研究業績<2012年>

1)原著論文
Akazawa M, Nomura K, Kusama M, Igarashi A. Drug utilization reviews by community pharmacists in Japan: Identification of potential safety concerns through the Brown Bag program. Value in Health Regional Issues 1:98-104, 2012.

草間真紀子,赤沢学,津谷喜一郎.医療機関における採用医薬品集作成と医薬品採否に関する実態調査 −過去10年間の変遷を踏まえて−.臨床薬理 43(1):43-9,2012.

赤沢学,野村香織.英国における地域薬剤師の高度業務から学ぶブラウンバッグ運動の新しい方向性―リスクコミュニケーションへの応用―.医薬品情報学 14:69-74, 2012.


2)国内学会
<日本薬学会第132年会,2012/3,札幌>
赤沢学,野村香織.英国における薬局薬剤師の高度業務から学ぶブラウンバッグ運動の新しい方向性.
 スライド(PDF)

横田仁美龍野浜美,笠原徳子,草間真紀子,庄野あい子赤沢学.糖尿病患者への薬剤師の療養指導を定量的に評価するためのチェックリスト作成.
 スライド(PDF)

龍野浜美横田仁美,笠原徳子,草間真紀子,庄野あい子赤沢学.薬局薬剤師による糖尿病患者への療養指導の内容とその効果.
 スライド(PDF)

張家嫺,草間真紀子,赤沢学,折井孝男,太田かおり.スタチン薬使用における併用薬と筋障害に関する薬剤疫学研究.
 ポスター(PDF)

<第33回日本臨床薬理学会学術総会,2012/11,沖縄>
此村恵子赤沢学.高脂血症用剤の使用成績調査等データベースを使用した副作用定義の妥当性評価.
 スライド(PDF)


3)国際学会
<28th ICPE,2012/8,スペイン・バルセロナ>
Chang CH, Kusama M, Akazawa M, Yang YHK. Assessment of statin-associated severe muscle toxicity in Japan: A cohort study by using a claims database and laboratory information.
 スライド(PDF)

Shono A, Obara T, Kuriyama S, Akazawa M. Methodology on study using administrative data of selective serotonin reuptake inhibitors (SSRIs) during pregnancy and the risk of infants.