研究

研究室

助教:永井 純子(ナガイ ジュンコ)

研究室

医療分子解析学

最終学歴

明治薬科大学大学院薬学研究科薬学専攻博士課程 (2018年3月)

学位

博士(薬学) (明治薬科大学: 2018年)

所属学会

日本緩和医療学会、日本緩和医療薬学会、日本医薬品安全性学会、情報計算化学生物学会(CBI学会)、日本医療薬学会、日本薬学会、日本薬理学会

依頼公演

CBI学会2017年大会「医薬品の副作用データに基づく定量的構造活性相関」 (東京, 2017)

受賞歴

平成27年度全国済生会病院薬剤師会優秀論文賞 (2016)

講義科目

臨床薬学基礎実習、事前実務実習、病院薬学コース特論・演習

学内委員

OSCE実施委員会

社会活動

平成30年度第12回関東地区調整機構認定実務実習指導薬剤師のためのアドバンストワークショップ タスクフォース

研究業績1

Quantitative structure-cytotoxicity relationship of 3-(N-cyclicamino)chromone derivatives: Shi H, Nagai J, Sakatsume T, Bandow K, Okudaira N, Uesawa Y, Sakagami H, Tomomura M, Tomomura A, Takao K, Sugita Y, Anticancer Research, 38, 4459-4467 (2018). 参照情報

研究業績2

Quantitative structure-cytotoxicity relationship of pyrano[4,3-b]chromones: Nagai J, Shi H, Kubota Y, Bandow K, Okudaira N, Uesawa Y, Sakagami H, Tomomura M, Tomomura A, Takao K, Sugita Y, Anticancer Research, 38, 4449-4457 (2018). 参照情報

研究業績3

Quantitative structure–cytotoxicity relationship of 2-(N-cyclicamino)chromone derivatives: Shi H, Nagai J, Sakatsume T, Bandow K, Okudaira N, Sakagami H, Tomomura M, Tomomura A, Uesawa Y, Takao K, Sugita Y, Anticancer Research, 38, 3897-3906 (2018). 参照情報

研究業績4

Analysis of physicochemical properties of drugs included in anticholinergic rating scales: Nagai J, Kagaya H, Uesawa Y, Chem-Bio Informatics Journal, 18, 1-9 (2018). 参照情報

研究業績5

Characterization of the Adverse Effects Induced by Acetaminophen and Non-steroidal Anti-Inflammatory Drugs based on the Analysis of the Japanese Adverse Drug Event Report Database: Nagai J, Uesawa Y, Shimamura R, Kagaya H, Clinical Journal of Pain, 33(8) 667-675(2017). 参照情報

研究業績6

副作用データベースに基づくオキシコドンの副作用発現傾向の解析. 永井純子, 植沢芳広, 加賀谷肇, Palliative Care Research, 10, 161-168 (2015). 参照情報

研究業績7

わが国の医薬品副作用データベースに基づく強オピオイドによる副作用の特徴解析―モルヒネ・フェンタニル・オキシコドンによる副作用の発現傾向と特徴―. 永井純子, 植沢芳広, 加賀谷肇, Palliative Care Research, 10, 113-119 (2015). 参照情報