研究

研究室

教授:高取(木下) 薫(タカトリ(キノシタ) カオル)

研究室

生薬学

最終学歴

明治薬科大学薬学部薬剤学科卒業(1984年3月)

学位

博士(薬学) (明治薬科大学:1998年)

専門分野

天然物化学

研究課題

1. 海洋由来真菌、キノコ子実体、サボテン、植物(生薬)代謝物からの生物活性物質の探索

・抗アルツハイマー病を目指した活性物質の探索としてアミロイドβ凝集抑制活性;β-セクレターゼ阻害活性;ヒト由来神経細胞株SH-SY5Yを用いたアミロイドβによる神経細胞毒性軽減作用

・真菌Candida albicansの二形性(バイオフィルム形成)阻害活性物質の探索 

・エクソソー厶分泌に影響を与える化合物の探索(キノコ子実体を中心に)

・新たな細胞形態変化(細胞死)を示す化合物の探索

2. 新しい天然資源の開発(昆虫(カイコ)の糞からの新規化合物および生物活性化合物の探索 ;海洋由来真菌を用いたエピジェネティック制御による休眠遺伝子発現と新たな二次代謝産物の探索)

3.地衣類の研究(地衣類の二次代謝産物の探索と化学分類を目指したLC/MS/MSによる成分分析)

所属学会

日本薬学会、日本生薬学会、日本地衣学会

学会活動

日本地衣学会評議員(2018-)

学内委員

図書館資料館運営委員会(2011-) 学生厚生委員会(2012-)、環境推進責任者(資料館、薬草園)、薬草園委員会、インスティトューショナル・リサーチ委員会、維持員拠出奨学金審査委員会、自己点検・評価委員会、薬学教育評価委員会、薬学情報委員会、生命創薬科学専攻委員会

社会活動

明薬資料館子ども向けイベント「見てみよう!ふれてみよう!!くすりの世界!!」開催

依頼公演

日本地衣学会シンポジウム「地衣二次代謝産物の生物活性」(東京、2007); 日本地衣学会公開講演会「薬としての地衣類」(千葉、2010);秋田地衣国際シンポジウム「Chemistry of Lichen Substances」(秋田、2014);第61回日本放線菌学会学術講演会招待講演「菌類と藻類の共生体である地衣類及び培養地衣菌の二次代謝産物」(2017、東京)

研究業績1

Structure-activity relationships of biflavonoids for β-secretase (BACE-1) inhibitory activity, Heterocycles, 85, 2749-2756 (2012).

研究業績2

Suppression of Adipocyte Hypertrophy by Polymethoxyflavonoids Isolated from Kaempferia parviflora. Okabe Y., Shimada T., Horikawa T., Kinoshita K., Koyama K., Ichinose K., Aburada M., Takahashi K., Phytomedicine. 21, 800-806 (2014).

研究業績3

Antiangiogenic activity of Hypoxylonol C. J. Nat. Prod. 77, 1065-1068 (2014)

研究業績4

Inhibitory activities of bioflavonoids against amyloid-β-peptide 42 cytotoxicity in PC-12 cells. Bioorg. Med. Chem. Let. 25, 2831-2833 (2015)

研究業績5

Biosynthesis of panaefluoroline B from the cultured mycobiont of Amygdalaria panaeola. J. Nat. Prod. 78, 1745-1047 (2015) 参照情報

研究業績6

A novel nucleoside from the edible mushroom, Tricholoma japonicum. Haraguchi A., Kinoshita K., Fukai M., Koyama K., J. Nat. Med., 24, 584-588 (2015) 参照情報

研究業績7

Macrolides from a Marine-Derived Fungus, Penicillium meleagrinum var. viridiflavum, Showing Synergistic Effects with Fluconazole against Azole-Resistant Candida albicans, J. Nat. Prod, 79, 1208-1212 (2016). 参照情報

研究業績8

Three novel phomactin-type Diterpenes from a Marine-derived Fungus. Tetrahedron Lett., 57, 4341-4344 (2016).

研究業績9

Triterpenoid Saponins from Polaskia chichipe Backbg and their Inhibitory or Promotional Effects on the Melanogenesis of B16 Melanoma Cells. Fuijhara, K., Takahashi, K., Koyama, K., Kinoshita, K., J. Nat. Med. 71, 606-616 (2017).

研究業績10

Inhibition of amyloid β aggregation and protective effect on SH-SY5Y cells by triterpenoid saponins from the cactus Polaskia chichipe. Bioorg. Med. Chem., 25, 3377-3383 (2017). 参照情報

研究業績11

Synthesis and Anti-influenza Virus Evaluation of Triterpene-sialic acid Conjugates. Tsuji M., Sriwilaijaroen N., Inoue H., Miki K., Kinoshita K., Koyama K., Furuhata K., Suzuki Y., Takahashi K., Bioorg. Med. Chem., 26, 17-24 (2018).