大学院[薬学研究科]

薬学専攻

概要

分野、専攻科目と研究室

薬学専攻は、医療薬学分野、基礎薬学分野の2分野で構成されています。医療薬学分野と基礎薬学分野は7つの専攻科目でそれぞれ構成されており、各専攻科目を構成する研究室と指導教員は下表のとおりです。大学院生は個々の研究室に所属し、研究指導を受けます。 

薬学専攻 専攻科目・指導教員と研究室

[ 医療薬学分野 ]
専攻科目 指導教員 研究室名
薬物治療学 越前 宏俊 教授 薬物治療学
庄司 優 教授 薬効学
病態生理学 石橋 賢一 教授 病態生理学
薬剤疫学 赤沢 学 教授 公衆衛生・疫学
薬物動態学 高橋 晴美 教授 薬剤学
薬剤学 花田 和彦 教授 薬物動態学
植沢 芳広 教授 医療分子解析学
医薬品情報学 大野 恵子 教授 薬剤情報解析学
臨床漢方 矢久保 修嗣 教授 臨床漢方
総合医療薬学 三田 充男 教授 総合臨床薬学教育研究講座
高野 伊知郎 教授
松井 勝彦 教授
[ 基礎薬学分野 ]
専攻科目 指導教員 研究室名
感染制御学 森田 雄二 教授 感染制御学
衛生科学 石井 一行 教授 衛生化学
分析化学 小笠原 裕樹 教授 分析化学
兎川 忠靖 教授 生体機能分析学
分子病態学 紺谷 圏二 教授 生化学
分子製剤学 深水 啓朗 教授 分子製剤学
機能性化学 杉山 重夫 教授 機能分子化学

医療薬学分野では、主に社会で薬剤師が遭遇する広範な課題を研究分野とし、その成果を社会に還元し実践的に問題を解決することを研究領域の中心に据え、基礎および医療薬学分野の教室が基礎および臨床科学の研究手法を習得した薬剤師研究者(pharmacist scientist)の養成を行うと共に社会科学であるレギュラトリーサイエンスや薬剤疫学の研究者養成を目的とします。

研究概要と関連論文

越前宏俊教授・医学博士、小川竜一准教授・博士(臨床薬学)、高橋雅弘助教・博士(臨床薬学)
  1. 薬物治療のモデル&シミュレーション研究
    ・小児薬用量の予測研究
    ・薬物代謝酵素阻害による相互作用予測の研究
  2. 循環器領域の薬物治療の個人差要因を解明するためのPK/PD/PGx研究
  3. 臓器障害患者の用法・用量に関する医薬品添付文書情報の評価
  4. ヒトの薬物代謝酵素活性を内因性物質の動態により予測する方法論の検討
  5. Clinical Question の解決を目的とした文献的・統計的考察に関する研究
  1. Shimizu T, Momose Y, Ogawa R, Takahashi M, Echizen H. Impact of Pharmacists' audit on improving the quality of prescription of dabigatran etexilate methanesulfonate: a retrospective study. J Pharm Health Care Sci. 3: 4 (2017).
  2. Takahashi M, Echizen H. Authors' reply to Dr. Bailey's commentary: Predicting clinical relevance of grapefruit-drug interactions: A complicated process. J Clin Pharm Ther, 42;800-1, 2017.
  3. Tatsuzawa M, Ogawa R, Kinjo N, Kim S, Shimizu F, Sakamoto Y, Shimojima K, Echizen H, Miyazaki A.: Consequences of Different Corticosteroids on Serum Potassium and Prostate-Specific Antigen in Patients Receiving Abiraterone for Castration-Resistant Prostate Cancer: A Retrospective Observational Study. Clin Med Insights Oncol. 2017;11:1179554917737736.
庄司優教授・医学博士

「疾患の構造や動態を担う重要な因子を発見あるいは再評価し、優れた治療薬と薬効マーカーの開発を通じて、よりよい薬物治療の実現を追求する」ことを研究テーマとし、以下の4研究プロジェクトを進めている。

