教育・研究

明治薬科大学教員総覧

講師:田中 靖子(タナカ ヤスコ)

-

研究室

病態生理学

最終学歴

筑波大学大学院医学研究科博士課程(2003年3月)

学位

博士(医学)(筑波大学:2003年)

専門分野

分子生物学、細胞生物学、発生学

研究課題

組織及び培養細胞における水チャネルの生理学的役割に関する研究

所属学会

日本薬学会、日本生理学会

学内委員

学内実務実習委員会(事前実務実習部門)、学外実務実習委員会(保健薬局実習部門)、OSCE実施委員会、研修企画実行委員会

研究業績1

Integration of multiple signal transducing pathways on Fgf response elements of the Xenopus caudal homologue Xcad3. Haremaki T, Tanaka Y, Hongo I, Yuge M, Okamoto H. Development. 130, 4907-4917 (2003)

研究業績2

神経冠幹細胞の可視化 田中靖子, 岡本治正. Bioベンチャー Vol.3, No.3, pp100-1003 羊土社 (2003)

研究業績3

Regulation of Slug transcription in embryonic ectoderm by beta-catenin-Lef/Tcf and BMP-Smad signaling. Sakai D, Tanaka Y, Endo Y, Osumi N, Okamoto H, Wakamatsu Y. Dev Growth Differ. 47, 471-482 (2005)

研究業績4

The role of a group III AQP, AQP11 in intracellular organelle homeostasis. Ishibashi K, Koike S, Kondo S, Hara S, Tanaka Y. The Journal of Medical Investigation 56 supplement,pp.312 - 317 (2009)

研究業績5

The role of mammalian superaquaporins inside the cell. Ishibashi K, Tanaka Y, Morishita Y. Biochem Biophys Acta. 1840 (5), 1507-12, 2014.

研究業績6

Aquaporin10 is a pseudogene in cattle and their relatives. Tanaka Y, Morishita Y, Ishibashi K. Biochemistry and Biophysics Reports 1. (2015) 16-21.

このページの上へ