研究

研究室

講師:宮嶋 篤志(ミヤジマ アツシ)

研究室

薬剤学

最終学歴

千葉大学大学院薬学研究院創薬生命科学専攻後期3年博士課程(2009年3月)

学位

博士(薬学) (千葉大学:2009年)

講義科目

薬物動態解析学、臨床開発コース特論・演習、臨床薬学基礎実習、事前実務実習(前期・後期)

専門分野

生物薬剤学、薬物動態学

研究課題

*新規製剤開発の薬物動態評価(イベルメクチン全身浴法等)
*部分血流抑制が局所薬剤曝露に与える影響(頭部冷却による抗癌剤性脱毛予防等)

所属学会

日本薬学会、日本薬物動態学会、日本医療薬学会、日本TDM学会、日本がんサポーティブケア学会、日本アカデミックディテーリング研究会

学会活動

疥癬診療ガイドライン(第4版)作成委員会 委員(~2018)、日本がんサポーティブケア学会 新規薬剤小委員会 委員(2019~2020)、日本がんサポーティブケア学会 新規医療情報委員会 委員(2021~)、日本アカデミック・ディテーリング研究会基礎薬学部会部会員(2022~)

学内委員会

OSCE実施委員会(2019.4~)、出版委員会(2019.4~)、留学生委員会(2020.4~)、ハラスメント防止委員会(2021.12~2022.04)、国家試験・CBT対策委員会(2021.4~)、学外実務実習委員会(2022.4~)

研究業績1

簡易懸濁法の器具および手技がストロメクトール®錠の投与量に及ぼす影響. 医療薬学2012年, 38巻2号78-86頁.

研究業績2

経鼻チューブを使用した経管投与がストロメクトール®錠の投与量に及ぼす影響. 医療薬学 2014年, 40巻9号515-521頁.

研究業績3

Experimental study of pharmacokinetics of external, whole body bathing application of ivermectin. J. Dermatol. 2015, 42: 87-89.

研究業績4

Effect of high fat intake on the pharmacokinetic profile of ivermectin in rabbits. Drug Metab. Pharmacokinet., 2015; 30: 253-256.

研究業績5

Mechanism for transport of ivermectin to the stratum corneum in rats. Drug Metab. Pharmacokinet.,30, 385-390 (2015).

研究業績6

Effect of high fat meal intake on the pharmacokinetic profile of ivermectin in Japanese patients with scabies. J. Dermatol., 2016, 43, 1030-1036.

研究業績7

Efficacy and safety of a combination regimen of phenothrin and ivermectin lotion in patients with head lice in Okinawa, Japan. J Dermatol, 47, 720-727 (2020)

研究業績8

Efficacy and safety of a modified combination regimen of phenothrin and ivermectin lotion in patients with head lice in Tsukuba, Japan.J Cutan Immunol Allergy,4:4–12(2021).

研究業績9

Case series of elderly patients with scabies topically applied with ivermectin via whole-body bathing. J Dermatol, 2021, Online ahead of print.doi: 10.1111/1346-8138.15746.

研究業績10

Population differences in S-warfarin pharmacokinetics among African Americans, Asians and whites: their influence on pharmacogenetic dosing algorithms. Pharmacogenomics J., 2016 Aug 9. doi: 10.1038/tpj.2016.57.