大学院[薬学研究科]

薬学専攻

概要

分野、専攻科目と研究室

薬学専攻は、医療薬学分野、基礎薬学分野の2分野で構成されています。医療薬学分野と基礎薬学分野は7つの専攻科目でそれぞれ構成されており、各専攻科目を構成する研究室と指導教員は下表のとおりです。大学院生は個々の研究室に所属し、研究指導を受けます。

薬学専攻 専攻科目・指導教員と研究室

[ 医療薬学分野 ]
専攻科目 指導教員 研究室名
薬物治療学 越前 宏俊 教授 薬物治療学
庄司 優 教授 薬効学
病態生理学 石橋 賢一 教授 病態生理学
薬剤疫学 赤沢 学 教授 公衆衛生・疫学
薬物動態学 高橋 晴美 教授 薬剤学
薬剤学 花田 和彦 教授 薬物動態学
植沢 芳広 教授 医療分子解析学
医薬品情報学 大野 恵子 教授 薬剤情報解析学
臨床漢方 矢久保 修嗣 教授 臨床漢方
総合医療薬学 三田 充男 教授 総合臨床薬学教育研究講座
高野 伊知郎 教授
松井 勝彦 教授
[ 基礎薬学分野 ]
専攻科目 指導教員 研究室名
感染制御学 森田 雄二 教授 感染制御学
衛生科学 石井 一行 教授 衛生化学
分析化学 小笠原 裕樹 教授 分析化学
兎川 忠靖 教授 生体機能分析学
分子病態学 紺谷 圏二 教授 生化学
分子製剤学 深水 啓朗 教授 分子製剤学
機能性化学 杉山 重夫 教授 機能分子化学

基礎薬学分野では、生物学、免疫微生物学、生化学、衛生科学などの基礎科学を基盤として各種臨床系薬学分野や衛生薬学分野が総合的かつ融合的に展開することを目的とします。

研究概要と関連論文

森田雄二教授・博士(薬学)、市川智恵講師・博士(薬学)

抗微生物薬ならびにワクチンの開発などにより、多くの感染症を制御することが可能になった一方で、薬剤耐性菌、新興・再興感染症、院内感染、日和見感染などが大きな問題となっている。特に現在有効な薬の効かない病原微生物の出現は、何も対策を立てなければ感染症治療が困難であった時代に逆戻りすることを意味し、人類にとって大きな脅威である。そこで私たちは感染制御の基盤となる薬学研究を展開する。

  1. 微生物の薬剤耐性や病原性に関する研究
  2. 新規感染症治療薬の開発に関する研究
  3. 国内外における感染症の動向と感染制御における薬剤師の役割に関する研究
  1. Morita Y,Tomida J, Kawamura Y. Efflux-mediated fluoroquinolone resistance in the multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa clinical isolate PA7: identification of a novel MexS variant involved in upregulation of the mexEF-oprN multidrug efflux operon. Front. Microbiol., 6: Article 8 (2015). doi: 10.3389/fmicb.2015.00008.
  2. Ichikawa T, Yoshiyama N, Ohgane Y, Ikeda R, Switching of colony morphology and adhesion activity of Trichosporon asahii clinical isolates. Med. Mycol., 54, 189-196 (2016). doi: 10.1093/mmy/myv089.
  3. Morita Y, Nakashima K, Nishino K, Kotani K, Tomida J, Inoue M, Kawamura Y. Berberine is a novel type efflux inhibitor which attenuates the MexXY-mediated aminoglycoside resistance in Pseudomonas aeruginosa. Front. Microbiol., 7: Article 1223 (2016). doi: 10.3389/fmicb.2016.01223.
石井一行教授・薬学博士、服部研之講師・博士(薬学)、大山悦子助教・博士(薬学)

ヒトの健康と環境の係りの上で重要な「外界からのストレスに対する生体防御系」について研究を行っている。具体的には、紫外線や高周波電磁界等の非電離放射線によるストレス応答に関して、酸化ストレスや小胞体ストレスのマーカーならびに炎症性メディエーター及び血中のホルモン濃度などを指標に、ストレッサーの作用メカニズムと軽減効果のある化合物の作用メカニズムについて、個体レベルと培養細胞を用いた研究を行っている。

