教育・研究

明治薬科大学教員総覧

教授:佐藤 光利(サトウ ミツトシ)

-

研究室

臨床薬学部門/医薬品安全性学

最終学歴

東京大学大学院薬学系研究科博士課程(1990年3月)

学位

薬学博士(東京大学:1990年)

講義科目

医薬品開発、臨床開発コース実習・演習

専門分野

医薬品安全性学、応用薬理学、生理学、臨床薬学

研究課題

医薬品の安全使用および副作用対策に関する研究

所属学会

日本薬学会、応用薬理研究会、日本医薬品安全性学会、日本医療安全学会、日本臨床医学リスクマネジメント学会、日本薬理学会、日本臨床薬理学会、日本医療薬学会、日本眼薬理学会、日本再生医療学会、日本腎臓学会、日本循環器学会、日本神経精神薬理学会、レギュラトリーサイエンス学会、医薬安全性研究会、日本平滑筋学会、鎮痛薬・オピオイドペプチド研究会、日本病院薬剤師会、日本薬剤師会、Canadian Society of Hospital Pharmacists (カナダ病院薬剤師会)

学会活動

応用薬理研究会(理事)、日本医薬品安全性学会(理事)、日本医療安全学会(理事)、日本臨床医学リスクマネジメント学会(評議員)、日本薬理学会(評議員)、日本眼薬理学会(評議員)

学内委員

入試広報委員会、早期体験学習委員会

社会活動

一般社団法人薬局共創未来人財育成機構薬剤師生涯研修センター認定委員会委員長、東邦大学医療センター佐倉病院安全管理委員会委員, 千葉県一般用医薬品登録販売者外部研修委員、 第14改正日本薬局方解説書.鈴木郁生 編集委員長.広川書店(2001). 2002年版 「薬剤師のための常用医薬品情報集」, p133-233, 広川書店, 東京(2002). 薬学教育は変わりはじめた-薬学部教員と医療現場薬剤師との連携-, p35, 薬事新報社, 東京 (2002). 新薬創製への招待-創薬から市販後臨床試験まで-, p77-92, p170-185, 共立出版, 東京 (2003). 生物薬科学実験講座7-情報伝達物質-, p1-22, 広川書店, 東京 (2005). 基礎医学シリーズ 目で見る薬理学入門 第2版 vol.2 高血圧・他の治療薬(39分).医学映像教育センター,東京 (2005). 基礎医学シリーズ 目で見る薬理学入門 第2版 vol.11 中枢神経作用薬(U)(39分).医学映像教育センター,東京 (2006). 基礎医学シリーズ 目で見る薬理学入門 第2版 vol.12 中枢神経作用薬(V)(34分).医学映像教育センター,東京 (2006). New医薬品の安全性学, p323-343, 広川書店, 東京 (2006). PHARMACOTHERAPY: A Pathophysiologic Approach 6th Edition, ブレーン出版, 東京 (2007). 登録販売者受験テキスト, p50-129, p236-284, オーム社, 東京 (2008). 登録販売者受験問題集, p46-93, オーム社, 東京 (2008). 実務実習事前学習テキスト, p361-392, ネオメディカル社, 横浜 (2009). 登録販売者のための実務ポケットブック, p15-136, オーム社, 東京 (2009). 医薬品登録販売者資格講座, p43-97, エルイーエス社, 東京 (2009). 改定New医薬品の安全性学, p139-162, p163-216, 広川書店, 東京 (2010). 新薬創製への招待−創薬から市販後の監視まで−改訂新版. p77-92, p170-185, 共立出版, 東京 (2013). 抗菌薬の適正使用による薬剤耐性菌制御〜シプロフロキサシン注射薬の投与法に関する検討〜, p102-107, 医薬ジャーナル社, 大阪 (2013).

