welcome

“あらたな治療薬と薬物治療感受性マーカーの開発を目指して” 

効率のよい安全な薬物治療の実現が強く望まれています。

薬物の動態や作用機序・その個体差の解明が大きく進んでいます。

同時に、あらたな優れた治療薬やより良い薬物治療感受性マーカーが臨床の場では求められています。

当教室では、疾患の構造や動態を担う重要な因子を再評価あるいは発見し、優れた薬物治療の実現を追求していきます。