研究

研究室

助教:松永 和磨(マツナガ カズマ)

役職名

助教

研究室

有機合成化学

最終学歴

明治薬科大学大学院薬学研究科博士課程(後期)(2016年3月)

学位

博士(薬科学)(明治薬科大学:2016年)

専門分野

有機合成化学

研究課題

生物活性を有する複雑な天然有機化合物の合成, および新規合成手法の開発

所属学会

日本薬学会

受賞歴

明治薬科大学ハイテクリサーチセンター開設4周年記念講演会 優秀ポスター発表賞 (2011), 日本薬学会133年会 (横浜) 優秀発表賞 (ポスター) (2013), 日本薬学会134年会 (熊本) 優秀発表賞 (2014)

研究業績1

Novel PDC catalyzed oxidative rearrangement of tertiary allylic alcohols to β-substituted enones
Matsunaga K., Hirajima H., Kishida A., Takatori K., Nagaoka H.
Tetrahedron Lett., 56, 5941–5944 (2015).

研究業績2

Synthesis of Methylenebicyclo[3.2.1]octanol by a Sm(II)-Induced 1,2-Rearrangement Reaction with Ring Expansion of Methylenebicyclo[4.2.0]octanone
Takatori K., Ota, S., Tendo K., Matsunaga K., Nagasawa K., Watanabe S., Kishida A., Kogen H., Nagaoka H.
Org. Lett., 19, 3763–3766 (2017).

研究業績3

Synthesis of 6,6-dimethyltricyclo[5.4.0.02,8]undecane-2,9-diol for (ent-)longipinane-type sesquiterpenoids using two types of radical cyclization reactions
Matsunaga K., Takatori K., Kogen H., Saito N.
Tetrahedron Lett., 59, 3872–3875 (2018).

研究業績4

Total Synthesis of (±)-Marsupellins A and B via Acetoxymarsupellone Using an Intramolecular Reductive Cyclization of Epoxycyanohydrin Derivative with Cp2TiI
Matsunaga K., Saito N., Kogen H., Takatori K.
Org. Lett., 21, 6054–6057 (2019).