NEWS

薬用植物園「温室」の設置について

2018.11.30

平成30年11月19日(月)明治薬科大学では、薬用植物園の一画に温室を設置しました。この温室では、室温を保つために2kWのヒーターを常時使用します。温室の年間電力消費量は、6,600kWhと予想されておりますが、自然エネルギーを活用した「太陽光発電システム」を利用することで、必要な電力量を十分に確保することができます。

薬用植物園は、薬用の植物に直に触れることのできる教育研究用の施設です。一般の見学者に無料で公開しています。

薬用植物園内「温室」

温室内部

コーヒーノキ

太陽光発電システム(東門駐車場エリア)