大学院[薬学研究科]

薬学専攻

概要

薬学専攻における分野、研究室

薬学専攻は、医療薬学分野、基礎薬学分野の2分野で構成されています。各分野を構成する研究室と指導教員は下表のとおりです。大学院生は個々の研究室に所属し、研究指導を受けます。

薬学専攻 研究室と指導教員

[ 医療薬学分野 ]
研究室 指導教員
薬物治療学 櫛山 暁史 教授
病態生理学 石橋 賢一 教授
公衆衛生・疫学 赤沢 学 教授
薬剤学 小林 カオル 教授
薬物動態学 花田 和彦 教授
医療分子解析学 植沢 芳広 教授
薬剤情報解析学 大野 恵子 教授
臨床漢方 矢久保 修嗣 教授
総合臨床薬学教育研究講座 三田 充男 教授
高野 伊知郎 教授
松井 勝彦 教授
[ 基礎薬学分野 ]
研究室 指導教員
環境衛生学 服部 研之 教授
分析化学 小笠原 裕樹 教授
生体機能分析学 兎川 忠靖 教授
感染制御学 森田 雄二 教授
生化学 紺谷 圏二 教授
薬効学 菱沼 滋 教授
分子製剤学 深水 啓朗 教授
機能分子化学 杉山 重夫 教授
薬化学 山中 正道 教授

医療薬学分野では、主に社会で薬剤師が遭遇する広範な課題を研究分野とし、その成果を社会に還元し実践的に問題を解決することを研究領域の中心に据え、医療薬学分野の研究室が臨床科学の研究手法を習得した薬剤師研究者(pharmacist scientist)の養成を行うと共に、社会科学であるレギュラトリーサイエンスや薬剤疫学の研究者養成を目的とします。

研究概要と関連論文

櫛山暁史教授・医学博士(内科学)・糖尿病専門医、高橋雅弘助教・博士(臨床薬学)
  1. 生活習慣病治療の選択および効果に影響を与える要因および背景の検討
    1. 医療施設データを用いた臨床研究
    2. 生活習慣病関連新規血清マーカーの探索
  2. 生活習慣病の発症予防を目指した創薬のための基礎的検討
    1. 抗動脈硬化薬
    2. 糖尿病合併症治療薬
    3. 肥満症治療薬
  3. 薬物の物理化学的特性に基づく薬物の動態・効果・副作用の予測研究
  4. テーラーメイド医療の実現に向けた薬物血中濃度、薬物代謝酵素活性の測定系構築
  5. Clinical Question の解決を目的とした文献的研究
  1. Takahashi M, Shibasaki M, Echizen H, Kushiyama A. Comparisons between dipeptidyl peptidase-4 inhibitors and other classes of hypoglycemic drugs using two distinct biomarkers of pancreatic beta-cell function: A meta-analysis. PLoS One. 2020 Jul 24;15(7):e0236603. doi: 10.1371/journal.pone.0236603. PMID: 32706828; PMCID: PMC7380634.
  2. Takao T, Takahashi K, Yoshida Y, Kushiyama A, Onishi Y, Tahara T, Shimmei A, Kikuchi T, Suka M, Yanagisawa H, Iwamoto Y, Kasuga M. Effect of postprandial hyperglycemia at clinic visits on the incidence of retinopathy in patients with type 2 diabetes: An analysis using real-world long-term follow-up data. J Diabetes Investig. 2020 Jul;11(4):930-937. doi: 10.1111/jdi.13194. Epub 2020 Jan 2. PMID: 31811705; PMCID: PMC7378435.
  3. Mizuno Y, Yamamotoya T, Nakatsu Y, Ueda K, Matsunaga Y, Inoue MK, Sakoda H, Fujishiro M, Ono H, Kikuchi T, Takahashi M, Morii K, Sasaki K, Masaki T, Asano T, Kushiyama A. Xanthine Oxidase Inhibitor Febuxostat Exerts an Anti-Inflammatory Action and Protects against Diabetic Nephropathy Development in KK-Ay Obese Diabetic Mice. Int J Mol Sci. 2019 Sep 21;20(19):4680. doi:10.3390/ijms20194680. PMID: 31546603; PMCID: PMC6801943.
石橋賢一教授・博士(医学)、田中靖子講師・博士(医学)

