局(2017)、令和3年度日本東洋医学会関東甲信越支部東京都部会事務局(2021)、和漢医薬学会代議員(2021-)、日本東洋医学会代議員(2023-)

学内委員

研修企画実行委員会 (2007-)、薬用植物園運営委員会 (2008-)、学外実務実習委員会病院実習部門(2009-)、早期体験学習委員会体験学習部門(2009-)、コース特別実習・演習委員会(2009-)、EM内部監査委員会(2010-2018)、入試広報委員会(2010-)、学生厚生委員会(2012-2016)、研究倫理委員会(2016-2017)、図書館・資料館運営委員会(2017-)、禁煙推進委員会(2017-)、学生実習委員会(2017-)、認定薬剤師研修制度委員会(2017-)、留学生委員会(2018-)、国家試験・CBT対策委員会(2019-)、

社会活動

漢方薬・生薬認定薬剤師薬草園実習講師(2009-)、メディカルハーブ協会薬草園研修講師(2015-)、Medical Future Fes 2015講師(2015)、清瀬市健康大学講師(2015)、明薬会理事(2016-)、学校法人明治薬科大学学内評議員(2019-2023)、清瀬市廃棄物減量等推進審議会会長(2021-)、東久留米市市民大学中期コース講師(2021)

受賞歴

International IFRC(Inst. of International Free Radical Control) Award (2004)

研究業績1

Quality assessment of cut crude drugs using the checksheet incorporating minimum and maximum marker constituent contents, International Medical Journal, 30(4), 227-230, 2023.

研究業績2

Reactions of Pharmaceutical Science Students to Kampo Medicine Education Using the Fukushin Simulator, International Medical Journal, 30(3), 155-158, 2023.

研究業績3

麻黄の修治「節を去る」意義に関する研究, 漢方と最新治療, 32(1), 49-54, 2023.

研究業績4

Fact-Finding on the Quality of Crude Drugs in Clinical Practice (II): Ingredient Amount for Ephedra and Five Other Herbs, International Medical Journal, 30(1), 21-25, 2023.

研究業績5

Fact-Finding on the Quality of Crude Drugs in Clinical Practice (I): Ingredient Amount, International Medical Journal, 29(6), 342-344, 2022.

研究業績6

Kampo formula-pattern models: the development of 13 new clinically useful standard abdominal pattern models in the Fukushin simulator, Frontiers in Pharmacology, doi: 10.3389/fphar.2022.688074, 2022.

研究業績7

Developing and Abdominal Palpation Learning System in Kampo Style (Abpalle KAMPO) for Doctors, International Medical Journal, 28(2), 243-245, 2021.

研究業績8

Marylosides A-G, Norcycloartane Glycosides from Leaves of Cymbidium Great Flower 'Marylaurencin', Molecules, 24(13). pii: E2504. doi: 10.3390/molecules24132504., 2019.

研究業績9

Modification to an Abdominal Diagnosis Simulator to Educate Standard Abdominal Patterns of Toki-shakuyaku-San or Keishi-bukuryo-Gan in Kampo Medicine, International Medical Journal, 26(1), 39-42, 2019

研究業績10

Evaluation of Standard Abdominal Strength Pattern Models in an Abdominal Palpation Simulator and of the Standardization Project Itself, International Medical Journal, 25(1), 22-24, 2018