教授 長浜 正巳(ながはま まさみ)
研究テーマ AAAファミリータンパク質の機能解析
好きなもの 海の魚を見ること、テニス
苦手なもの ニンジンと牛乳
ひとこと 世界に認知される一流の研究成果を明治薬科大学から発信したいと
考えています。野心あふれる学生諸君の参加を歓迎します。

教授挨拶

 細胞生物学は、細胞の機能する仕組みを分子レベルで解明する学問です。細胞の中では、タンパク質や核酸を始めとした様々な生体分子が互いに相互作用し、その結果として多様な生物反応が起こります。AAAファミリータンパク質は、リボソームや小胞体など細胞内小器官の構築に重要な役割を果たす分子シャペロンです。私たちは、核内に存在するAAAファミリータンパク質の一種であるNVL2の機能を明らかにしようと日々研究に励んでいます。
 医薬品の開発には、細胞生物学の知識と経験は欠かせません。近年、タンパク質製剤の開発がどんどん増えていますし、有機合成化合物を医薬品にする場合でも、細胞にどのような分子機構で作用するのかを明らかにしない限り、医薬品として認可されません。私たちは、動物細胞を用いてタンパク質の機能を調べるという、極めて基礎的な研究を進めていますが、ここで得られる知識と経験は、医薬品開発にも必ず生かされるものです。
 2009年のノーベル化学賞は、「リボソームの構造と機能
」に対して贈られました。私たちが現在進めているプロジェクトの一つである「リボソーム生合成におけるNVL2の役割」は、新しい治療薬開発という観点からも興味深い研究テーマです。リボソームの構成タンパク質と発癌との関係も明らかになってきており、私たちが行なっているような基礎研究は、診断法や治療法の開発にもつながる可能性があります。
 2009年の研究室立ち上げ以降、メンバーも徐々に増え、 世界がアッと驚くような実験データも出て来ました。生物学は非常に地道な学問ですが、世界が認める大発見をしたい!!という学生諸君の参加を心待ちにしています。是非気軽に遊びにいらして下さい。

お問い合わせはnagahama●my-pharm.ac.jpまで
※お手数ですが、●を@に変えてください。


助教 石田 洋一(いしだ よういち)
研究テーマ プロテオーム解析を用いたRNA代謝機構の解析
がん予防に有用な高機能性食品成分の作用機序解析
プロテオーム解析を用いたがん診断マーカーの探索
好きなもの 読書(佐藤亜紀、茨木のり子)、お茶、お酒(日本酒、モルトなんでも可)
阪神タイガース、タンパク質と質量分析
苦手なもの ゴキブリ、歯医者、読売ジャイアンツ、タンパク質と質量分析
ひとこと 研究は楽しく♪(ラクではない)、研究に没頭してみませんか?

助教挨拶

 プロテオーム解析は、現代生物学にとっては極めて有用な研究手法です。2つ(或いは複数)のサンプル間におけるタンパク質発現の違いを網羅的に検出し、発現変動を示すタンパク質を質量分析計で同定するという手法は、私たちが行なっているような基礎研究から、疾病に対する診断・治療法開発のような応用研究まで、幅広い分野で活用されています。プロテオーム解析のような特殊技術を身につけることは、多大な努力を必要としますが、将来、生物系で研究職を希望しているのでしたら、強力な武器になることは間違いありません。田中耕一先生(島津製作所)の2002年ノーベル化学賞受賞は、生物学におけるプロテオーム解析の重要性を示す一例です。

 研究(サイエンス)の醍醐味は、「生物」や「化学」の不思議に想いを馳せ、なぜそうなるのかを理解することにあります。元来、サイエンスは、発祥の地であるヨーロッパでは貴族階級の知的遊戯でした。私は、将来自分の研究が創薬に繋がることを意識しながら、研究者の心の底から純粋に湧き出てくる知的好奇心と遊び心を大切にしています。サイエンスは、ただ単位や学位の取得のためにあるのではなく、純粋に「楽しむ」ためにあります。当教室の研究テーマやプロテオーム解析に興味が湧きましたら、一度気軽に遊びにいらして下さい。

お問い合わせはishida●my-pharm.ac.jpまで
※お手数ですが、●を@に変えてください。


博士1年 須藤 遥(すどう はるか)
研究テーマ 新規RNAポリアデニル化複合体の相互作用解析
好きなもの 器械体操、新体操
苦手なもの 飛行機
ひとこと スポーツは楽しい!!

