トップページにもどる

若手の研究発表

1. 日本薬学会生物系薬学部会ファーマ・バイオフォーラム2006年12月9日

#1. 工藤晃太(学部3年)

若手研究発表奨励賞受賞

KeyMolnetによる統合失調症とうつ病の分子機序の比較解析

#2. 三澤多真子(大学院博士1年)

神経幹細胞でオーファン核内受容体Nurr1により発現誘導される遺伝子群のネットワーク解析

2. 日本薬学会第128年会2008年3月26-28日

#1. 椎名有葵(学部4年)

デュシェンヌ型筋ジストロフィー患者におけるoxandroloneの分子機序:KeyMolnetによる解析

ハイライト

#2. 尾林信哉(大学院博士1年)

ヒト神経前駆細胞からアストロサイトへの分化を制御する転写因子ID1とDLL1

#3. 大隅貴美子(大学院修士1年)

ヒト神経系細胞におけるインターフェロンベータによるISG15化タンパク質の発現誘導

#4. 住吉健太(大学院修士1年)

プロテインマイクロアレイによる神経突起伸長抑制因子NIG結合タンパク質の網羅的解析

#2. 野島陽水(大学院修士1年)

Bombyx mori model for pharmacological application

3. The JSPS 3rd Medicinary Chemistry Seminar of Asia/Africa
Science Platform 2012年12月4日

#1. 川名夏生(学部4年)

Bombyx mori model for medical application