大学院[薬学研究科]

薬学専攻

概要

薬学専攻における分野、研究室

薬学専攻は、医療薬学分野、基礎薬学分野の2分野で構成されています。各分野を構成する研究室と指導教員は下表のとおりです。大学院生は個々の研究室に所属し、研究指導を受けます。

薬学専攻 研究室と指導教員

[ 医療薬学分野 ]
研究室 指導教員
薬物治療学 櫛山 暁史 教授
病態生理学 蒲生 修治 教授
公衆衛生・疫学 赤沢 学 教授
薬剤学 小林 カオル 教授
薬物動態学 花田 和彦 教授
医療分子解析学 植沢 芳広 教授
薬剤情報解析学 大野 恵子 教授
臨床漢方 矢久保 修嗣 教授
総合臨床薬学教育研究講座 三田 充男 教授
高野 伊知郎 教授
松井 勝彦 教授
薬学教育研究センター/臨床薬学部門/医薬品安全性学 佐藤 光利 教授
薬学教育研究センター/臨床薬学部門/レギュラトリーサイエンス 前田 英紀 教授
[ 基礎薬学分野 ]
研究室 指導教員
環境衛生学 服部 研之 教授
分析化学 小笠原 裕樹 教授
生体機能分析学 兎川 忠靖 教授
感染制御学 森田 雄二 教授
生化学 紺谷 圏二 教授
分子製剤学 深水 啓朗 教授
機能分子化学 杉山 重夫 教授
薬化学 山中 正道 教授
薬学教育研究センター/基礎科学部門/生物学 中舘 和彦 教授

連携部門

本学大学院薬学専攻は、薬剤師研究者として活躍出来得る多様な研究領域と個々の研究テーマに密接に関連する高度な研究環境を提供すべく、2017年度から連携大学院方式を導入しました。

連携部門のカリキュラム

薬学専攻博士課程〔4年制〕の連携部門を選択した学生は本学大学院薬学研究科に在籍し、課程修了に必要な単位のうち、連携部門で定められたカリキュラム(薬学課題研究)については連携する医療機関、研究機関などで修得し、その他のカリキュラムは本学において修得します。

連携部門での博士課程〔4年制〕課題研究

研究場所:連携医療機関の基礎または臨床研究室、医科学研究機関
研究期間:4年間
単  位:薬学課題研究として20単位とする。
指導教員:課題研究指導依頼先の連携部門責任者(本学連携大学院客員教員に任命)。
    また、各連携機関との連絡のために本学に連携大学院委員会を置き、大学院
担当専任教員から副指導教員を選任し、連携先の学生の修学指導等に関し、補完的役割を担当する。

連携大学院方式に基づく薬学課題研究を行う連携部門

1. 公益財団法人がん研究会がん研究所、がん化学療法センター
  細胞老化プロジェクト  基礎研究部  分子生物治療研究部  ゲノム研究部

2. 公益財団法人東京都医学総合研究所
  統合失調症プロジェクト

3. 日本医科大学大学院医学研究科
  分子解剖学分野   解剖学・神経生物学分野  感覚情報科学分野
  生体統御科学分野   薬理学分野
  循環器内科学分野   呼吸器内科学分野   臨床放射線医学分野
  皮膚粘膜病態学分野   代謝・栄養学分野    解析人体病理学分野
  内分泌代謝・腎臓内科学分野   アレルギー膠原病内科学分野  頭頸部・感覚器科学分野
  形成再建再生医学分野  分子細胞構造学分野    救急医学分野
  消化器外科学   細胞生物学分野

4. 日本獣医生命科学大学大学院 
  獣医病理学       獣医生化学 
   
5. 地方独立行法人東京都健康長寿医療センター研究所
  老化機構研究チーム・プロテオーム

6. 国立研究開発法人 国立がん研究センター 東病院
  医療薬学研修コース

7. 国立研究開発法人 国立がん研究センター 中央病院
  臨床薬剤

8. 国立研究開発法人 国立成育医療研究センター
  高度先進医療研究室 臨床薬学成育領域コース

9. 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター
  神経研究所・病態生化学研究部  神経研究所・神経薬理研究部