2015年度配属希望の学生さんへ

本研究室は社会と医療や健康に関連する幅広いテーマで研究を行っています。 個人でテーマを決めて研究に取り組む事が多いので、自分のペースで進められる一方で、 計画性と実行力が求められます。 ゼロから研究をスタートする意欲のある学生、データ解析の手法を身につけたい学生、主体的に取り組む学生を歓迎します。

2014年度の研究テーマ
◎医療情報データベースを使って、医薬品の効果(有効性)、副作用(安全性)、費用(経済性)について評価・検討をします。
◎薬局や病院の薬剤師の先生とともに調査・研究を行います。具体的には、薬剤師の活動と患者アウトカム(服薬コンプライアンスや副作用など)の関係を明らかにする研究をしています。
◎清瀬市内の小学校に訪問し、セーフティ研究室や保健の時間に、飲酒・喫煙・薬物乱用について授業をします。学校の先生とともに授業を組み立て実践します。
◎薬剤師の役割を広げる研究<英語を使い服薬指導の実践をしたり、海外の薬剤師のついて文献調査する>

※ 割り当てられたテーマごとに各自のペースで進めています。

セミナー

週1回、セミナーを行う。学生たちで予定を組みます。

内容 (2014年度)
@医療統計の基礎知識について復習(4月〜6月)
 テキスト「医療統計わかりません(東京図書出版)」
A研究内容について報告
パワーポイントを使って順番に発表
B数回ほど、「此村ゼミ」(大学院生)
テーマは研究室352まで聞きに来て!

興味・関心のある人は351・352まで!