卒業生の方(明薬会)
  • HOME
  • 卒業生の方
  • 創学110周年 ・校祖恩田重信先生生誕150周年を記念して松代で植樹を行いました。

卒業生の方(明薬会)

創学110周年 ・校祖恩田重信先生生誕150周年を記念して松代で植樹を行いました。

2013/10/25

  学校法人明治薬科大学では、「創学110周年・校祖恩田重信先生生誕150周年」を記念して、長野県長野市松代町松代字竹山町1506番地に所在する校祖恩田重信先生の生家(旧恩田邸)において記念植樹を行いました。
  植樹式では、学校法人を代表して久保陽徳理事長の手で枝垂れ桜の木が植えられました。来春以降、枝垂れ桜が訪れる人々の目に留まり、歴史の香り漂う松代町に彩りを添えることになります。参加者一同、枝垂れ桜が松代の地に根付くことを祈念すると共に、校祖恩田重信先生の遺徳を偲びました。

〔旧恩田邸〕
  旧恩田邸は、屋敷門と塀のある約300坪の敷地に、萱葺き屋根の母屋、土蔵、庭園を備えた江戸時代末期の武家屋敷です。周辺は長野市の伝統環境保存地区に指定されており、旧恩田邸が松代町の大変貴重な建物のひとつになっています。

このページの上へ