大学院[薬学研究科]

薬学専攻

概要

薬学専攻における分野、研究室

薬学専攻は、医療薬学分野、基礎薬学分野の2分野で構成されています。各分野を構成する研究室と指導教員は下表のとおりです。大学院生は個々の研究室に所属し、研究指導を受けます。

薬学専攻 研究室と指導教員

[ 医療薬学分野 ]
研究室 指導教員
薬物治療学 櫛山 暁史 教授
病態生理学 蒲生 修治 教授
公衆衛生・疫学 赤沢 学 教授
薬剤学 小林 カオル 教授
薬物動態学 花田 和彦 教授
医療分子解析学 植沢 芳広 教授
薬剤情報解析学 大野 恵子 教授
臨床漢方 矢久保 修嗣 教授
総合臨床薬学教育研究講座 三田 充男 教授
高野 伊知郎 教授
松井 勝彦 教授
薬学教育研究センター/臨床薬学部門/医薬品安全性学 佐藤 光利 教授
薬学教育研究センター/臨床薬学部門/レギュラトリーサイエンス 前田 英紀 教授
[ 基礎薬学分野 ]
研究室 指導教員
環境衛生学 服部 研之 教授
分析化学 小笠原 裕樹 教授
生体機能分析学 兎川 忠靖 教授
感染制御学 森田 雄二 教授
生化学 紺谷 圏二 教授
分子製剤学 深水 啓朗 教授
機能分子化学 杉山 重夫 教授
薬化学 山中 正道 教授
薬学教育研究センター/基礎科学部門/生物学 中舘 和彦 教授

基礎薬学分野では、薬理学、免疫微生物学、製剤学、生化学、創薬化学、衛生科学などの基礎科学を基盤として、各種臨床系薬学分野、衛生薬学分野、医薬品開発分野の研究を総合的かつ融合的に展開できる薬剤師研究者(pharmacist scientist)の養成を目的とします。

研究概要と関連論文

服部研之教授・博士(薬学)、大山悦子講師・博士(薬学)、進藤佐和子講師・博士(薬学)

ヒトの健康の維持に役立てるために「外界からのストレスに対する傷害と生体防御」について研究を行っている。具体的には、加熱式たばこなどの化学的なストレスや紫外線や高周波電磁界等の非電離放射線による物理的なストレスに対する生体応答に関して、DNA損傷の定量的評価系の検討やDNA損傷応答や細胞老化などについて、ストレス応答の軽減効果のある化合物の探索と作用メカニズムについて、個体レベルと培養細胞を用いた研究を行っている。