  1. 小細胞肺癌におけるバゾプレシン発現機序と腫瘍崩壊症候群の病態的意義を解明し、優れた薬物治療への応用を目指す。
  2. 生体の薬物感受性制御機構、特に、G蛋白質共役型受容体の生理的・病理的・薬理的変動機構の解明と創薬・薬物治療への応用を目指す。
  3. 新たな治療薬や治療効果の指標等に関する臨床研究を推進する。
  1. Iwashita N., Nara N., Sato R., Nakatogawa T., Kobayashi S., Zama S., Mita M., Hishinuma S. and Shoji M. Differential regulation of plasma copeptin levels in patients with heart failure: a single-center prospective study. Tohoku J Exp Med, 239, 213-221.(2016). doi: 10.1620/tjem.239.213.
  2. Ohta T., Mita M., Hishinuma S., Ishii-Nozawa R., Takahashi K. and Shoji M. Inhibition of Ectopic arginine vasopressin production by phenytoin in the small cell lung cancer cell line Lu-165. Front Endocrinol, doi: 10.3389/fendo.2017.00094.
  3. Toriumi S., Nakazawa K., Shoji M. Effect of antiemetic agents on hiccups during chemotherapy in patients with lung cancer. Pharmacology Pharmacy (in press).
石橋賢一教授・博士(医学)、田中靖子講師・博士(医学)

薬剤によるアクアポリン(水チャネル)の制御と病態への関与:新規治療法の開発

  • アクアポリンによる血液脳関門の制御(脳浮腫治療)
  • リポゾーム発現系によるアクアポリン2阻害薬のスクリーニング
  • 尿中エクソゾームのアクアポリン2の分泌制御(尿バイオマーカー)
  • アクアポリンによる皮膚機能調節(保湿と再生)
  • アクアポリンによる脂質代謝調節(グリセリン輸送)
  • アクアポリン11欠損マウス(多発性のう胞腎)の病態解析と治療薬スクリーニング
  1. Tanaka Y, Watari M, Saito T, Morishita Y, Ishibashi K. Enhanced Autophagy in Polycystic Kidneys of AQP11 Null Mice. Int. J. Mol. Sci., 17, 1993 (2016).
  2. Saito T, Tanaka Y, Morishita Y, Ishibashi K. Proteomic analysis of AQP11-null kidney: Proximal tubular type polycystic kidney disease. Biochem Biophys Rep, 13, 17-21 (2017).
  3. Ishibashi K, Morishita Y, Tanaka Y. The Evolutionary Aspects of Aquaporin Family. Adv Exp Med Biol. 969, 35-50 (2017).
赤沢学教授・PhD(公衆衛生学)、庄野あい子講師・博士(ヒューマン・ケア科学)

薬剤疫学・薬剤経済学の手法を用いた下記の研究に取り組んでいる。

  1. 医療情報データベースを用いたアウトカム研究として
    1. 医薬品の副作用リスクの評価
    2. 医薬品の適正使用、実態調査
    3. 疾病関連医療費の推計
  2. 薬剤師の積極的関与に関する方策として
    1. 医療機関における医薬品採用、使用実態に関する調査研究
    2. 長期処方患者への薬剤師中間介入研究
    3. 高齢者のポリファーマシー、不適切処方の調査研究
  3. ヘルスサービスリサーチ研究として
    1. 医薬品やワクチンの費用効果分析
    2. 薬剤師サービスの費用効果分析
  1. Akazawa M, Mikami A, Tamura Y, Yanagi N, Yamamura S, Ogata H. Establishing a Pharmacy-Based Patient Registry System: A Pilot Study for Evaluating Pharmacist Intervention for Patients with Long-Term Medication Use. Pharmacy (Basel). 2018 Jan 25;6(1). pii: E12. 
  2. Konomura K, Nagai H, Akazawa M. Economic burden of community-acquired pneumonia among elderly patients: a Japanese perspective. Pneumonia (Nathan). 2017 Dec 5;9:19.
  3. Prasert V, Akazawa M, Shono A, Chanjaruporn F, Ploylearmsang C, Muangyim K, Wattanapongsatit T, Sutin U. Applying the Lists of Risk Drugs for Thai Elderly (LRDTE) as a mechanism to account for patient age and medicine severity in assessing potentially inappropriate medication use. Res Social Adm Pharm. 2017 May 23. pii: S1551-7411(17)30497-7.
高橋晴美教授・博士(薬学)、宮嶋篤志助教・博士(薬学)