依頼公演

脳と神経調節機構の生理学. 東邦大学薬学部卒後教育講座(招待講演), 船橋, 2004.4., 腎移植患者における免疫抑制薬ミコフェノール酸モフェチル血中濃度測定とその意義. 第9回千葉TDMセミナー(招待講演), 千葉, 2006.9., 大学における医薬品安全管理教育の事例. 医療技術安全教育セミナー, 東京, 2008.1., ジェネリック医薬品の薬剤学上および臨床薬理学上の問題点. 薬理学セミナー, 那覇, 2008.11., 抗体医薬品を理解するための薬剤師の基礎知識−抗体医薬品の臨床使用の実際−. 東邦大学薬学部生涯学習講座(招待講演), 船橋, 2011.10., 薬剤師と共に考える医療安全−薬の安全性を向上するために−. 東邦大学薬学部公開講座(招待講演), 船橋, 2011.10., 大学における医薬品安全管理教育研究に対する取り組み. 第1回日本医療安全学会学術総会(招待講演), 東京, 2014.9.

研究業績1

M. Satoh, R. Oguro, C. Yamanaka, K. Takada, Y. Matsuura, T. Akiba, N. Aotsuka, Y. Tani and H. Wakita: Clinical assessment of bortezomib for multiple myeloma in comparison with thalidomide. J. Pharm. Pharmaceut. Sci., 14, 78-89 (2011).

研究業績2

S. Yasuda, T. Hasegawa, T. Hosono, M. Satoh, K. Watanabe, K. Ono, S. Shimizu, T. Hayakawa, T. Yamaguchi, K. Suzuki and Y. Sato: AW551984: a novel regulator of cardiomyogenesis from pluripotent embryonic cells. Biochem. J., 437, 345-355, (2011).

研究業績3

M. Shinada, F. Narumi, Y. Osada, K. Matsumoto, T. Yoshida, K. Higuchi, T. Kawasaki, H. Tanaka and M. Satoh: Synthesis of phenserine analogues and evaluation of their cholinesterase inhibitory activities. Bioorganic & Medicinal Chem., 20, 4901-4914 (2012).

研究業績4

H. Doi, R. Sakakibara, M. Satoh, T. Masaka, M. Kishi, A. Tateno, F. Tateno, Y. Tsuyusaki and O. Takahashi: Plasma levodopa peak delay and impaired gastric emptying in Parkinson's disease. J. Neurol. Sci., 319, 86-88 (2012).

研究業績5

H. Tanaka, M. Arai, Y. Tomoda, T. Wada, K. Yago and M. Satoh: Evaluation of renal adverse effects of combination anti-retroviral therapy including tenofovir in HIV-infected Patients. J. Pharm. Pharmaceut. Sci., 16, 405-413 (2013).

研究業績6

H. Doi, R. Sakakibara, M. Satoh, S. Hirai, T. Masaka, M. Kishi, Y. Tsuyusaki, A. Tateno, F. Tateno, O. Takahashi and T. Ogata: Nizatidine ameliorates gastroparesis in Parkinson’s disease: A pilot study. Movement Disorder, 1-4 (2013).

研究業績7

H. Doi, R. Sakakibara, M. Satoh, S. Hirai, T. Masaka, M. Kishi, Y. Tsuyusaki, A. Tateno, F. Tateno, O. Takahashi and T. Ogata: Dietary herb extract Rikkunshi-to ameliorates gastroparesis in Parkinson’s disease: A pilot study. Eur. Neurol., 71, 193-195 (2014).

研究業績8

H. Tanaka, T. Wada, Y. Takayama, K. Matsumoto, K. Atsuda and M. Satoh: Evaluation of the efficacy and safety of changes in antiretroviral regimens for HIV-infected patients. J. Pharm. Pharmaceut. Sci., 17, 316-323 (2014).

研究業績9

H. Tanaka, H. Inano, T. Wada, M. Satoh, K. Atsuda and T. Yoshio: Potential for drug interactions between raltegravir and metal-containing formulations. Pharmacometrics, 88, 15-21 (2015).

研究業績10

M. Satoh, A Kuzuu, H. Doi, T. Masaka and R. Sakakibara: Monitoring of blood L-DOPA and L-DOPA metabolite concentrations and adverse events in patients with advanced Parkinson’s disease receiving L-DOPA and amantadine combination therapy: A clinical study. Res. Rev. J. Pharm. Pharmaceut. Sci., 4, 88-96 (2015).

このページの上へ