  1. Sawa, M., Ushiyama, A., Inaba, Y., Uchiyama, S., Hattori, K., Ogasawara, Y., Ishii, K., A newly developed aerosol exposure apparatus for heated tobacco products for in vivo experiments can deliver both particles and gas phase with high recovery and depicts the time-dependent variation in nicotine metabolites in mouse urine. Nicotine & Tobacco Research, 23, 2145-2152 (2021)
  2. Ohtani, S., Ushiyama, A., Wada, K., Suzuki, Y., Ishii, K., Hattori, K., No evidence for genotoxicity in mice due to exposure to intermediate-frequency magnetic fields used for wireless power-transfer systems. Mutation Research/Genetic Toxicology and Environmental Mutagenesis , 863-864, 503310-503310, (2021)
  3. Ohtani S., Ushiyama A., Maeda M., Wada K., Suzuki Y., Hattori K., Kunugita N., Ishii K., Global Analysis of Transcriptional Expression in Mice Exposed to Intermediate Frequency Magnetic Fields Utilized for Wireless Power Transfer Systems. Int J Environ Res Public Health., 16, 1851-1858 (2019)
小笠原裕樹教授・博士(薬学)、鈴木俊宏准教授・博士(薬学)、小池伸講師・博士(薬学)
  1. バイオマーカーの探索:酸化ストレスに起因する疾病(カルボニルストレス性中枢疾患、COPDなど)の診断・治療の指標として有用な生体成分を見出し、その測定法を開発、確立すると共に、疾病の発症機序の解明に繋がる知見を得ることを目的とする。
  2. ストレス応答因子の解析:様々なストレスに対する生体応答に着目して、ストレス負荷時における細胞内の関連遺伝子、タンパク質の発現変動や、抗酸化的な低分子の変化について調べることにより、疾患に関わるストレス応答システムを詳細化する。
  3. 抗がん剤耐性機構の解析と耐性克服:シスプラチンなどの抗がん剤の耐性に関わる分子を、マイクロアレイなどの網羅的解析により見出し、その働きを詳細化する。更に、LC-MS 等の機器を駆使した分析により、薬物動態等を明らかにし、癌化学療法における耐性克服を目指す。
  1. Koike S , Toriumi K, Kasahara S, Kibune Y, Ishida YI, Dan T, Miyata T, Arai M, Ogasawara Y. Accumulation of Carbonyl Proteins in the Brain of Mouse Model for Methylglyoxal Detoxification Deficits. Antioxidants 10, 574 (2021).
  2. Sugiura K, Koike S, Suzuki T, Ogasawara Y. Carbonylation of skin collagen induced by reaction with methylglyoxal. Biochem. Biophys. Res. Commun. 562, 100-104 (2021)
  3. Suzuki T , Sirimangkalakitti N, Baba A, Toyoshima-Nagasaki R, Enomoto Y, Saito N, Ogasawara Y. Characterization of the nucleotide excision repair pathway and evaluation of compounds for overcoming the cisplatin resistance of non-small cell lung cancer cell lines. Oncol Rep. 47, 70 (2022)
兎川忠靖教授・薬学博士、月村考宏講師・博士(薬学)

創薬、診断および治療効果の確認においてバイオマーカーの測定は必須である。遺伝性難病や男性不妊症などの疾患で、特異性を持って疾患の状態を反映するバイオマーカーを探索し、その分析法を開発する。

  1. Tsukimura T, Shiga T, Saito K, Ogawa Y, Sakuraba H and Togawa T.
  2. Does administration of hydroxychloroquine/amiodarone accelerate accumulation of globotriaosylceramide and globotriaosylsphingosine in Fabry mice? Mol Genet Metab Rep , 28, 100773 (2021).
  3. Shiga T, Tsukimura T, Namai Y, Togawa T, and Sakuraba H.
  4. Comparative urinary globotriaosylceramide analysis by thin-layer chromatography-immunostaining and liquid chromatography-tandem mass spectrometry in patients with Fabry disease. Mol Genet Metab Rep , 29, 100804 (2021).
  5. Katayama M, Kaneko S, Tsukimura T, Takamatsu K and Togawa T.
  6. The study investigating the determination of protamine in seminal plasma from azoospermic donors: Suggestion of new methods to diagnose obstructive azoospermia, and to capture childbearing sperm for testicular sperm extraction (TESE) and insemination sperm injection (ICSI) . Anal Biochem, 604, 113792-113794 (2020).
森田雄二教授・博士(薬学)

抗微生物薬ならびにワクチンの開発などにより、多くの感染症を制御することが可能になった一方で、薬剤耐性菌、新興・再興感染症、院内感染、日和見感染などが大きな問題となっている。特に現在有効な薬の効かない病原微生物の出現は、何も対策を立てなければ感染症治療が困難であった時代に逆戻りすることを意味し、人類にとって大きな脅威である。そこで私たちは感染制御の基盤となる薬学研究を展開する。