研究テーマ「薬物の治療効果に認められる個体差の要因解明とその克服法の開発」

  1. 薬物の体内動態(PK)と感受性(PD)に関する個体差発現要因の解明
    1. 抗凝固薬
      In vivo/in vitro系における相互作用発現メカニズムとその定量的予測:抗凝固薬のPK/PDに及ぼす各種抗癌剤の影響
    2. 本態性血小板血症治療薬
      ① non-responderに対する薬物のPK/PD関連因子の影響と血小板動態の定量的予測
  2. 薬物のPK/PDに認められる個体差の克服方法の検討 Population Pharmacokinetics法を利用した個体差の定量化と最適治療法の開発
  3. 皮膚感染症治療薬の新規投与方法と迅速診断法の開発
  1. Population differences in S-warfarin pharmacokinetics among African Americans, Asians and whites: their influence on pharmacogenetic dosing algorithms. Kubo K, Ohara M, Tachikawa M, Cavallari LH, Lee MTM, Wen MS, Scordo MG, Nutescu EA, Perera MA, Miyajima A, Kaneko N, Pengo V, Padrini R, Chen YT, Takahashi H. Pharmacogenomics J., 17, 494-500 (2017). 
  2. Correlations between the enantio- and regio-selective metabolisms of warfarin. Takahashi H, Ohara M, Shibata S, Lee MTM, Cavallari LH, Nutescu EA, Scordo MG, Pengo V, Padrini R, Atsuda K, Matsubara H, Chen YT, Echizen H, Pharmacogenomics 18, 133-142 (2017).
  3. Genetic variants associated with warfarin dose in African-American individuals: a genome-wide association study. Perera MA, Cavallari LH, Limdi NA, Gamazon ER, Konkashbaev A, Daneshjou R, Pluzhnikov A, Crawford DC, Wang J, Liu N, Tatonetti N, Bourgeois S, Takahashi H, Bradford Y, Burkley BM, Desnick RJ, Halperin JL, Khalifa SI, Langaee TY, Lubitz SA, Nutescu EA, Oetjens M, Shahin MH, Patel SR, Sagreiya H, Tector M, Weck KE, Rieder MJ, Scott SA, Wu AHB, Burmester JK, Wadelius M, Deloukas P, Wagner MJ, Mushiroda T, Kubo M, Roden DM, Cox NJ, Altman RB, Klein TE, Nakamura Y, Johnson JA, Lancet. 382, 790-796 (2013).
花田和彦教授・博士(薬学)、池上洋二准教授・薬学博士、佐野和美准教授・博士(薬学)、髙島勇基助手

「薬物治療における効果・副作用発現の個体間差および個体内差を生じる要因を解明し、解決する」ことをメインテーマとして、以下の研究を主に展開している。

  1. 抗凝固薬の個別化治療法提案のための研究
  2. 定量的システム薬理学を利用した薬物動態と薬力学に関する研究
  3. 疾患時における薬物代謝酵素及びトランスポーターの発現変動・機能変化に関する研究
  4. 新規がん分子標的治療薬に対する耐性メカニズムの解明
  5. 分子標的薬の動態解析および薬物有害事象の解明
  1. Role of nuclear receptors on the expression of cytochrome P450s and drug transporters in patients with chronic hepatitis C: Hanada K, Nakai K, Tanaka H, Suzuki F, Kumada H, Ohno Y, et al., Drug Metab. Pharmacokinet. 27, 301-306 (2012).
  2. A quantitative LC/MSMS method for determination of edoxaban, a Xa inhibitor, and its pharmacokinetic application in patients after total knee arthroplasty: Hanada K, Matsumoto SI, Shibata S, Matsubara H, Tsukimura Y, Takahashi H. Biomed Chromatogr. in press (2018). 
  3. Pharmacokinetic parameters of gefitinib predict efficacy and toxicity in patients with advanced non-small cell lung cancer harboring EGFR mutations: Mizoguchi K, Nakamura Y, Sano K, Sato S, Ikegami Y, Motoshima K, et al., Cancer Chemother. Pharmacol., 78, 377-382 (2016)
植沢芳広教授・博士(薬学)、永井純子助教・博士(薬学)

