研究

研究室

教授:大野 恵子(オオノ ケイコ)

役職名

教務副委員長

研究室

薬剤情報解析学

最終学歴

明治薬科大学薬学部衛生薬学科(1988年3月)

学位

博士(臨床薬学)(明治薬科大学:2004年)

講義科目

【学部】医薬品情報学、薬物治療学Ⅱ、臨床薬学基礎実習、症例解析演習Ⅰ・Ⅱ、事前実務実習、病院薬学コース実習、病院薬学コース特論・演習、 【大学院】医薬品情報学特論・演習

専門分野

医療薬学、医薬品情報学

研究課題

医薬品の適正使用に関する研究

所属学会

日本医療薬学会、日本薬学会、日本医薬品情報学会、日本化学療法学会

学会活動

日本医療薬学会認定薬剤師・指導薬剤師(2002-)、日本医療薬学会評議員(2017-)

学内委員

公開講座・シンポジウム委員会(2005-)、国家試験対策委員会(2006-)、学内実務実習委員会【事前実務実習部門】(2010-)・【OSCE実施部門】(2012-)、学外実務実習委員会【病院実習部門】(2012-)、教務委員会(2018-)、研究倫理委員会(2018-)

社会活動

【著書】

  • 胃食道逆流症/消化性潰瘍/胃炎・胃腸関連感染症, 病気と薬物療法 消化器疾患, pp.2-21, 78-101, オーム社(2017).
  • データベース・EBM , 医薬品情報学, pp.123-135, 137-151, 廣川書店(2017),.
  • 加工度による分類, コンパス医薬品情報学 理論と演習, pp.41-56, 84-85, 南江堂(2015).
  • メタアナリシス, 医薬品情報学-ワークブック, pp.136-147, 朝倉書店(2015).
  • 消化性潰瘍・過敏性腸症候群・胃炎・潰瘍性大腸炎・緑内障・白内障, 症例で身につける臨床薬学ハンドブック 改訂第2版, pp.62-64, 65-67, 85-87, 95-97, 355-357, 358-359, 羊土社(2014).
  • 患者を中心としたチーム医療, 図解 医薬品情報学 改訂3版, pp.354-359, 南山堂 (2014).
  • 病院での安全性確保について, New 医薬品の安全性学 第2版, pp.365-384, 廣川書店(2010).
  • 高脂血症の薬物治療, 症例に基づくSOAPワークブック, pp.275-296, じほう (2004).
研究業績1

Risk factors for antituberculous chemotherapy-induced hepatotoxicity in Japanese pediatric patients: Clin. Pharmacol. Ther.72, 220-226 (2002)

研究業績2

Comparison of cilostazol and ticlopidine for one-month effectiveness and safety after elective coronary stenting: Cardiovasc. Drugs and Ther.18, 211-217 (2004)

研究業績3

A nomogram for predicting the optimal oral dosage of tacrolimus in liver transplant recipients with small-for-size grafts: Clin. Transplant.20, 443-449 (2006)

研究業績4

Meta-analysis of the risk of developing malignancy associated with use of immunosuppressive agents in patients with inflammatory bowel disease: Ann. Pharmacother.41, 21-28 (2007)

研究業績5

Quantitative determination of individual teicoplanin components in human plasma and cerebrospinal fluid by high-performance liquid chromatography with electrochemical detection: J. Chromatogr. B. 847, 78-81 (2007)

研究業績6

Liquid chromatographic method for the determination of sirolimus in blood using electrochemical detection: Biomed. Chromatogr.23, 267-272 (2009)

研究業績7

Distribution of micafungin in the tissue fluids of patients with invasive fungal infections: J. Infect. Chemother.17, 731-734 (2011)

研究業績8

Pharmacokinetics of micafungin in patients undergoing allogeneic hematopoietic stem cell transplantation: Transpl Infect Dis.15, 323-327 (2013)

研究業績9

CYP3A5 polymorphism affects the increase in CYP3A activity after living kidney transplantation in patients with end stage renal disease: Br. J. Clin. Pharmacol.80, 1421-1428 (2015)

研究業績10

Apolipoprotein E Gene Polymorphisms Affect the Efficacy of Thiazolidinediones for Alzheimer's Disease: A Systematic Review and Meta-Analysis: Biol. Pharm. Bull. 41,1017-1023 (2018)