  1. Ohtani S., Ushiyama A., Maeda M., Hattori K., Kunugita N., Wang J., Ishii K., Exposure time-dependent thermal effects of radiofrequency electromagnetic field exposure on the whole body of rats. J Toxicol Sci., 41, 655-666(2016)
  2. Yoshie S., Ogasawara Y., Ikehata M., Ishii K., Suzuki Y., Wada K., Wake K., Nakasono M., Taki M., Ohkubo C., Evaluation of biological effects of intermediate frequency magnetic field on differentiation of embryonic stem cell. Toxcology Reports., 3, 153-140(2016).
  3. Ohtani S., Ushiyama A., Maeda M., Ogasawara Y., Wang J., Kunugita N., Ishii K., The effects of radio-frequency electromagnetic fields on T cell function during development. J Radiat Res., 56,467-474(2015).
小笠原裕樹教授・博士(薬学)、鈴木俊宏准教授・博士(薬学)、小池伸助教・博士(薬学)
  1. バイオマーカーの探索:ストレスに起因する疾病(カルボニルストレス型統合失調症など)の早期発見・薬物治療の指標として有用な生体成分を見出し、その測定法を開発、確立すると共に、疾病の発症機序の解明に繋がる知見を得ることを目的とする。
  2. ストレス応答因子の解析:酸化的なストレスに対する生体応答に着目して、ストレス負荷時における、細胞内のレドックス制御関連遺伝子、タンパク質の発現変動や、抗酸化的な低分子成分の変化について調べることにより、酸化還元バランスの巧妙な制御システムを詳細化する。
  3. 抗がん剤輸送機構の解析と耐性克服:シスプラチンなどの抗がん剤の輸送に関わる分子を、マイクロアレイなどの網羅的解析により見出して、その働きを詳細化する。更に、LC-MS 等の機器を駆使した分析により、薬物の体内動態を明らかにし、癌化学療法における耐性克服を目指す。
  1. Koike S, Nishimoto S, Ogasawara Y. Cysteine persulfides and polysulfides produced by exchange reactions with H2S protect SH-SY5Y cells from methylglyoxal-induced toxicity through Nrf2 activation.Redox Biol. 12, 530-539 (2017).
  2. Nishimoto S, Koike S, Inoue N, Suzuki T, Ogasawara Y. Activation of Nrf2 attenuates carbonyl stress induced by methylglyoxal in human neuroblastoma cells: Increase in GSH levels is a critical event for the detoxification mechanism. Biochem. Biophys. Res. Commun. 483, 874-879 (2017).
  3. Suzuki T, Ishibashi K, Yumoto A, Nishio K, Ogasawara Y. Utilization of arsenic trioxide as a treatment of cisplatin-resistant non-small cell lung cancer PC-9/CDDP and PC-14/CDDP cells. Oncol. Lett. 10, 805-809 (2015).
兎川忠靖教授・薬学博士、片山昌勅准教授・薬学博士、月村考宏助教・博士(薬学)

創薬、診断および治療効果の確認においてバイオマーカーの測定は必須である。遺伝性難病や男性不妊症などの疾患で、特異性を持って疾患の状態を反映するバイオマーカーを探索し、その分析法を開発する。

  1. Sakuraba H, Togawa T, Tsukimura T, Kato H. Plasma lyso-Gb3: a biomarker for monitoring fabry patients during enzyme replacement therapy. Clin. Exp. Nephrol., doi: 10.1007/s10157-017-1525-3 (2017).
  2. Kodama T, Tsukimura T, Kawashima Ia, Sato A, Sakuraba H and Togawa T. Differences in cleavage of globotriaosylceramide and its derivatives accumulated in organs of young Fabry mice following enzyme replacement therapy. Mol. Genet. Metab., 120, 116-120 (2017).
  3. Katayama M, Kaneko S, Tsukimura T, Takamatsu K and Togawa T. Multivariate analysis of D- and L-amino acid composition in human seminal plasma reveals correlations with sperm concentration, motility and morphology. Indian J. Res., 55, 458-461 (2016).
紺谷圏二教授・博士(理学)、荒木信助教・博士(薬学)

細胞内の物質輸送系やシグナル伝達系の分子機構に関して、様々なアプローチにより解析を行っている。

  1. リソソームは様々な物質分解を担うオルガネラであるが、その機能発現に関与する低分子量Gタンパク質ARL8について、活性制御機構やマウスを用いた個体レベルでの生理的役割の解析を行っている。
  2. 細胞膜から小さく突出した構造体である一次繊毛は、様々な外界環境の感知を行っており、その異常は嚢胞腎などの繊毛性疾患の原因になっている。ARL6やARL13bは一次繊毛の形成・機能に関与する低分子量Gタンパク質であり、それらの活性制御機構や機能に関して、生化学的・細胞生物学的手法により解析を行っている。
  3. 高コレステロール血症治療薬のスタチンは、筋組織の細胞死を伴う横紋筋融解症を起こすが発症機序は明らかとなっていない。これまでに、スタチンが非選択的なタンパク質分解機構のオートファジーを誘導することを明らかにしており、筋組織の細胞死とオートファジー誘導の関連性について解析を行っている。
  1. Oka M, Hashimoto K, Yamaguchi Y, Saitoh SI, Sugiura Y, Motoi Y, Honda K, Kikko Y, Ohata S, Suematsu M, Miura M, Miyake K, Katada T and Kontani K. Arl8b is required for lysosomal degradation of maternal proteins in the visceral yolk sac endoderm of mouse embryos. J. Cell Sci. 130 3568-3577 (2017).
  2. Saitoh SI, Abe F, Kanno A, Tanimura N, Mori-Saitoh Y, Fukui R, Shibata T, Sato K, Ichinohe T, Hayashi M, Kubota K, Kozuka-Hata H, Oyama M, Kikko Y, Katada T, Kontani K and Miyake K. TLR7 mediated viral recognition results in focal type I interferon secretion by dendritic cells. Nat Commun. 8 1592 (2017).
  3. Araki M., Maeda M. and Motojima K., Hydrophobic statins induce autophagy and cell death in human rhabdomyosarcoma cells by depleting geranylgeranyl diphosphate. Eur. J. Pharmacol, 674, 95-103 (2012).
深水啓朗教授・博士(薬学)、井上元基助教・博士(薬学)、大西優助手

