3-2.学術記事・著書(2004年~)

  1. 齋藤直樹:スパイス、爆薬、医薬品 世界を変えた17の化学物質(新刊紹介)、ファルマシア、48、p. 267 (2012)
  2. 森 裕志、松田敏夫、宮田直樹、山添 康、有賀寛芳、齋藤直樹、:ベランダ(座談会)みんなで育てよう!薬学会学術誌、ファルマシア、47, 112-117 (2011)
  3. 齋藤直樹:薬学維新 スタートライン:薬学教育・新しい大学院博士前期(修士)課程、ファルマシア、46, pp 345-347 (2010)
  4. 齋藤直樹:ファルマシア特集号編集後記、ファルマシア、46, p 912 (2010)
  5. 齋藤直樹:スタンダード薬学シリーズ3 化学系薬学I 化学物質の性質と反応(第2版)、日本薬学会編集、第14章アミン、pp. 306-317、東京化学同人(2009)
  6. 齋藤直樹:マクマリー有機化学-生体反応へのアプローチ、第10 &14章、柴﨑正勝、岩澤伸治、大和田智彦、増野匡彦 監修、東京化学同人(2009)
  7. 齋藤直樹:千葉大学ブックレット 千葉の健康3 患者中心の医療を実現する 千葉大学亥鼻IPEから(新刊紹介)、ファルマシア、45, p 880 (2009)
  8. 齋藤直樹:天然物の全合成 2000~2008(新刊紹介)、ファルマシア、45, p 1108 (2009)
  9. 齋藤直樹:困ったときの有機化学、ファルマシア、45, p 1268 (2009)
  10. 齋藤直樹、前澤綾子:アジア向けプログラムを中心とした学振の国際事業の展開、薬学雑誌、129, pp 385-386 (2009).
  11. 齋藤直樹:(インタビュー)日本最高齢で薬学博士号を取得:亀高素吉、ファルマシア、45, pp 111-114 (2009).
  12. 齋藤直樹:よくある質問 立体化学入門(新刊紹介)、ファルマシア、44、p. 964 (2008)
  13. 齋藤直樹:生物有機化学 生物活性物質を中心として(新刊紹介)、ファルマシア、44、p. 1084 (2008)
  14. 齋藤直樹:薬事日報「特集:日本薬学会第128年会」、わが国独自の薬学研究と医療薬学の新しい潮流、3月21日 (2008)
  15. 齋藤直樹:(講義室)コワイものみたさ、ファルマシア、43, p 48 (2007)
  16. 齋藤直樹:(談話室)思い出のガラス細工、ファルマシア、43, p 224 (2007)
  17. 横屋正志:(新刊紹介)有機人名反応、そのしくみとポイント、ファルマシア、42, p 46 (2006)
  18. 磯部稔、大和隆志、永次史、齋藤直樹:(ベランダ)ポストゲノム時代における有機化学、ファルマシア、42, p 415-420 (2006)
  19. 齋藤直樹:(新刊紹介)演習で学ぶ有機化学反応機構―大学院入試から最先端までー、ファルマシア、42, p 399 (2006)
  20. 齋藤直樹:(新刊紹介)電子の動きで見る有機反応のしくみ、ファルマシア、42, p 462 (2006)
  21. 齋藤直樹:知っておきたい有機化学100、日本薬学会編集、V. カルボニルの反応、pp. 8–117、東京化学同人(2005)
  22. 齋藤直樹:(新刊紹介)新化学読本 化ける、変わるを学ぶ、ファルマシア、41, p 740 (2005)
  23. 齋藤直樹:スタンダード薬学シリーズ3 化学系薬学I 化学物質の性質と反応、日本薬学会編集、第14章アミン、pp. 306-317、東京化学同人(2004)
5 薬化学教室トップページへ