NEWS

臨床遺伝学公開シンポジウム2018の開催

2019.01.11

平成30年12月14日(金)、臨床遺伝学研究室(櫻庭 均 教授)では、「遺伝性難病克服に向けたCooperation」をテーマに「公開シンポジウム2018」を総合教育研究棟フロネシスで開催いたしました。学外の大学・製薬企業・研究所から多くの研究者が集まり、最新の研究事例について発表が行われました。参加者同士で活発な意見交換がなされ、遺伝性難病研究に実りあるシンポジウムとなりました。

開会を宣言する 櫻庭 均 教授

石井啓太郎 学長の挨拶

奥山 徹 理事長の挨拶

関係者との記念写真〔左から、石井学長、櫻庭教授、青木一正氏(東京都医学総合研究所)、奥山理事長〕