医薬品製剤を様々な視点から分子レベルで評価し、医療現場,企業および規制官庁等に広く情報を提供することにより、患者さんのQOL向上に貢献する。そのために以下3つのテーマを中心に取り組む。

  1. 医薬品Cocrystal(共結晶)*の設計による原薬物性の改善:近年特に需要が大きい、難水溶性薬物の溶解性を改善する技術として、医薬品Cocrystalの探索スクリーニングや形成メカニズムの検討を行う。(*医薬品Cocrystalとは、原薬と様々な添加剤からなる分子結晶であり、溶解性や安定性のような原薬物性の改善が可能な技術として注目されている。)
  2. 臨床現場の視点に立った医薬品製剤の物性評価および構造解析:製剤学的な視点は薬剤師に特徴的な職能の一つである。例えば軟膏製剤では、従来から複数のステロイド剤や保湿剤の混合調剤が頻繁に行われてきたが、詳細な物性検討は極めて少ない。そこで、顕微スペクトル測定による軟膏剤のイメージングや添加剤の組成分析から、先発ならびに後発医薬品の製剤学的な差異について比較評価する。
  3. 世界中に氾濫する偽造あるいは低品質医薬品の評価:優れた医薬品製剤を設計するために、様々な評価技術を開発し、製剤内部の微視的な構造を解析している。その社会的な応用として、インターネットを通じて個人が入手できる医薬品の品質調査を行う。
  1. Maeno Y, Inoue M, Suzuki T, Tomono K, Fukami T, Microanalysis of pharmaceutical cocrystals using a nano-spot method coupled with Raman spectroscopy. Cryst. Eng. Comm., 18, 8004-8009 (2016).
  2. Yamamoto Y, Fukami T, Onuki Y, Metori K, Suzuki T, Koide T, Comparison of pharmaceutical properties among clobetasol propionate cream formulations: Considerations from near infrared spectra. Vibrat. Spectrosc., 93, 17-22 (2017).
  3. Yoshimura M, Miyake M, Kawato T, Bando M, Toda M, Kato Y, Fukami T, Ozeki T, Impact of the Dissolution Profile of the Cilostazol Cocrystal with Supersaturation on the Oral Bioavailability. Cryst. Growth. Des., 17, 550-557 (2017).
杉山重夫教授・薬学博士、樋口和宏准教授・博士(薬学)、伊藤元気助教・博士(薬学)
  1. 高立体選択的、高効率的反応およびこれを支援する新規合成手法の開発:-アシルイミニウムの反応、活性スルホニウム種の反応(異常Pummerer反応、ヘテロ二量化反応)などについて
  2. 生物活性複素環化合物の合成研究:上記で開発した反応を基盤とし、インドリン‐3‐オンおよびトリプトファン誘導体を合成素子とする様々な生物活性(抗がん活性など)をもつ複素環化合物およびその誘導体の合成研究とその生物活性評価
  3. 金属ナイトレン種を用いたアミン類の触媒的アミノ化反応を基盤とする炭素-窒素結合変換プロセスの開発
  1. Kazuhiro Higuchi, Hideki Hikita, Asumi Murayama, Daichi Yuri, Natsu Kobayakawa, Takashi Takahashi, Shigeru Kojima, Hiroko Ueno, Tomomi Hatakeyama, Airi Kato, Masanori Tayu, Etsuko Oyama, Shigeo Sugiyama, Kazuyuki Ishii, Hidenobu Takahashi, and Tomomi Kawasaki. Design and Synthesis of Non-peptide RGD Mimics for Evaluation of their Utility as Anti-platelet Agents.Chem. Pharm. Bull. 64, 1726-1738 (2016).
  2. Masanori Tayu, Yui Suzuki, Kazuhiro Higuchi and Tomomi Kawasaki. C2-symmetric chiral sulfoxide-mediated intermolecular interrupted Pummerer reaction for enantioselective construction of C3a-substituted pyrroloindolines. Synlett 941-945 (2016).
  3. Motoki Ito, Arisa Tanaka, Kazuhiro Higuchi and Shigeo Sugiyama. Rhodium(II)-Catalyzed Synthesis of N-Aryl-N’-tosyldiazenes from Primary Aromatic Amines Using (Tosylimino)aryliodinane: A Potent Stable Surrogate for Diazonium Salts. Eur. J. Org. Chem. 1272-1276 (2017).