アクアポリン(水チャネル)の制御と病態への関与:薬剤による制御と新規治療法開発

  • アクアポリン11欠損マウス(多発性のう胞腎)の病態解析と治療薬開発
  • アクアポリンによる血液脳関門の制御(脳梗塞後の脳浮腫治療)と治療薬開発
  • 絶食によるアクアポリン制御と病態解析:糖代謝と脂質代謝調節
  • アクアポリンによる近位尿細管の過酸化水素輸送と活性酸素制御:腎保護薬の開発
  • アクアポリンによる皮膚機能調節:保湿と再生加速
  • マイクロRNAによるアクアポリン発現調節
  1. Ishibashi K, Tanaka Y, Morishita Y. The role of mammalian superaquaporins inside the cell: An update. Biochemica et Biophysica Acta (BBA)-Biomembranes In press
  2. Koike S, Tanaka Y, Morishita Y, Ishibashi K. Effects of osmolality on the expression of brain aquaporins in AQP11-null mice. Biochimie In press
  3. Ishibashi K, Tanaka Y, Morishita Y. Perspectives on the evolution of aquaporin superfamily. Vitam Horm. 2020; 112: 1-27.
赤沢学教授・PhD(公衆衛生学)、酒井良子 准教授 博士(医学)MPH
  1. 薬剤疫学研究
    1. 前糖尿病から糖尿病への推移予測と疾患負荷の国際比較
    2. 大規模レセプトデータを使用したリウマチ性疾患の診療実態解明のための薬剤疫学研究
    3. 心房細動治療による出血イベント発生後の抗凝固薬投与に関する検討(国際共同研究)
    4. 我が国の関節リウマチ診療の標準化に関する臨床疫学研究
    5. 難治性・希少免疫疾患におけるアンメットニーズの把握とその解決に向けた研究
  2. 薬剤経済学研究
    1. 進行膵癌に対するがん化学療法の費用対効果に関する検討
    2. 薬剤耐性(AMR)による疾病負荷推計と抗菌薬適正使用の経済的有効性に関する検討
    3. 医薬品・医療機器等の費用対効果評価における公的分析と公的意思決定方法に関する研究
  3. ヘルスサービス研究
    1. 医療機関における医薬品の採用と適正使用に関する調査
    2. 低血糖と栄養障害との関連性における研究
    3. 薬剤師による処方変更提案の採用の有無に関する実態調査
  1. Kimura Y, Kimura N, Akazawa M. Increased nutrition-related risk as an independent predictor of the incidence of hypoglycemia in the hospitalized older individuals with type 2 diabetes: a single-center cohort study. Diabetol Int. 2021. doi: 10.1007/s13340-021-00499-1
  2. Ueda A, Toki S, Kitayama C, Akazawa M. Reduction in the Doses of Direct Oral Anticoagulants and Risk of Ischemic Stroke Events: A Hospital Survey. Biol Pharm Bull. 2020;43(7):1135-1140. doi: 10.1248/bpb.b19-00798.
  3. Sakai R, Honda S, Tanaka E, Majima M, Konda N, Takada H, and Harigai M. The risk of hospitalized infection in patients with systemic lupus erythematosus treated with hydroxychloroquine. Lupus. 2020;29(13):1712-1718. doi: 10.1177/0961203320952853
小林カオル教授・博士(薬学)、宮嶋篤志講師・博士(薬学)

研究テーマ「薬物の代謝・動態を基盤とした薬物治療の適正化」

  1. 薬物動態関連因子ヒト化動物を用いた薬物動態予測モデルの構築
    1. 核内受容体を介した薬物代謝・動態の変動予測
    2. 小腸代謝による個人差・個人内変動の定量的予測
    3. 薬物間相互作用における個人差と遺伝子多型の関連性解析
  2. 医薬品による副作用および毒性発現に関する研究
    1. 薬物の生体内代謝による毒性発現メカニズムの解明
    2. 薬物間相互作用による副作用発現メカニズムの解明
  3. 新規投与方法・製剤・支持療法適用時の薬物動態評価
    1. 疥癬に対する新規イベルメクチン投与方法(全身浴法)の開発
    2. ハイドロゲルを用いたトラマドール貼付剤の開発
    3. 頭皮冷却が皮膚・毛髪中抗がん剤濃度に与える影響
  1. Nuclear receptor phosphorylation in xenobiotic signal transduction. Negishi M, Kobayashi K, Sakuma T, Sueyoshi T. J Biol Chem 295, 15210-15225 (2020).
  2. CYP3A4 induction in the liver and intestine of PXR/CYP3A-humanized mice: approaches by mass spectrometry imaging and portal blood analysis. Kobayashi K, Kuze J, Abe S, Takehara S, Minegishi G, Igarashi K, Kitajima S, Kanno J, Yamamoto T, Oshimura M, Kazuki Y. Mol Pharmacol 96, 600-608 (2019).
  3. Characterization of P-glycoprotein Humanized Mice Generated by Chromosome Engineering Technology: Its Utility for Prediction of Drug Distribution to the Brain in Humans. Yamasaki Y, Kobayashi K, Okuya F, Kajitani N, Kazuki K, Abe S, Takehara S, Ito S, Ogata S, Uemura T, Ohtsuki S, Minegishi G, Akita H, Chiba K, Oshimura M, Kazuki Y. Drug Metab Dispos 46, 1756-1766 (2018).
花田和彦教授・博士(薬学)