  1. 微生物の薬剤耐性や病原性に関する研究
  2. 新規感染症治療薬の開発に関する研究
  3. 国内外における感染症の動向と感染制御における薬剤師の役割に関する研究
  1. Morita Y , Tomida J, Kawamura Y. Efflux-mediated fluoroquinolone resistance in the multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa clinical isolate PA7: identification of a novel MexS variant involved in upregulation of the mexEF-oprN multidrug efflux operon.Front. Microbiol., 6: Article 8 (2015). doi: 10.3389/fmicb.2015.00008.
  2. Ikarashi K, Kutsuna R, Tomida J, Kawamura Y, Morita Y, Overexpression of the MexXY multidrug efflux system correlates with deficient pyoverdine production in Pseudomonas aeruginosa. Antibiotics, 10: 658 (2021). doi: 10.3390/antibiotics10060658.
  3. Morita Y , Nakashima K, Nishino K, Kotani K, Tomida J, Inoue M, Kawamura Y. Berberine is a novel type efflux inhibitor which attenuates the MexXY-mediated aminoglycoside resistance inPseudomonas aeruginosa. Front. Microbiol., 7: Article 1223 (2016). doi: 10.3389/fmicb.2016.01223.
紺谷圏二教授・博士(理学)、荒木信講師・博士(薬学)

細胞内物質輸送系やシグナル伝達系に介在する低分子量Gタンパク質群の生理的役割や活性制御機構に関して、様々な研究アプローチにより解析を行っている。

  1. ヒトでは150種類以上の低分子量Gタンパク質が存在し、細胞増殖や細胞内物質輸送などの制御を行うことが知られているが、細胞内におけるグアニンヌクレオチド結合状態やその制御機構が不明なものも多数存在する。当研究室では、低分子量Gタンパク質の活性化状態を高感度でモニターする独自のアッセイシステムを構築し、低分子量Gタンパク質の活性制御機構や細胞機能との関わりについて解析を行っている。
  2. リソソームは様々な物質分解を担うオルガネラであるが、その機能発現に関与する低分子量Gタンパク質ARL8について、活性制御機構やマウスを用いた個体レベルでの生理的役割の解析を行っている。
  3. 高コレステロール血症治療薬のスタチンは、筋組織の細胞死を伴う横紋筋融解症を起こすが発症機序は明らかとなっていない。これまでに、スタチンが非選択的なタンパク質分解機構のオートファジーを誘導することを明らかにしており、筋組織の細胞死とオートファジー誘導及び低分子量Gタンパク質との関連性について解析を行っている。
  1. Araki M , Yoshimoto K, Ohta M, Katada T and Kontani K. Development of a versatile HPLC-based method to evaluate the activation status of small GTPases. J. Biol. Chem. 297 101428 (2021).
  2. Hashimoto K, Yamaguchi Y, Kishi Y, Kikko Y, Takasaki K, Maeda Y, Matsumoto Y, Oka M, Miura M, Ohata S, Katada T and Kontani K. Loss of the small GTPase Arl8b results in abnormal development of the roof plate in mouse embryos. Genes Cells. 24 436-448 (2019).
  3. Oka M, Hashimoto K, Yamaguchi Y, Saitoh SI, Sugiura Y, Motoi Y, Honda K, Kikko Y, Ohata S, Suematsu M, Miura M, Miyake K, Katada T and Kontani K. Arl8b is required for lysosomal degradation of maternal proteins in the visceral yolk sac endoderm of mouse embryos. J. Cell Sci. 130 3568-3577 (2017).
深水啓朗教授・博士(薬学)、井上元基講師・博士(薬学)

医薬品製剤を様々な視点から分子レベルで評価し、医療現場,企業および規制官庁等に広く情報を提供することにより、患者さんのQOL向上に貢献する。そのために以下3つのテーマを中心に取り組む。

