研究

研究室

講師:杉 富行(スギ トミユキ)

役職名

講師

研究室

循環薬理学

最終学歴

明治薬科大学大学院薬学研究科臨床薬学専攻博士課程(前期)(2011年3月)

学位

博士(薬学)(明治薬科大学:2022年)

講義科目

調剤学、症例解析演習Ⅰ・Ⅱ、事前実務実習 、病院薬学コース実習・演習

専門分野

医療薬学、腫瘍薬学

研究課題

薬物治療における安全性の評価、有害事象対策に関する研究

所属学会

日本医療薬学会、日本臨床腫瘍薬学会、日本化学療法学会、日本緩和医療薬学会、日本血液学会、日本骨髄腫学会、がんサポーティブケア学会、日本薬学会

学会活動

外来がん治療認定薬剤師(2016-)、がん薬物療法認定薬剤師(2016-)、がん専門薬剤師(2018-)、抗菌化学療法認定薬剤師(2019-)、医療薬学専門薬剤師(2021-)

社会活動

【著書】デンタルダイヤモンド,くすりの副作用2017 抗がん薬,2017年4月号,pp. 86-90. デンタルダイヤモンド社

【著書】調剤と情報,ケースでわかる!薬局でよくみる貧血のマネジメント ⑦がん患者, 2022年3月号, じほう.

【著書】臨床腫瘍薬学 第2版,第3章9:免疫調節薬,2022年9月,じほう.

【総説】杉富行,三田充男,多発性骨髄腫治療におけるレナリドミドによる皮膚障害のリスク因子と脱感作療法について,医薬品相互作用研究,46(1): 3-11 (2022)

依頼公演

日本病院薬剤師会関東ブロック第50回学術大会,シンポジウム10,2020

日本臨床腫瘍薬学会学術大会2022, シンポジウム13, 2022

研究業績1

腎機能低下患者へのボルテゾミブ投与時の帯状疱疹予防におけるアシクロビル隔日投与の有効性の検討
杉富行,三村亘,勝山緑,武笠将也,才郷博久,花井誉,萩原政夫,高畠啓輔,日本緩和医療薬学雑誌, 12, 9-13. 2019

研究業績2

ヒドロモルフォンによるオピオイド誘発性痛覚過敏に対しメサドンにスイッチングを行い有効であった造血腫瘍患者の1例
杉富行,西上泰生,才郷博久,花井誉,山本英一郎,江川健一郎,廣橋猛,高畠啓輔,萩原政夫,日本緩和医療薬学雑誌, 13, 19-23. 2020

研究業績3

Analysis of risk factors for lenalidomide-associated skin rash in patients with multiple myeloma.
Sugi T, Nishigami Y, Saigo H, Hanai H, Takabatake K, Mita M, Ohara S, Ide S, Uchida T, Inoue M, Hagihara M.
Leuk Lymphoma. 62(6):1405-1410. 2021

研究業績4

Determination of the concentration of gilteritinib in human plasma using HPLC.
Yasu T, Sugi T, Momo K, Hagihara M, Yasui H.
Biomed Chromatogr. 35(4):e5028., 2021

研究業績5

高齢患者に対し通院治療にてレナリドミドの脱感作療法を行い,VGPRを達成した移植非適応多発性骨髄腫患者の1症例.
杉富行,安武夫,三田充男,高畠啓輔,萩原政夫, 日病薬誌, 57, 881-887. 2021

研究業績6

Simple desensitization protocol for multiple myeloma patients with lenalidomide-induced skin rash: Case series.
Sugi T, Mita M, Yasu T, Ohara S, Uchida T, Inoue M, Hagihara M.
J Clin Pharm Ther. 46(6):1792-1795. 2021

研究業績7

Preceding bortezomib administration for a certain period reduces the risk of lenalidomide-induced skin rash.
Sugi T, Mita M, Yasu T, Kubo K, Kushi R, Hanai H, Ohara S, Uchida T, Inoue M, Hagihara M.
J Clin Pharm Ther. 47(4):477-482. 2022

研究業績8

[SARS-CoV2 anti-spike IgG response following COVID-19 mRNA vaccination (BNT162b2) in patients with hematological disorders].
Hagihara M, Sugi T, Uchida T, Ohara S, Imai Y, Inoue M, Mitamura K.
Rinsho Ketsueki. 63(4):247-253. 2022

研究業績 9

Successful Elimination of SARS-CoV-2 Following Vaccination with BNT162b2 after Prolonged Viral Infection in an Immunocompromised Lymphoma Patient.
Hagihara M, Imai Y, Uchida T, Ohara S, Inoue M, Sugi T, Mitamura K.
Intern Med. 61(14):2215-2219. 2022