薬剤学教室では

薬の効果・副作用は何故患者さん毎に異なるのか?
私達は薬物血中濃度遺伝子情報を利用し、薬物が体内に吸収され効果を発現するまでの個々の過程において、個人差をおこす原因とその影響の程度を明確にしたいと考えています。
このような研究を通して、患者さんの状況(病態や併用薬等)に応じた最適な薬物投与計画“薬学の視点”から提案することを目指しています。

line_shinme01
教授/高橋晴美

助教/宮嶋篤志