6-2: 特別講演・学外講師リスト


昭和50年(1975年)に大学院薬学研究科薬学専攻修士課程がスタートしました。これに伴い薬化学特論が開講され、平成21年度(2009年度)まで継続して本特論講義が実施されました。この間、多数の学外講師を招聘し、最先端の研究成果について紹介していただきました。なお、薬学教育制度の改革に伴い、本学では平成22年度(2010年度)から大学院薬学研究科・生命創薬科学専攻が設置され、薬化学特論は
医薬品化学特論Aに名称変更されました。

久保陽德教授は20044月に学長に就任され、新たな体制がスタートしました。以下に平成16年(2004年)以降、大学院講義をお願いした先生方の年度別リストを示します。

年度

外部講師名(所属)敬称略

2004

石川 勉(千葉大院薬)、川端猛夫(京大・化研)

2005

鎌滝哲也(北大院薬)

2006

加藤 正(東北薬大)、大和隆志(エーザイ)、Euis Holisotan Hakim (ITB)

2007

西田篤司(千葉大院薬)

2008

該当なし

2009

西川俊夫(名大院農)

2010

該当なし

2011

徳山英利(東北大院薬)、横山祐作(東邦大薬)

薬化学教室ホームページトップメニューへ
6.大学院メニューへ
6-2-1 学内専用
薬化学特論学外講師詳細へ