  1. 医薬品Cocrystal(共結晶)*の設計による原薬物性の改善:近年特に需要が大きい、難水溶性薬物の溶解性を改善する技術として、医薬品Cocrystalの探索スクリーニングや形成メカニズムの検討を行う。(*医薬品Cocrystalとは、原薬と様々な添加剤からなる分子結晶であり、溶解性や安定性のような原薬物性の改善が可能な技術として注目されている。)
  2. ラマン分光法を利用した医薬品の品質管理および評価手法の開発:ラマン分光法は第17改正 日本薬局方 第二追補で一般試験法に収載されるなど,近年特に普及が期待される分光分析法である.当研究室では,通常領域に加えて低波数領域の応用に取り組んでおり,測定モードも反射および透過,あるいは顕微およびプローブ測定が可能な装置を取り揃えている.
  3. 臨床現場の視点に立った医薬品製剤の物性評価および構造解析:製剤学的な視点は薬剤師に特徴的な職能の一つである。例えば軟膏製剤では、従来から複数のステロイド剤や保湿剤の混合調剤が頻繁に行われてきたが、詳細な物性検討は極めて少ない。そこで、顕微スペクトル測定による軟膏剤のイメージングや添加剤の組成分析から、先発ならびに後発医薬品の製剤学的な差異について比較評価する。
  1. Sakamoto N, Tsuno N, Koyama R, Gato K, Titapiwatanakun Va, Kazuhiko Takatori K, Fukami T, Four Novel Pharmaceutical Cocrystals of Oxyresveratrol, Including a 2 : 3 Cocrystal with Betaine, Chem. Pharm. Bull., 69, 995-1004 (2021). https://doi.org/10.1248/cpb.c21-00375
  2. Ohashi R, Fujii A, Fukui K, Koide Ta, Fukami T, Non-destructive quantitative analysis of pharmaceutical ointment by transmission Raman spectroscopy, Eur. J. Pharm. Sci., 169, 106095 (2022). https://doi.org/10.1016/j.ejps.2021.106095
  3. Yamamoto Y, Ozutsumi A, Miwa E, Fukami T, Koide T, Evaluation of the factors contributing to the stability of the mixture of heparinoid oil-based cream and droplet dispersion-type ointment, J. Drug Deliv. Sci. Technol., 61, 102218 (2021). https://doi.org/10.1016/j.jddst.2020.102218
杉山重夫教授・薬学博士、樋口和宏准教授・博士(薬学)、伊藤元気講師・博士(薬学)
  1. 高立体選択的、高効率的反応およびこれを支援する新規合成手法の開発: -アシルイミニウムの反応性、スルホニウム塩の反応性について
  2. 生物活性複素環化合物の合成研究:上記で開発した反応を基盤とした、インドリン‐3‐オンおよびトリプトファン誘導体を合成素子とする様々な生物活性をもつ複素環化合物およびその誘導体の合成研究
  3. 金属ナイトレン種を用いたアミン類の触媒的アミノ化反応の開発および炭素-窒素結合変換プロセスへの応用
  4. 2-アミノアリールボロン酸類を母核とする新規アライン前駆体および穏和な条件下での実用的アライン発生法の開発
  1. Motoki Ito , Yuka Yamabayashi, Mio Oikawa, Emi Kano, Kazuhiro Higuchi andShigeo Sugiyama. Silica gel-induced aryne generation fromo-triazenylarylboronic acids as stable solid precursors. Org. Chem. Front. 8, 2963-2969 (2021).
  2. Kazuhiro Higuchi , Kazunori Matsumura, Takafumi Arai, Motoki Ito and Shigeo Sugiyama. Intramolecular Aminolactonization for Synthesis of Furoindolin-2-One. Molecules 27, 102 (2022).
  3. Motoki Ito , Yui Hasegawa, Satomi Saito, Asami Onda, Kazuhiro Higuchi, and Shigeo Sugiyama. Dirhodium(II)-Catalyzed Synthesis of N -(Arylsulfonyl)hydrazines by N?H Amination of Aliphatic Amines. Synlett 33, 367-370 (2022).
山中正道教授・博士(薬学)、横屋正志准教授・博士(薬学)、木村真也助教・博士(薬科学)
  1. 両親媒性ウレア構造を基盤とする、刺激応答性を示す超分子ヒドロゲルの開発とその機能探索