「薬物治療における効果・副作用発現の個体間差および個体内差を生じる要因を解明し、解決する」ことをメインテーマとして、以下の研究を主に展開している。

  1. 定量的システム薬理学を利用した薬物動態と薬力学に関する研究
  2. 抗がん剤、感染症治療薬、抗凝固薬の個別化治療法提案のための研究
  3. 疾患時における薬物代謝酵素及びトランスポーターの発現変動・機能変化に関する研究
  4. 抗酸菌症の薬物動態・薬力学・副作用の関係の解析
  5. がん分子標的薬の動態解析および薬物有害事象の解明
  6. 血中非結合形薬物濃度に基づいた個別投与設計法に関する検討
  1. Population Pharmacokinetic Analysis and Dose Regimen Optimization in Japanese Infants with an Extremely Low Birth Weight: Sasano H, Aoki K, Arakawa R, Hanada K, Antimicrob Agents Chemother. 2021;65(3):e02523-20.
  2. Population pharmacokinetics and renal toxicity of cisplatin in cancer patients with renal dysfunction: Morita-Ogawa T, Sugita H, Minami H, Yamaguchi T, Hanada K. Cancer Chemother. Pharmacol., 2020;86(4):559-566.
  3. Minocycline prevents and repairs the skin disorder associated with afatinib, one of the epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitors for non-small cell lung cancer: Sano K, Nakadate K, Hanada K, BMC Cancer. 2020;20(1):279.
植沢芳広教授・博士(薬学)

研究テーマ「医療データに対する計算機科学的なアプローチにより、臨床応用可能な知見の創出を目指す」

  1. 化学構造情報に基づく医薬品・化学品の生理活性予測
    1. 薬効
    2. 副作用・毒性発現リスク
    3. 薬物体内動態
  2. 人工知能を駆使した有害性発現経路の解析
    1. 化学構造に基づく分子起始反応の予測
    2. 毒性・副作用発現機序の解明
  3. 多変量解析およびデータマイニング手法を用いた副作用発現因子の探索
    1. 患者背景因子
    2. 医薬品および併用薬の影響
    3. ドラッグリポジショニング
  1. DeepSnap-Deep Learning Approach Predicts Progesterone Receptor Antagonist Activity With High Performance. Matsuzaka Y,Uesawa Y. Front Bioeng Biotechnol. 2020 22;7:485.
  2. A Toxicity Prediction Tool for Potential Agonist/Antagonist Activities in Molecular Initiating Events Based on Chemical Structures. Kurosaki K, Wu R, Uesawa Y. Int J Mol Sci. 2020 23;21:7853.
  3. Predicting blood-to-plasma concentration ratios of drugs from chemical structures and volumes of distribution in humans. Mamada H, Iwamoto K, Nomura Y, Uesawa Y. Mol Divers. 2021 Feb 10.
大野恵子教授・臨床薬学博士、鈴木陽介講師・博士(薬学)、小田絢子助手・学士