研究テーマ「医療データに対する計算機科学的なアプローチにより、臨床応用可能な知見の創出を目指す」

  1. 化学構造情報に基づく医薬品・化学品の生理活性予測
    1. 薬効
    2. 副作用・毒性発現リスク
    3. 薬物体内動態
  2. 人工知能を駆使した有害性発現経路の解析
    1. 化学構造に基づく分子起始反応の予測
    2. 毒性・副作用発現機序の解明
  3. 多変量解析およびデータマイニング手法を用いた副作用発現因子の探索
    1. 患者背景因子
    2. 医薬品および併用薬の影響
    3. ドラッグリポジショニング
  1. Quantitative Structure-Cytotoxicity Relationship of Cinnamic Acid Phenetyl Esters: Uesawa Y, Sakagami H, Okudaira N, Toda K, Takao K, Kagaya H, Sugita Y, Anticancer Research, 38:817-823(2018)
  2. High-Performance Prediction of Human Estrogen Receptor Agonists Based on Chemical Structures,Asako Y,Uesawa Y, Molecules, 23;22: E675(2017)
  3. Characterization of the Adverse Effects Induced by Acetaminophen and Non-steroidal Anti-Inflammatory Drugs based on the Analysis of the Japanese Adverse Drug Event Report Database:Nagai J, Uesawa Y,Kagaya H, Clinical Journal of Pain, 33:667-675(2017)
大野恵子教授・臨床薬学博士

市販後の医薬品が適正に使用されるように、医薬品情報の収集、評価、提供・提案などを行う。

  1. 医薬品の有効性並びに副作用に関する情報を統計学的または実験的に検証する。
  2. 医薬品の適正使用のための方法論の確立、およびその妥当性の臨床的評価を行う。
  1. Iketani R, Ohno K, Kawasaki Y, Matsumoto K, Yamada H and Kishino S, Apolipoprotein E gene polymorphisms affect the efficacy of thiazolidinediones for Alzheimer's disease: a systematic review and meta-analysis. Biol. Pharm. Bull., in press.
  2. Ishida Y, Murai K, Yamaguchi K, Miyagishima T, Shindo M, Ogawa K, Nagashima f, Sato S, Watanabe R, Yamamoto S, Hirose T, Saitou S, Yonezumi M, Kondo T, Kato Y, Mochizuki N, Ohno K, Kishino S, Kubo K, Oyake T and Ito S, Inter-Michinoku Dasatinib Study Group, Pharmacokinetics and pharmacodynamics of dasatinib in the chronic phase of newly diagnosed chronic myeloid leukemia, Eur. J. Clin. Pharmacol., 72, 185-193 (2016).
  3. Suzuki Y, Itoh H, Fujioka T, Sato F, Kawasaki K, Sato Y, Sato Y, Ohno K, Mimata H and Kishino S, Association of plasma concentration of 4β-hydroxycholesterol with CYP3A5 polymorphism and plasma concentration of indoxyl sulfate in stable kidney transplant recipients, Drug Metab. Dispos., 42, 105-110 (2014).
矢久保修嗣教授・医学博士、馬場正樹准教授・博士(薬学)
  1. 漢方の国際標準化と標準的漢方治療を学習するシステムの構築
  2. 混合物解析の漢方方剤や天然素材への応用 ~NMRメタボロミクス、MSなど~
  3. 疾病や未病期における漢方方剤や天然薬物の有用性の検討
  4. 漢方方剤の成分変化に関する研究
  5. 漢方方剤に用いられる生薬の成分及び薬理に関する研究
  1. Shuji Yakubo, Michiho Ito, Yukiko Ueda, Hideki Okamoto, Yoko Kimura, Yosuke Amano, Toshihiro Togo, Hideki Adachi, Tadatoshi Mitsuma, Kenji Watanabe: Pattern Classification in Kampo Medecine. ECAM 2014: 535146. DOI: 10.1155 /2014 /535146.
  2. Fukuda E., Uesawa Y., Baba M., Suzuki R., Fukuda T., Shirataki Y. and Okada Y., Identification of the Country of Growth of Sophora flavescens using Direct Analysis in Real Time Mass Spectrometry (DART). Natural Product Communications 9, 1591-1594 (2014).
  3. Shuji Yakubo, Yukiko Ueda, Shogo Ishino, Hideki Adachi, Yasutomo Arashima, Takao Namiki, Takashi Nakayama, Kazufumi Yamanaka, Kiyotaka Matsushita, Motoko Tamura: The development of an abdominal palpitation model for the Fukushin Simulator: towards improvement and standardization of Kampo abdominal diagnosis. Int Med J 21(2): 1-4, 2014.