博士1年 平石 伸宏(ひらいし のぶひろ)
研究テーマ 新規RNA代謝複合体の同定と機能解析
好きなもの 散歩、映画、バスケットボール
苦手なもの 実験、勉強、論文
ひとこと よろしくお願いします。

修士2年 宇野 秀謙(うの ひであき)
研究テーマ 新規ポリアデニル化タンパク質に対する特異抗体の作製と機能解析
好きなもの 半額弁当
苦手なもの 早寝早起き、お酒
ひとこと なし

修士1年 館 雄一(たて ゆういち)
研究テーマ RNA代謝関連因子のプロテオーム解析
好きなもの 写真、バイク
苦手なもの おばけ
ひとこと カメックスじゃないから

修士1年 斉藤 充昭(さいとう みつあき)
研究テーマ 新規NVL2制御タンパク質の相互作用解析
好きなもの 歌うこと、お酒
苦手なもの 細かい作業
ひとこと よろしくお願いします。

学部4年 小山 英明(こやま ひであき)
研究テーマ Imaging cytometerを用いた核内RNA代謝機構の解析
好きなもの バスケ
苦手なもの 何が問題なのかわからないこと
ひとこと 何なんだ、ちみは!

卒業生
2013年卒
修士 清水 達哉(しみずたつや)
研究テーマ NVL2が制御するリボソーム生合成機構の解析
好きなもの ピアノ演奏、音楽鑑賞、映画鑑賞
苦手なもの 足のない虫と足の多い虫
ひとこと 細胞にも歌を聴かせています

修士 野崎 彩(のざきあや)
研究テーマ 新規RNAポリアデニル化複合体の機能解析
好きなもの お料理、絵
苦手なもの 面倒くさいこと
ひとこと 頑張ってます。。。

学士 鈴木 駿友(すずき はやと)
研究テーマ プロテオーム解析を用いたリボソーム生合成機構の解析
好きなもの 睡眠、アニメ、ゲーム
苦手なもの 実験、勉強、論文
ひとこと MSと一夜を明かした仲です

2010年卒
学士 小林 勇太(こばやし ゆうた)
研究テーマ 新規RNA代謝関連複合体の探索
好きなもの 海外ドラマ、インターネット、マンガ
苦手なもの テキパキした行動
ひとこと 明日の自分に期待

2009年卒
博士 藤澤 大輔(ふじさわ だいすけ)
研究テーマ NVL2結合タンパク質の網羅的解析
好きなもの テニス、ドライブ、小動物、夢をもっている人
苦手なもの きゅうり、米酒、巨人
ひとこと 前任教授の残党です。

学士 菅原 好陽(すがわら よしはる)
研究テーマ RNA代謝に関わるタンパク質複合体の構成因子解析
好きなもの 焼肉、学食のパイナップル、じゃがりこ
苦手なもの 早起き、家事全般
ひとこと 新しい研究室ですので、活気あふれる研究室にしていきましょう。

博士課程 吉勝 雄希(よしかつ ゆうき)
研究テーマ NVL2のリボソーム生合成制御機構の解析
好きなもの 読書(推理小説をメインに、詩集、エッセイなど何でも読む)
おまけ(菓子やジュースについてる小物)
苦手なもの 掃除、整理整頓、きれいな字を書くこと
ひとこと 実験は楽しい


トップページへ戻る