  2. 超分子ゲルの形成機構の解明
  3. 天然物を基盤とした新規創薬シーズの開発
  4. 新規分子触媒の開発と機能探索
  5. 柔軟な分子設計に基づく、高選択的分子認識を実現する新規ホスト分子の開発
  6. 超分子ヒドロゲルを用いた電気泳動法の開発
  1. Yokoya M. ; Nakai K.; Kawashima M.; Kurakado S.; Sirimangkalakitti N.; Kino Y.; Sugita T.; Kimura S.; Yamanaka M.; Saito N. Biological-Stimuli-Responsive Inhibition of BACE1 and Amyloid β Aggregation by Polyketide from Streptomyces sp. Chem. Biol. Drug Design, 99, 264-276 (2022).
  2. Kimura S. ; Haraya N.; Komiyama T.; Yokoya M.; Yamanaka M. Formation of pH-Responsive Supramolecular Hydrogels in Basic Buffers: Self-Assembly of Amphiphilic Tris-Urea. Chem. Pharm. Bull., 69, 1131-1135 (2021).
  3. Yokoya M. ; Kimura S.; Yamanaka M. Urea Derivatives as Functional Molecules: Supramolecular Capsules, Supramolecular Polymers, Supramolecular Gels, Artificial Hosts, and Catalysts. Chem. Eur. J., 27, 5601-5614 (2021).
中舘和彦教授・博士(医学)
  1. 神経可塑性の解明
    我々哺乳類をはじめ神経系を持つ動物には、共通の神経可塑性メカニズムが存在しています。外来からの刺激に反応する過程で、より外来の刺激に対応(適応)出来るようになります。この神経の変化を神経可塑性と呼びます。この神経可塑性は反射のレベルから高次記憶に至るまで様々なレベルで起こります。当研究室は、神経可塑性のメカニズム解明が今後の様々な神経疾患の寄与できると考え、末梢神経だけでなく、中州神経系の海馬、視覚野などを対象に組織学的、微細構造学的に解析し、当該研究を展開しています。
  2. 神経変性メカニズムの解明
    神経系は様々な外来の刺激を伝えるため、その構造は非常に長い軸索を持っています。この構造が維持されている限り、我々は刺激を感じ、またその刺激に呼応するための反応をすることができます。しかしながら、様々な疾患によって神経系の特異的な構造が維持できなくなることで、刺激の伝搬が困難になることが知られています。脳内で起こるアルツハイマー疾患、パーキンソン病を始め、末梢神経でも多くの疾患とともに交通事故などにより神経切断なども起こっています。様々な原因によって引き起こされる神経系の構造破綻に伴い、どのように神経が変性していくのかを当研究室では解析しています。その変性メカニズムの解析は、神経変性予防法の確立、そして治療法の確立へ貢献できるものと考えています。
  3. 種々の臓器に対する薬剤等の影響解析
    ヒトの体内には様々な臓器が存在し、それらの作用が複雑にリンクしながら個体を維持しています。薬剤や様々な環境因子が各臓器に影響を及ぼすことで、体内環境が変動し他臓器に影響が広がっていきます。我々は、薬剤や多くの環境因子など(例えばタバコや加熱式タバコ、発がん物質)が第一ターゲット臓器にどのような影響を及ぼしているのかを解析し、次に他臓器にどのように影響を及ぼすのかを病理組織学的に検討しています。皮膚から内臓まで網羅的な解析をすることで、様々な疾患の予防や治療に貢献することを目的とし、臓器間の相互作用について研究を進めています。
  1. Nakadate K , Kamata S. Severe Acute Hepatic Dysfunction Induced by Ammonium Acetate Treatment Results in Choroid Plexus Swelling and Ventricle Enlargement in the Brain. Int J Mol Sci. 23(4):e2010, (2022)
  2. Ehara A, Taguchi D, Nakadate K, Ueda S. Attractin deficiency causes metabolic and morphological abnormalities in slow-twitch muscle. Cell Tissue Res. 384(3), 745-756, (2021)
  3. Sano K, Nakadate K, Hanada K. Minocycline prevents and repairs the skin disorder associated with afatinib, one of the epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitors for non-small cell lung cancer. BMC cancer. 20(1), e279 (2020).