教育・研究

明治薬科大学教員総覧

助教:宮嶋 篤志(ミヤジマ アツシ)

-

研究室

薬剤学

最終学歴

千葉大学大学院薬学研究院創薬生命科学専攻後期3年博士課程(2009年3月)

学位

博士(薬学) (千葉大学:2009年)

講義科目

薬剤基礎実習、臨床薬学基礎実習、後期事前実務実習、薬剤学III

専門分野

薬物動態学

研究課題

新規外用剤の開発および皮膚吸収に評価に関する研究

所属学会

日本薬学会、日本薬物動態学会、日本医療薬学会、日本TDM学会

学会活動

疥癬診療ガイドライン(第4版)作成委員会 委員

研究業績1

簡易懸濁法の器具および手技がストロメクトール?錠の投与量に及ぼす影響. 医療薬学., 38,78-86 (2012).

研究業績2

経鼻チューブを使用した経管投与がストロメクトール?錠の投与量に及ぼす影響. 医療薬学., 40, 515-521 (2014).

研究業績3

Experimental study of pharmacokinetics of external, whole body bathing application of ivermectin. J. Dermatol.,42, 87-89 (2015).

研究業績4

Dysfunction of blood pressure regulation in hyperhomocyteinemia model in rats. J. Toxicol. Sci., 40, 211-221 (2015).

研究業績5

Effect of high fat intake on the pharmacokinetic profile of ivermectin in rabbits. Drug Metab. Pharmacokinet., 30, 253-256 (2015).

研究業績6

Mechanism for transport of ivermectin to the stratum corneum in rats. Drug Metab. Pharmacokinet., 30, 385-390 (2015).

研究業績7

Effect of high fat meal intake on the pharmacokinetic profile of ivermectin in Japanese patients with scabies. J. Dermatol., 2016. In press.

研究業績8

Effects of all trans-retinoic acid on alveolar regeneration and its relationship to exposure in mice. Bio. Pharm. Bull., 39, 927-934 (2016).

研究業績9

Effect of tiopronin on excretion of homocysteine and its plasma exposure level in rats. Drug Metab. Pharmacokinet, 31, 249-251 (2016).

研究業績10

Pharmacokinetics of ivermectin applied topically by whole-body bathing method in healthy volunteers. J. Dermatol.,44, 406-413 (2017).

このページの上へ