NEWS

ファブリー病治療のための新規酵素(改変型NAGA)の遺伝子治療薬開発に関するお知らせ(寄付講座 臨床遺伝学)

2018.12.19

公益財団法人東京都医学総合研究所、学校法人明治薬科大学、(株)アルティフ・ラボラトリーズは、共同で開発したファブリー病治療のための新規酵素(改変型NAGA)の遺伝子治療薬開発をオランダuniQure社とライセンス契約を締結し、開発に着手しました。

(プレスリリース).pdf

(東京都医学総合研究所)

http://www.igakuken.or.jp/topics/2018/1127.html