NEWS

日本薬学会第138年会(金沢)において、本学の学生が優秀発表者賞を受賞しました。

2018.05.24

2018年3月25日(日)から3月28日(木)まで、石川県金沢市で開催された日本薬学会第138年会において、本学学生4名が優秀発表賞を受賞しました。

【大学院】

○深野顕人  大学院薬学専攻博士課程(4年制)3年生

受賞演題:SLC10A1/NTCPのトラフィッキング制御を標的とした新規B型肝炎ウイルス感染阻害戦略

所属:分析化学

  指導教員:小笠原 裕樹 教授

○高橋一希  大学院生命創薬科学専攻博士課程(前期)1年生

受賞演題:経口吸収性の向上を指向したCu-GTSMナノ結晶製剤の開発

所属:分子製剤学

  指導教員:深水 啓朗 教授

【学部】

○大橋健人  生命創薬科学科4年生

受賞演題:低周波ラマン分光法を用いた改良型ナノスポット法の汎用性検討

所属:分子製剤学

  指導教員:深水 啓朗 教授

○山村泰駿  薬学科4年生

受賞演題:高血圧患者におけるグレート・合併症別の治療効果

所属:公衆衛生・疫学

  指導教員:赤沢 学 教授

(所属、学年、指導教員は受賞当時のものです。)

(日本薬学会第138年会)

http://nenkai.pharm.or.jp/138/web/prize.html