教育・研究

明治薬科大学教員総覧

准教授:馬場 正樹(ババ マサキ)

-

役職名

薬用植物園長

研究室

臨床漢方

最終学歴

明治薬科大学大学院薬学研究科博士課程修了(1999年3月)

学位

博士(薬学)(明治薬科大学:1999年)

講義科目

生薬学、伝統医学概論、伝統医学入門、薬の科学実習II、伝統医療薬学コース実習・演習、伝統医療薬学コース特論・演習、天然薬物学特論

専門分野

伝統医療薬学、生薬学・天然物化学

研究課題

漢方薬・伝承薬の品質および薬効評価に関する研究 伝承薬物・食材の生活習慣病予防効果

所属学会

日本薬学会、日本生薬学会、日本東洋医学会、和漢医薬学会、日本フードファクター学会、日本未病システム学会

学会活動

日本フードファクター学会評議員 (1999-)、第2回甘草に関するシンポジウム実行委員 (2003)、日本薬史学会2016年会実行委員・事務局長(2016)、日本生薬学会関東支部役員(2017-)、第8回甘草に関するシンポジウム事務局(2017)

学内委員

研修企画実行委員会 (2007-)、薬用植物園運営委員会 (2008-)、実務実習委員会病院実習部門(2009-)、早期体験学習委員会体験学習部門(2009-)、EM内部監査委員会(2010-)、入試広報委員会(2010-)、学生厚生委員会(2012-2016)、研究倫理委員会(2016-)、図書館・資料館運営委員会(2017-)、禁煙推進委員会(2017-)、学生実習委員会(2017-)

社会活動

漢方薬・生薬認定薬剤師薬草園実習講師(2009-)、メディカルハーブ協会薬草園研修講師(2015-)、Medical Future Fes 2015講師(2015)、清瀬市健康大学講師(2015)

受賞歴

International IFRC(Inst. of International Free Radical Control) Award (2004)

研究業績1

Application to classification of mulberry leaves using multivariate analysis of proton NMR metabolomic data. Natural Product Communications, 6, 1621-1625 (2011)

研究業績2

Application of mixture analysis to crude materials from natural resources (III): NMR spectral studies to analyze chalcones from Angelica keiskei. Natural Product Communications, 7(1), 21-23 (2012)

研究業績3

Classification using NMR-based metabolomics of Sophora flavescens grown in Japan and China Natural Product Communications, 7(11), 1453-1455 (2012)

研究業績4

Application of Mixture Analysis to Crude Materials from Natural Resources (IV): Identification of Glycyrrhiza Species by Direct Analysis in Real Time Mass Spectrometry (II) Natural Product Communications, 8, 1721-1724 (2013)

研究業績5

Identification of the country of growth of Sophora flavescens using direct analysis in real time mass spectrometry (DART-MS) Natural Product Communications, 9, 1591-1594 (2014)

研究業績6

Extracts and compounds with anti-diabetic complications and anti-cancer activity from Castanea mollissina Blume (Chinese chestnut) BMC Complementary and Alternative Medicine, 14, 1-19 (2014)

研究業績7

西丹沢ユーシン渓谷・薬用植物試験栽培場における栽培適合薬用植物に関する調査報告(第3報)〜オウレンの品質評価および生育環境の調査〜 明治薬科大学研究紀要、43, 21-24, 2014.

研究業績8

白虎加人参湯加減方投与マウスにおける血糖上昇抑制作用とそのメカニズムに関する研究 日本未病システム学会雑誌、22(1), 54-57, 2016.

研究業績9

西丹沢ユーシン渓谷・薬用植物試験栽培場における栽培適合薬用植物に関する調査報告(第4報)〜害獣による被害とその後の状況について〜 明治薬科大学研究紀要、45, 12-16, 2016.

研究業績10

Application of Mixture Analysis to Crude Materials from Natural Resources (V): Discrimination of Glycyrrhiza uralensis and G. glabra by EI mass spectrometry Natural Product Communications, 12(1), 27-29, 2017.

このページの上へ