研究

研究室

教授:前田 英紀(マエダ ヒデキ)

役職名

教授

研究室

臨床薬学部門/レギュラトリーサイエンス

最終学歴

慶応義塾大学大学院薬学研究科薬科学専攻博士課程(2015年3月)

学位

博士(薬科学)

講義科目

医薬品開発、レギュラトリーサイエンス、臨床開発コース、海外医療研修コース

専門分野

医薬品開発、製造販売後臨床活動、レギュラトリーサイエンス

研究課題

臨床開発、製造販売後臨床活動、メディカルアフェアーズ、抗がん剤の開発、レギュラトリーサイエンス

所属学会

日本薬学会、レギュラトリーサイエンス学会、日本臨床腫瘍学会、日本薬剤疫学会、日本薬史学会、日本臨床試験学会、日本医療薬学会、日本臨床薬理学会、DIA(Drug Information Association)、ASCPT(American Society for Clinical Pharmacology & Therapeutics)、ASCO (American Society of Clinical Oncology)

学会活動

抗悪性腫瘍薬開発フォーラム幹事、レギュラトリーサイエンス学会評議員、日本薬学会代議員、日本臨床腫瘍学会協議員、日本薬剤疫学会プログラム委員(2021年)、DIA Advisory Council Japan、DIA student observer

学内委員

進路就職支援委員会、教務委員会、研究倫理委員会

学外活動

慶応義塾大学薬学部非常勤講師、岐阜薬科大学大学院非常勤講師

依頼講演

「抗悪性腫瘍剤の臨床試験のプロトコル立案」17th Annual Meeting DIA(2020年 オンライン)、「医薬品リスク評価の基礎知識」医療安全基礎講座(2020年 オンライン)、「わが国の製薬企業におけるMA 機能の現状と将来展望 製薬企業におけるMA機能のあるべき姿は何か」レギュラトリーサイエンス財団(2016年 東京)、「Approaches to First In Human Studies, Early and Exploratory Clinical Studies in Japan by Japanese Pharmaceutical Companies.」10th Annual Meeting DIA(2013年 東京)、「ビスホスホン酸の臨床試験に対するSDVについて」第3回CRCセミナー(2001年 千葉)

研究業績1

Maeda H. Japan’s special approval for emergency system during the COVID-19 pandemic. Clin Pharmacol Ther 2021: doi.org/10.1002/cpt.2310

研究業績2

Maeda H, Fukuda Y, Uchida M. Assessment of Drugs Approved by Public Knowledge-Based Applications (Kouchi-shinsei) During the Last Two Decades in Japan. Clin Pharmacol Ther 2021 Oct;110(4):1127-1135. doi: 10.1002/cpt.2332.

研究業績3

Maeda H, Takeda K, Urushihara H, Kurokawa T. Searching for potential surrogate endpoints of overall survival in clinical trials for patients with prostate cancer. Cancer Report 2021: doi/10.1002/cnr2.1334.

研究業績4

Maeda H. Medical affairs in pharmaceutical companies and related pharmaceutical regulations in Japan. Front Med 2021: DOI: 10.3389/fmed.2021.672095.

研究業績5

Maeda H, Kurokawa T. Acceptance of surrogate endpoints in clinical trials supporting approval of drugs for cancer treatment by the Japanese regulatory agency. Ann Oncol 2015; 26: 211-216.

研究業績6

Maeda H, Kurokawa T. Recent trends for drug lag in clinical development of oncology drugs in Japan: does the oncology drug lag still exist in Japan? Int J Clin Oncol 2015; 20: 1072-1080.

研究業績7

Maeda H, Kurokawa T. Differences in maximum tolerated doses and approval doses of molecularly targeted oncology drug between Japan and Western countries. Invest New Drugs 2014; 32(4): 661-669.

研究業績8

前田英紀.泌尿器癌における抗癌剤の開発戦略と臨床試験の変遷および課題.癌と化学療法 2021; 48(1) 27-34.

研究業績9

前田英紀,黒川達夫.日本における抗癌剤開発とガイドラインの歴史.薬史学雑誌 2014; 49: 196-214.

研究業績10

前田英紀.早期・探索的臨床研究の実際-医薬品開発をリードする国の1つとして-日本企業における日本でのFIH,早期・探索的臨床試験への取り組み.臨床医薬 2014; 30: 835-840.