市販後の医薬品が適正に使用されるために、医薬品情報の評価、提供・提案を行う。また、医薬品の適正使用につながる臨床的及び基礎的知見を明らかにする。

  1. 医薬品の有効性並びに副作用に関する情報を統計学的または実験的に検証する。
  2. 医薬品を適正使用するための方法論の確立、およびその妥当性の臨床的評価を行う。
  3. 医薬品の効果と副作用の個人差に関連する因子を探索する。
  1. Suzuki Y, Sasamoto Y, Koyama T, Yoshijima C, Nakatochi M, Kubo M, Momozawa Y, Uehara R and Ohno K, Substantially Increased Plasma Coproporphyrin-I Concentrations Associated With OATP1B1*15 Allele in Japanese General Population. Clin. Transl. Sci., 14, 382-388 (2021).
  2. Suzuki Y, Sato M, Awazuhara T, Nukui Y, Yoshida A, Terashima T, Watanabe K, Fujioka R, Tsuchihara K, Kishino S and Ohno K, Simultaneous quantification of arctigenin and its glucuronide conjugate in mouse plasma using ultra-high performance liquid chromatography coupled to tandem mass spectrometry. J. Sep. Sci., 44,1299-1306 (2021).
  3. Iketani R, Ohno K, Kawasaki Y, Matsumoto K, Yamada H and Kishino S, Apolipoprotein E gene polymorphisms affect the efficacy of thiazolidinediones for Alzheimer's disease: a systematic review and meta-analysis. Biol. Pharm. Bull., 41, 1017-1023 (2018).
矢久保修嗣教授・医学博士、馬場正樹准教授・博士(薬学)
  1. 漢方の国際標準化と標準的漢方治療を学習するシステムの構築
  2. 混合物解析の漢方方剤や天然素材への応用 ~NMRメタボロミクス、MSなど~
  3. 疾病や未病期における漢方方剤や天然薬物の有用性の検討
  4. 漢方方剤の成分変化に関する研究
  5. 漢方方剤に用いられる生薬の成分及び薬理に関する研究
  1. Shuji Yakubo, Michiho Ito, Yukiko Ueda, Hideki Okamoto, Yoko Kimura, Yosuke Amano, Toshihiro Togo, Hideki Adachi, Tadatoshi Mitsuma, Kenji Watanabe: Pattern Classification in Kampo Medecine. ECAM 2014: 535146. DOI: 10.1155 /2014 /535146.
  2. Fukuda E., Uesawa Y., Baba M., Suzuki R., Fukuda T., Shirataki Y. and Okada Y., Identification of the Country of Growth of Sophora flavescens using Direct Analysis in Real Time Mass Spectrometry (DART). Natural Product Communications 9, 1591-1594 (2014).
  3. Masaki Baba, Eriko Fukuda, Shuji Yakubo, Yukiko Ueda, Tomohiro Hattori,Yasutomo Arashima, Takao Namiki, Takashi Nakayama, Kazufumi Yamanaka, Richard S. Lavin: Modification to an abdominal diagnosis simulator to educate standard abdominal patterns of Toki-shakuyaku-San or Keishi-bukuryo-Gan in Kampo. Int Med J 26(1): 39 - 42, 2019.
三田 充男 教授・薬学博士、高野 伊知郎 教授・薬学博士、松井 勝彦 教授・薬学博士、野澤 玲子准教授・博士(薬学)、下川 健一 准教授・博士(薬学)

本講座の構成研究室は、循環薬理学(三田 教授)、医療健康科学(高野(伊) 教授)、臨床免疫学(松井 教授)、臨床神経薬理学(野澤 准教授)、医療製剤学(下川 准教授)の5つである。各研究室が全講座的な連係をとり、「免疫疾患・神経疾患・循環器疾患などの臨床上重要な疾病及び健康の維持を題材に、病態発生機構の解明・治療法の考案・薬の製剤化・食の安全確保などを通して、基礎研究から薬物治療に関する臨床研究まで広範囲にわたる医療薬学研究」をテーマとして各プロジェクトを進めている。

  1. 循環器系疾患の成因・進展のメカニズムの解明や新しい治療薬開発のため、血管平滑筋収縮障害のメカニズムを解明し、その障害に関連する諸因子の病態的意義および治療薬や合併症予防への応用を目指す。
  2. ヒトの健康を維持・増進するために、あるいは病中病後の回復を図るために必要な日々の食品、その安全性を確保するための手法を開発する。
  3. ランゲルハンス細胞およびマスト細胞を介するTh1/Th2細胞分化の制御法を探索し、アトピー性皮膚炎の治療に応用する。
  1. Sugi T., Nishigami Y., Saigo H., Hanai H., Takabatake K., Mita M., Ohara S., Ide S., Uchida T., Inoue M., Hagihara M. Analysis of risk factors for lenalidomide-associated skin rash in patients with multiple myeloma. Leuk Lymphoma, 1-12 (2021 Jan 28). https://doi.org/10.1080/10428194.2021.1876867
  2. Iwakoshi K., Tahara S., Uematsu Y., Yamajima Y., Miyakawa H., Monma K., Kobayashi C., Takano I. Development of a highly sensitive liquid chromatography with tandem mass spectrometry method for the qualitative and quantitative analysis of high-intensity sweeteners in processed foods. J Chromatogr A, 1592, 64-70 (2019). https://doi.org/10.1016/j.chroma.2019.01.036
  3. Matsui K., Shi X., Komori S. and Higuchi A. Effects of anti-allergy drugs on Th1 cell and Th2 cell development mediated by Langerhans cells. J Pharm Pharm Sci, 23, 412-421 (2020). https://doi.org/10.18433/jpps31228