NEWS
  • HOME
  • NEWS
  • 平成28年度 清瀬アカデミア(清瀬市と市内三大学連携事業)の開催

NEWS

平成28年度 清瀬アカデミア(清瀬市と市内三大学連携事業)の開催

2016/11/18

平成28年11月16日(水)、清瀬市役所生涯学習センター7階(アミューホール)において、清瀬市と日本社会事業大学、明治薬科大学、国立看護大学校の市内三大学との連携事業「清瀬アカデミア」を開催いたしました。
今年度のテーマは、「在宅医療・介護のあり方」とし、地域包括ケアシステムの構築に向けた医療と介護連携について、地域医療に従事している医師の講演と、行政と大学のパネルディスカッションを行いました。会場では、一般市民や医療・介護施設関係者が多数参加し、行政の取り組みや各大学の特色を活かした講演に熱心に聞き入っておりました。

平成28年度 清瀬市と市内三大学連携事業 「清瀬アカデミア」
■テーマ:「在宅医療・介護のあり方」
○基調講演:「清瀬市が取り組む地域包括ケアシステム」
        平野 功 氏 (一般社団法人清瀬市医師会会長/清瀬市医療・介護連携推進協議会会長)
○パネルディスカッション
    [コーデイネーター]
        下垣 光(日本社会事業大学教授・社会福祉学部長)
    [パネリスト]
        平野 功(一般社団法人清瀬市医師会会長/清瀬市医療・介護連携推進協議会会長)
        中島正登(明治薬科大学附属薬局管理薬剤師)
        嶋津多恵子(国立看護大学校教授)
        中澤弘行(清瀬市副市長)


 

 

 

このページの上へ