教育・研究

明治薬科大学教員総覧

講師:宮沢 伸介(ミヤザワ シンスケ)

-

研究室

臨床薬学部門/地域医療学

最終学歴

明治薬科大学大学院 臨床薬学修士課程(社会人コース)(1999年3月)

学位

修士(臨床薬学) (明治薬科大学:1999年)

講義科目

コミュニティファーマシー(4年次必須科目), セルフメディケーション(6年次選択科目), 地域医療コース実習・ゼミ(5年次), 地域医療コース特論(6年次), 事前実務実習(3〜4年次)

専門分野

地域医療学

研究課題

・地域医療における医薬品〔医療用医薬品、一般用医薬品〕の適正使用に関する研究 ・地域医療における薬局薬剤師の役割に関する研究 ・セルフメディケーションと薬局薬剤師の係わり方に関する研究

所属学会

日本薬学会,日本アプライド・セラピューティクス学会, 日本臨床腫瘍薬学会(JASPO), 日本医療薬学会

学会活動

日本アプライド・セラピューティクス学会評議員,  日本臨床腫瘍薬学会(JASPO)薬薬連携委員会(2012-2016.3)・総務委員会(2012-2016.3)

学内委員

研修企画実行(生涯学習)委員会(2011-),実務実習委員会(事前実習部門:2010-、保健薬局実習部門:2010-),OSCE実施委員会(2010-),進路就職支援委員会(2012-)

社会活動

【著書・出版物】拡がる大学院の社会人講座−明治薬科大学大学院臨床薬学専攻−:調剤と情報, 3, 82 (1997), 薬と食物の相互作用 薬物動態的にみた相互作用機序:単著,都薬雜誌 22, 40-44, (2000),薬と食物の相互作用 薬力学的にみた相互作用機序:単著,都薬雜誌 23, 29-33, (2001),アプライドセラピューティクス5症例解析にもとづく薬物治療:翻訳協力, じほう, (2002), 保険薬局におけるEBMの活用:単著,長野県薬誌りんどう, 3, 14 (2003),薬剤師の方に質問。「あなたの専門は何ですか?」:単著,エニフファーマウェーブ, 29, 6 (2005),薬剤師へのメッセージ ハートの大切さも忘れないでほしい:ファーマネクスト,59, 31-33, (2008), 服薬指導のポイント実践講座:共著,Pharmacy Digest, 10・11月特別合併号,4-33, (2010), 小児科領域に用いるOTC薬について〜薬局における服薬指導のポイントと今後の課題〜:共著,月刊薬事,54,97-103,(2012), 小児用OTC薬におけるトリアージのポイント:単著,日本薬剤師会雑誌,64,1463-1466,(2012), 2ページで理解する標準薬物治療ファイル,共著(日本アプライド・セラピューティクス学会編),南山堂,(2013),ビタミンKと疾患 基礎の理解と臨床への応用,共著,医薬ジャーナル社,(2014)【教育・研究】奥羽大学薬学部非常勤講師(2009/4-2010/3), NPO法人栄養衛生相談室理事(2010-), 厚生労働科学研究費補助金 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業 「医療用医薬品の添付文書の在り方及び記載要領に関する研究」研究協力者(2010−2011),文部科学省 第3回がんプロフェッショナル養成プランチーム医療合宿研修(順天堂大学,東京理科大学,立教大学,明治薬科大学 共同主催:タスクフォース担当 千葉2010/9),臨床腫瘍薬学研究会(現 日本臨床腫瘍薬学会:JASPO)ブラッシュアップセミナー&スタートアップセミナー実行委員会 副委員長(東京2011/6),公益社団法人私立大学情報教育協会平成23年度教育改革ICT戦略大会 地域医療コースにおける「実習ノートシステム」導入の取り組み(東京2011/9),関東地区調整機構認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ (明治薬科大学, 城西大学, 日本薬科大学 共同主催:タスクフォース担当:平成23年度 第13回 東京2011/11,平成24年度 第15回埼玉 2012/11,埼玉県薬剤師会主催:タスクフォース担当:平成24年度第4回 埼玉2012/6,平成25年度 第17回:埼玉県薬剤師会主催:2013/11,:タスクフォース担当,平成26年度 第13回:明治薬科大学, 城西大学, 日本薬科大学 共同主催:東京2014/11:タスクフォース担当), 平成27年度 第2回:埼玉県病院薬剤師会・埼玉県薬剤師会共催 埼玉 2015/5:タスクフォース担当,北多摩北部医療圏医療薬学研究会委員(2012−),日本臨床腫瘍薬学会JASPOスタートアップセミナー2012東京(実行委員会委員:東京2012/6),日本臨床腫瘍薬学会学術大会2014(実行委員会委員,学生向けシンポジウム 座長)【その他】北里大学薬友会代議員,明治薬科大学明薬会理事,日本薬剤師研修センター認定薬剤師(〜2012)

依頼公演

薬局薬剤師の現状と今後の展望(明治薬科大学オープンキャンパスミニ講義(東京/2012/8/25), 薬学の時間 小児科領域に用いるOTC薬(ラジオNIKKEI第1放送/2012/11/15), セルフメディケーションとは?(清瀬市健康大学/東京/2014/5/23), セルフメディケーションについて考えよう!(NPO法人 栄養衛生相談室/東京/2015/4/12)

研究業績1

K.Ohno, S.Miyazawa, M.Hashiguchi, T.Unemoto, A.Itoh, H.Echizen, T.Rikihisa, H.Ogata and M.Murata, Establishing a Comprehensive Questionnaire for Detecting Drug-induced Extrapyramidal Symptoms,YAKUGAKU ZASSHI, 123, 881-886,2003

研究業績2

医療用医薬品の添付文書の在り方及び記載要領に関する研究,共著,厚生労働省科学研究費補助金 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業 平成20年度〜22年度総合研究報告書,1-41,2011

研究業績3

医療用医薬品添付文書における「薬物動態」の項に関する記載要領の検討,遠藤一司 宮沢伸介 上田育代,厚生労働省科学研究費補助金 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業 平成22年度総括研究報告書,90-96,2011

研究業績4

Yamazaki N, Iizuka R, Miyazawa S, Wada Y, Shimokawa K, Ishii F., Selection of generic preparations of famotidine orally disintegrating tablets for use in unit-dose packages.,Drug Discov Ther.,6,263-268,2012

このページの上へ