薬物治療学教室について

薬物治療学教室では、病院の医師と共同研究を行い、実験的手法や統計的手法を用いて、薬物の効果や副作用の個人差要因を解明するという臨床的なテーマの解決に挑んでいます。

的確な薬の使い方を遺伝子レベルで研究

概念図同量の薬を飲んでも効果の出方には個人により大きな差があります。
この原因には、成長や加齢、病気、栄養、その他の薬との相互作用(飲み合わせ)などの要因が大きな関与をしていますが、薬が患者の体内に入ってから出て行くまでの道筋、つまり吸収、分布、分解、尿排泄、の各段階における薬の輸送や分解に関係している機能タンパク質の遺伝子レベルでの個人差も重要であることが解明されています。
我々の研究室では薬の効果に個人差が生じる原因を多方向から追求することで、どの患者にも副作用なく最高の効果を発揮するための薬物治療を研究しています。

主要な研究テーマ

臨床的な薬物相互作用を試験管内での代謝実験から予測する研究
循環器疾患治療薬の効果と副作用における薬物動態と感受性の個人差に関する研究
腎排泄トランスポーター活性の評価法と個人差に関する研究