研究

研究室

講師:小川 泰弘(オガワ ヤスヒロ)

研究室

薬理学

最終学歴

総合研究大学院大学生命科学研究科生理科学専攻博士課程 (2004年3月)

学位

博士(理学) (総合研究大学院大学:2004年)

講義科目

薬理学I、院・機能制御再生学特論、生命科学実習II

専門分野

神経科学

研究課題

中枢神経系グリア細胞の制御機構

所属学会

日本神経化学会、 米国神経科学会 (Society for Neruoscience)、 日本薬学会

受賞歴

National Multiple Sclerosis Society Postdoctral fellowship award

学内委員

施設委員会(2012~)、組換えDNA委員会(2012~)、動物実験倫理委員会(2012~)

社会活動

2014年 ひらめき☆ときめきサイエンス 実施責任者 「光らせて拡大して神経細胞の形を観察しよう!」 2015年 ひらめき☆ときめきサイエンス 実施責任者 「ミクロからマクロまで脳をまるごと大調査!」 2017年 文京アカデミア分担(明治薬科大学側責任者) 「脳の中のミクロな宇宙」

依頼公演

2017年 第19回 応用薬理シンポジウム「新規疾患資料戦略を志向した薬理学の新たな展開」

研究業績1

Schwann cell spectrins modulate peripheral nerve myelination. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 108, 8009-8014 (2011)

研究業績2

A distal axonal cytoskeleton forms an intra-axonal boundary that controls axon initial segment assembly. Cell 149, 1125-1139 (2012)

研究業績3

Impaired neural differentiation of induced pluripotent stem cells generated from a mouse model of Sandhoff disease. PLoS ONE, 8, e55856 (2013)

研究業績4

Three mechanisms assemble central nervous system nodes of ranvier. Neuron, 78, 469-82 (2013)

研究業績5

BK Channels Localize to the Paranodal Junction and Regulate Action Potentials in Myelinated Axons of Cerebellar Purkinje Cells. J Neurosci. 35, 7082-94 (2015)

研究業績6

Induced Pluripotent Stem Cells Generated from P0-Cre;Z/EG Transgenic Mice. PLoS One, 10, e0138620 (2015)

研究業績7

FcRγ-dependent immune activation initiates astrogliosis during the asymptomatic phase of Sandhoff disease model mice. Sci Rep. 7, 40518 (2017)

研究業績8

Abnormal differentiation of Sandhoff disease model mouse-derived multipotent stem cells toward a neural lineage. PLoS One. 12. e0178978 (2017)

研究業績9

Improvement in dysmyelination by the inhibition of microglial activation in a mouse model of Sandhoff disease. Neuroreport. 29. 962-967 (2018)

研究業績10

Inhibition of astrocytic adenosine receptor A2A attenuates microglial activation in a mouse model of Sandhoff disease. Neurobiology of Disease. 118. 142-154 (2018)